2022年03月31日

国民が無知だと思っているのか?

 これ(https://twitter.com/masami6666/status/1509172782273220611?s=20&t=r_9DemxkofT4t6JzAKknMA)は女性が好きなコメンテーターを、テレビか雑誌かで調査したものらしい。1位の票数が60票と聞いて呆れた。日本女性の意識調査をしているはずなのに、町内会の議決でもやっているのだろうか。
 日本人の意識を調査したいなら、コンピューターで無作為に電話をかけて、数万人調査しなければ、日本の人口の過半数を占める女性の意識なんか分かるはずがない。例えば、大阪の街を歩いている主婦に質問すれば、こんな結果になるのかもしれないが、関東でやったら1位は別の人物になっているはずだ。
 調査した人間は、統計学の知識がなかったのだろうか。大学を卒業した人間が調査したのだとしたら、国民が無知であることをいいことに、意図的に意識を誘導しているのだろう。一見客観的にやったかに見えても、統計学的には全く無意味な調査というものが、世の中にはあふれているのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:37| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月30日

ブースター接種は免疫不全の危険!

 イスラエルや韓国は、ブースター接種が最も進んだ国である。新型コロナウイルスのワクチンを、3回目、4回目打っている。その結果、どうなったか。ノーベル賞受賞のモンタニエ博士が警告したように、多くの国民が免疫不全に陥り、単なる風邪で重症化したり、末期癌の患者が多く見つかるようになった。
 ゼレンコ博士の指摘によれば、イスラエル人の半数が後天性免疫不全症候群=エイズを発症しているという。韓国では新型コロナウイルスによる死者があふれて、遺体の安置所が不足し、中国から輸入した貨車を空き地において、仮の安置所としているほどである。
 日本政府はこの現状を無視して、ブースター接種をいまだに推進している。企業や学校も職域接種、集団接種を継続している。製薬会社の利権を守る政治家、テレビと新聞しか信用しない老人、経営者、教師が、ブースター接種を推し進めている。このままでは、半年後の日本は膨大な遺体で、社会的機能が麻痺するだろう。すでに日本人の39%が3回目の接種を済ましてしまった。
 菅元政権、岸田政権の閣僚が、新型コロナウイルスのワクチン接種を推進した元凶として、殺人罪、殺人未遂罪、職権乱用などで、東京地検に刑事告発されている。ワクチン接種に協力した医師や看護師、部下や学生へ接種を強制した経営者や教師も、責任を問われることになるだろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 03:18| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月29日

電子書籍を小冊子にする

 僕はアップル・ストアからpodcast(https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en)を出している。スマホやiPad向けにePubを、パソコン向けにはpdfをアップロードしている。普通はそれで十分なのだが、コンピューターを扱わない人に見てもらうには、印刷して渡す必要がある。
 以前、僕は自身の電子書籍を業者に頼んで、数部印刷してもらった。それなりのページ数があるなら、業者に頼まなければならないのだが、ごく薄い枚数だったら自分で小冊子を作ればいい。
 まず、印刷用のpdfファイルを作る。その際、1ページの画面に1ページだけ表示されるように、電子書籍を設定し直す。目次のページ数もそれに合わせる。表紙のページは別ファイルのpdfにしておく。
 コンビニで印刷する場合、用紙をA4に設定すると、小冊子で完成した形は半分の大きさになる。小冊子としての設定は、縦書きの場合は右とじとする。裏表印刷で重ね合わせて折ると、製本した時に順番になるようにページが割り振られる。表紙だけはカラー印刷にして、やはりA4の紙で小冊子の設定にする。出来上がったものを重ね合わせ、二つ折りにしたら、製本用のホッチキスで、折り目を留めれば完成である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 03:28| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする