2023年01月21日

ダッシュや三点リーダーの入力について

 Windows10では、縦書きでダッシュや三点リーダーが横向きに表示される問題があった。これはフォントのトラブルであり、一太郎で表示する場合、その部分だけIPAmj明朝フォントに切り替えれば、縦書きに表示されるのである。これは電子書籍のePubやpdfにも反映される。
 Windows11では、縦書きフォントのダッシュや三点リーダーが横向きに表示される問題は回避されている。ただ、ダッシュは2文字分の長さがあるのに、縦書きでダッシュの文字を並べると、文字間に隙間が空いてしまうのである。
 一太郎で表示する場合、「書式」「文字割付」「文字結合」という方法もあるようだが、pdfにすると反映されない。僕はプリンターは買わずに、pdfに変換した文書をコンビニのコピー機で印刷しているのだ。
 ダッシュの代わりに罫線を用いる方法があるが、読み上げソフトの「詠太」では、罫線の下にある文字は、読み上げの時に飛ばされてしまう。
 最もいい方法は、ダッシュを一字打ち込んで、「書式」「文字サイズ」で「横2倍」にするのである。すると、縦書きされたダッシュが縦に2倍になるのである。横向きのフォントを縦書きで表示しているからだろう。pdfに変換しても、縦書きのダッシュは隙間が空かず、つながって表示されている。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:52| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月11日

クラウドの危険性

 クラウドとは、企業のコンピューターにデータを預けるサービスである。自分自身でバックアップしていない場合、パソコンからデータが消えても、クラウドに保存してあれば復元できる。外出しているときも、他のコンピューターからデータにアクセスできる。また、他人もクラウドにアクセスできるようにすれば、データの共有も可能となる。
 ただ、使い方を十分に理解していないと、とんでもないトラブルに巻き込まれる。iOSのクラウドも、WindowsのOneDriveも、パソコン本体とクラウドが同期するように設定されている。何もしなくても、クラウドに保存されていくから便利なようだが、ここに落とし穴がある。
 何でもかんでもクラウドに同期されると、瞬く間に無料のサービスの容量を超えてしまう。有料のサービスへ誘導されるわけだ。料金を払うならいいのだが、あまり重要でないファイルをクラウドから削除するとどうなるか。パソコンと同期しているから、パソコン本体からもファイルが削除されてしまうのである。これはiOSでもWindowsでも起こる現象である。同期の設定を外して、手動で操作できるようにしておかないと、目を疑うようなトラブルに見舞われる。
 さらに、Windows11では、同期のせいでメモリを大量に消費し、クラウドがいっぱいになると、個人的な設定もできなくなり、他のソフトの動作に悪影響をもたらす。クラウドが外部から攻撃されれば、情報の漏洩にもつながるし、複数のパソコンからアクセスすると、データが壊れることもある。情報は自分自身でバックアップを取っておくべきで、トラブル続きのOneDriveはアンインストールした。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 00:57| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月09日

Windows11のパソコンをWindows10風に戻したい

 円安のせいで、パソコンの価格はかなり上がっている。それはノートパソコンでも言える。Windows11のノートパソコンは、10万円以下の場合、DVDドライブがついていない。ソフトウェアをインストールするためには、外付けのDVDドライブが必須である。これはノートパソコンの軽量化や、薄型化には役に立っているのだが。
 問題はOSである。Windows11はWindows10と仕様が変わってしまい、初めて触れた人は戸惑ってしまうに違いない。Windows10ではインストールしてあるすべてのソフトウェアが一覧できたのに、デフォルトでは一部しか表示されず、さらにクリックしないと、他のソフトウェアのリンクが出てこない。設定をしようとしても、どこからたどればいいのか。「すべてのアプリ」を表示して、Windowsツールの中に、「コントロールパネル」を発見した。
 右クリックをしても、よく使う項目が出てこない。「その他のオプションを表示」で、隠れている項目を呼び出さないと、「コピー」も「ペースト」もできないのである。これじゃ右クリックの便利さが台無しである。仕事の効率をこれほど無視した仕様の変更に、世界中の人たちが苛立ちを隠せないようである。そのため、Windows11をWindows10風に戻す方法が公開されている。以下のリンクで確認されるといいだろう。
https://wood-roots.com/web/tool-editor/2860#i
 紹介されている方法に従ってカスタマイズすると、限りなくWindows10に近づけることができた。ただ、これでも解決できない問題がある。ソフトウェアの中には、Windows11に対応していないものが少なくないからである。高音質で音楽を再生してくれるAudirvanaは、自分の環境では楽曲を読み込めなかった。一太郎2021ではインストール中にエラーが出たが、ジャストシステムのサポートのページを参照して解決した。
 なお、Windows11で動かないソフトに関しては、販売元に問い合わせて、Windows11への対応を促すしかないだろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

GETTR
https://gettr.com/user/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:57| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする