2022年05月18日

房総半島沖の地震活動について

 房総半島沖224キロ、北米プレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレートの三合点付近で、5月17日22時17分にマグニチュード5.5の中規模地震が、深さ10.7キロで発生しているが、陸地から遠いために、Yahooの地震情報にも出てこない。
 三つのプレートが重なって。鎹(かすがい)みたいに固着していた所で、中規模地震が起きたということは、歪みが限界に達しているということだ。しかも、浅い海底で起きている。仮に、その付近で巨大地震が発生した場合、本土では揺れは中規模でも、大津波が発生する恐れがある。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 03:44| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: