2023年01月31日

本山博の『自分でできる超能力ヨガ』について(1)

 以前、本山氏の『密教ヨーガ』を読んだことがあるが、この本は入門書的な内容である。超能力ブームにあやかった題名がついているが、本書の中で本山氏が警告しているように、チャクラの開発や超能力の獲得は、個人的な欲望に囚われている人間は、関わるべきではないということだ。体調が良くなったり、直観が優れたりするようになっても、目標は人格の向上であって、利他的な意識が伴わなければ、邪道に陥る恐れがあるからである。
 ESPカードが載っているのは、超心理学でよく用いられる実験だからだが、こういう物にはまる人間は、直感力をひけらかす傾向にあるので、あまり関わらない方がいいだろう。
 背骨の歪みを矯正する方法が、紹介されているが、背筋が曲がっていては、クンダリーニの上昇がうまくいかないからである。それ以前に、心身の健康につながるわけだが。
 瞑想の際には、結跏趺坐や半跏趺坐が求められるが、これもクンダリーニの上昇のために背筋がまっすぐしていなければならないからである。ただ、半跏趺坐でもなかなか難しい。椅子に座って背筋を伸ばし、足裏を合わせて気が足の間にも巡るようにするのが、次善の策なのかもしれない。
 チャクラの覚醒は、中国や日本で丹田と呼ばれるスワディスターナチャクラから始めればいいという。初めから活性化している場合が多いからである。眉間のアジナチャクラから覚醒すべきだという説を、本山氏は否定する。トランス状態になったり、精神異常を起こす恐れがあるからである。丹田の覚醒に関しては、気功などの方が簡単だと思われる。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 00:47| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月25日

黒い太陽とは何か

 Earthと言われる天体は、地球と翻訳されているが、実は球体ではなく平面であるという説がある。いわゆるフラットアースである。フラットアースの下には、黒い太陽があるとされる。黒い太陽は皆既日食のことと思われているが、実は太陽と月を動かしている、地下の根源的なエネルギーのことである。黒い太陽は電磁場を作りながら、コイルのように回転運動をしている。北極にある穴から、黒い太陽のエネルギーが噴き出してオーロラを形作っている。天蓋に見える星々も、実は黒い太陽のエネルギーが反射した物である。
 北極星の位置で、黒い太陽からのエネルギーは天蓋に反射し、プラスのエネルギーである太陽と、マイナスのエネルギーである月に分離される。この屈折の角度によって、マイナスのエネルギーがプラスのエネルギーに打ち消されると新月となり、正反対の位置にあることで、マイナスのエネルギーがプラスのエネルギーに打ち消されないと満月になる。このようにして、月の満ち欠けが起こるという。日食も同様の仕組みで、プラスのエネルギーがマイナスのエネルギーにすっかり打ち消されると、皆既日食が起こる。
 月は鏡のような存在であり、フラットアースの陸地を表面に写し出している。それに気づかないのは、写っている大地が地球として知られている範囲だけではなく、周囲を囲む氷の壁、それが南極の正体なのだが、その外側にある海や未知の大陸も映しているからである。
 黒い太陽は一年を通じて、回転する軌道の直径を変えながら運動している。これによって、天蓋の内側にある太陽の位置も変わり、地上では季節の変化が起こる。さらに、フラットアースの中心はゆっくり移動しており、それによって、以前陸地だった地域が氷河で覆われ、それまで氷の下だった地域に陸地が現れる。これが氷河期が周期的に訪れる原因だという。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:48| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

チャクラを開く7つの音

 チャクラとは身体にある生命エネルギーのセンターで、主なものは、百会、眉間、喉仏、胸、鳩尾、丹田、会陰にある。特定の振動数を持っているので、それと同じ振動数の音を響かせると、共振によって増幅させることができる。
 この原理によってチャクラを活性化する音楽は多数ある。スティーブン・ハルパーンの《スペクトラム・スイート》が有名だが、一番のお勧めは、ジョナサン・ゴールドマンの《チャクラ・チャンツ》である。チャクラに集まるエネルギーが半端ではない。
 ただ、音楽だと好みがあるし、同じメロディーを繰り返し聞くと、飽きが来るかもしれない。そこで、チャクラを刺激する音のみが収録されているCDを探してみた。それが《チャクラを開く7つの音(太陰太極図)》である。
 15秒に1回、チャクラを刺激する音叉が聞こえるだけである。掛けっぱなしでも気にならない。チャクラは身体のエネルギーセンターなので、イヤホンで聞くのではなく、スピーカーから音を出して、体で感じ取った方がいい。
 さらに、このCDには太陰太極図が描かれている。神秘的な図像、例えば仏教の曼荼羅や、ヒンズー教のヤントラは、それだけでエネルギーを発しているとされる。CDに描かれている太陰太極図を、プレーヤーで右回りに回転させるとエネルギーを発する。このCDを効果的に用いるには、リッピングするのではなく、CDをプレーヤーで回転させて、浄化された空間でチャクラの振動を増幅させる。したがって、リッピングした場合には、効果は半減してしまうということか。

http://kaiun-kofuku.com/kaiun/fengshui/spin.html


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 00:47| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする