2022年06月29日

タルタリアとは何か

 タルタリアとは、19世紀初頭まで存在したアジアの巨大な帝国だとされる。領土はウラル山脈から東のシベリアと、旧ソ連のイスラム諸国、中国の内モンゴル、ウイグル、チベット、朝鮮半島にまで及ぶ。アラスカもタルタリア領だったという説がある。地図によっては、北海道やサハリンも、タルタリア領とされていたり、領外とされていたりする。
https://t.me/MTGA20211208/4570?single
 この国ではキリスト教が信仰され、自然の中に存在するフリーエネルギーを使用した先進科学が発達していた。また、現人類とは異なる巨人たちが生活していた。
 ところが、欧米の資本家に敵国扱いされ、異星人が介入した核戦争に巻き込まれ、巨大な帝国は国民とともに地上から消し去られた。各国政府はタルタリアの記録を歴史から抹消したとされる。
 1816年は夏がなかった年で、前年に発生したインドネシアのタンボラ山の大噴火のためとされるが、実はタルタリアを灼き尽くした核戦争が本当の原因だとされる。タルタリアの滅亡はその年だったと考えられる。
 シベリアの森林は200年ほど前の大火災で消滅し、それ以前に生えていた樹木はないとされる。これも核戦争が原因であり、シベリアからアラスカまでの広大な土地が、半世紀にわたって無住の地になった。その後、タルタリアの領土は、ロシアや中国、アメリカなどに分割統治されるようになった。
 タルタリアの文化は、欧米の文化にも影響がある。世界各地に残る星型の城などもタルタリアの文化の名残である。北海道の五稜郭は、幕末にフランスの技術に基づいて、日本の職人によって築城されたとされるが、これもタルタリアの文化がヨーロッパに広がっていたためだと考えられる。中国文化の象徴とされる万里の長城も、銃口が向けられた方向が中国側であることを考えれば、築城したのはタルタリア側で、それ以北はタルタリア領だったことになる。
 世界の歴史は嘘で塗り固められているので、真の情報開示が待たれている。幻の帝国とか宇宙人の介入、フリーエネルギーなどと言うと、たちまち陰謀論者のレッテルを貼られてしまうが、本当の歴史について知りたいと思っているのは、少数の人間だけではないはずである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:48| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月28日

Painter Essentials 究極のバンドル

 絵画を描くために特化されたソフト、Painterには、多くのブラシがついているのだが、これを大幅に増やすには、究極のバンドルを購入すればいい。全部で5巻あるのだが、そのうちの1巻には、「自然」「燃焼」「魔法使い」「芸術」などの37ブラシパックに、370種類のブラシが収録されている。価格は13520円であるから、Painter Essentialsの本体よりはるかに高い。
 実際に使ってみた感想だが、「宇宙空間」のオーロラや流星は、背景を黒にして色を指定すれば、容易に表現できてしまう。画布の上で表現するには、タッチを習得するだけでも、相当の月日が必要なはずだが、ペンの動きを工夫すれば、それらしい物がすぐに描けてしまう。時が経つのを忘れて、さまざまなブラシを試していた。
 これで気づいたことは、タッチが既成のものであるために、誰が描いても同じように見えてしまうという点である。画家を目指しているなら、安易に使用すべきではないということだ。上手に描けているけれど、個性が乏しい表現になってしまう。
 とはいえ、絵画を描くために長年の修業をしていなくても、物の形が描けさえすれば、それらしいものが描けてしまうので、ポスターなどの商業的な物や、ちょっとした挿絵を描くにはいいかもしれない。自分の文章に挿絵を添える場合も、あくまでも中心は文章の方なので。
 また、写真を絵画に加工する場合も、人工知能に頼るのは部分的にして、元の写真にはないものを付け加えるにも、ブラシのパックは役に立ちそうだ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します! 
posted by 高野敦志 at 02:35| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月27日

トランプ大統領のTelegram

 トランプ大統領はツイッターなどからアカウントを削除され、イーロン・マスク氏による買収の話が出てからも、アカウントの復活はありそうにない。トランプ氏自身もツイッターに戻ってくる気はないという。
 トランプ大統領の発言を知りたければ、ロシア製のSNSで、世界第6位の人気を誇るTelegramで、トランプ氏の発言を見ればいい。昨日の発言では、第36代、ジョンソン大統領夫人の葬儀の模様を動画でアップロードし、悪魔主義者の葬儀と断言している。ジョンソン大統領が、ジョン・F・ケネディーの暗殺を依頼したとされ、実際にベトナム戦争を勃発させた。葬儀参列者の手の合図に注意しよう。悪魔に敬意を表するコルナサインを手で示している。
https://t.me/Donald_Trump17/569
 なお、トランプ氏のTelegramを見たければ、Telegramをインストールして見る方法と、ブラウザを介して見る方法がある。この場合、「開く」ではなく、Preview channelをクリックすること。最後に、トランプ氏のアカウントへのリンクを張っておく。
https://t.me/Donald_Trump17


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

Telegram
https://t.me/takanoatsushi

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:12| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする