2023年01月30日

変異型ウイルスとワクチン

 エイズやサーズなどの難病には、特許がある。特許があるということは、遺伝子組み換え技術を用いて、人為的に作られたウイルスだということだ。エイズの標的はアフリカ人だった。サーズの標的はアジア人だった。
 新型コロナウイルスも、自然界に存在したウイルスではなく、人為的に作成されたウイルスである。さらに、そのワクチンには、血栓や免疫不全、狂牛病を引き起こす物質が含まれている。ワクチンは治験中で濃度が濃い物、薄い物、生理食塩水が含まれる。ブースター接種4回、5回で死亡したり、重症化したりした人は、接種の回数を重ねたために、濃度の濃い物を接種されてしまったのである。
 ワクチン製造に関わった研究者が、おとり調査に引っかかった。免疫をすりぬけるように猿へ繰り返し感染させて、ウイルスの変異型を作っていたと自白した。いつまでも感染が続けば、ワクチンで莫大な利益がもたらされるからである。
https://twitter.com/Jano661/status/1619321451244572672?s=20&t=0_XqKYaOyb4XPkUpg20tBw
 なぜそんなひどいことをするのか。世界の支配層は、現在の地球は人口過密になっていると考え、新型コロナウイルスとワクチンで人口を半減させ、さらに新たにウイルスをまいたり、限定核戦争を起こして、世界の人口を10億人までに減らし、その半数を何の疑問も持たずに服従する中国人と日本人で構成しようと考えているからである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:00| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月27日

未接種者への反感

 新型コロナウイルスのワクチン未接種者は、ワクチンが治験の段階のものであり、特別承認されたとはいえ、海外で接種者の死亡が相次いでいたことから、自分自身だけでなく、身内や友人、同僚などに接種を控えるように促してきた。
 それに対して、未接種だと新型コロナウイルスに感染するとか、仕事に支障を来すとか、ワクチンが危険だなんてデマを信じる陰謀論者とかレッテルを貼られ、さんざん批判の的にされてきた。
 自分の場合も、接種が始まる前から警告してきた。伯母が二回目の接種で亡くなってからは、その事実も伝えて警告してきたのだが、知人からワクチンの危険性はデマだから、そんなツイートを出すな、伯母さんが死んだのはおかしい、ワクチンは関係ない、ワクチンを打つように啓発しているのに、邪魔するなと言われた。
 日本でもようやく、ワクチン後遺症が報道され、身近な人々が亡くなったり、身体に異常を来すようになり、ようやく一般の人々も、ワクチンが感染予防になるどころか、全く効果がなく、血栓や不妊、免疫不全の危険があることに気づいてきた。
 ワクチン接種者の一部からは、ワクチンの危険性に気づいて接種を避けてきたなら、どうして危険性についてもっと警告してくれなかったのか、という反感が生じているという。それは御門違いというものである。未接種者の多くは、周囲の人間に接種を控えるように促して、非国民扱いされてきたのである。非難されるべきは、接種を奨励した政治家、医師、企業、学校関係者である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:29| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

コオロギの次はハエの幼虫

 食糧不足になるという口実で、虫を食べろという呼びかけが、マスコミから盛んに発されている。日本でもイナゴや蜂の子を食べる習慣があるが、昆虫には人間の腸では消化できないキチンという物質が入っている。これは呼吸疾患や脳腫瘍、脊椎癌の原因にもなるという。しかも、ゲテモノ食いがそれと知って食べるなら、誰も文句は言わないが、チョコレートやパスタにこっそり混ぜるというのだから悪質だ。テレビでは芸能人にコオロギを食べさせて、「おいしい」とか言わせている。芸能人はプロダクションの奴隷のようなものだから、入った仕事はいやだとは言えない。
 コオロギでも気味悪いのに、次はハエの幼虫をお握りに混ぜたものを、「おいしい」と週刊誌が持てはやしている。トイレにいるハエの子ではないそうだが、伝染病の元になるハエの子を、不衛生な環境で育てる業者が出てこないとは限らない。それを食べて中毒を起こしたらどうなるのか。
 国家なんてものは幻想で、世界を牛耳っているのは国債金融資本である。新型コロナウイルスとワクチンで人口削減を試みたが、大して人口が減らなかったので、今度は呼吸疾患や癌を引き起こすキチンを、こっそり食品に混ぜることにしたようだ。アレルギー体質の人が、それと知らずにキチン入りのチョコレートやパスタを食べて、ショック死するような事態が起こりかねない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!]
posted by 高野敦志 at 00:55| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする