2022年02月27日

大森望の『SFの書き方』について

 純文学は自身や身近な人間の体験、実際の事件などをもとに物語を構成する。全くの空想で書かれたものは、迫真性が足りなくなりがちだ。想像力が旺盛でない作家は、モデルに依存した書き方になる。描かれる世界が限定されるので、読者層が求めている世界と一致しない場合、たとえよい作品が描けたとしても、日の目を見ることが難しい。また、純文学の作品においては、書き進めるうちに思いも掛けない展開に発展することがあり、それが優れた作品の条件だと言われる。
 大森望の『SFの書き方』は、東浩紀氏の株式会社ゲンロンで、大森望氏を主任講師に迎えて、第一線で活躍するSF作家が、SFの特徴や書く際のコツについて話した講義をまとめたものである。SFにとっては、読者を驚かせる仕掛けが必要である。そのためには、過去の作品で使われた仕掛けは使えない。推理小説が使い古されたトリックを使えないのと同じである。
 純文学とは異なり、SFではどのような作品なら、読者が感動するかを考える。結末を決めたら、そこから物語の展開を考える。梗概を作成することが重要で、こんな話が書きたいとアピールすることで、編集者の理解を得ることもできる。新人賞で梗概を求められたら、結末まで書かないと、選考委員に読んでもらえない。応募数が多いので、梗概がよく書けている作品でなければ、きちんと読んでもらえないからだという。
 実際に作品を書く上での、細かな注意事項などは、本書に詳しく説明されている。今までSFを書いたことがない人には、大いに参考となるとともに、SFの創作にこれほど多くの人が挑戦しているのかと驚かされる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 00:45| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

ロシア軍がウクライナに侵入

 ロシア軍がウクライナに侵入し、チェルノブイリ原発を占領、首都キエフも陥落目前とのニュースが流れている。バイデン政権はアメリカ軍を、ウクライナに投入したいらしいが、トランプ大統領に忠誠を誓うアメリカ軍は、参戦を拒絶しているという。今回の戦争の目的は、ウクライナ領内にいるロシア人の保護と、ウクライナ領内のDS、戦争屋勢力の一掃が目的だとされる。トランプ大統領がプーチン大統領を称賛しているのはそのためである。
 次に何が起こるか。噂されているのは、台湾海峡での緊張や、北朝鮮の南進である。実際の戦闘が行われるかは分からないが、ミサイルが海上に落下するぐらいのことはあるだろう。朝鮮戦争のとき、福岡では空襲警報が鳴ったと言われる。また、米露の緊張が高まれば、ロシア軍機の領空侵犯も起こりうる。現在のロシアは親日的であるから、ロシアと対決してはいけない。仮にバイデン政権の命令で、自衛隊をウクライナに派遣したら、報復として北海道がロシア領になる恐れがある。
 日本国内でも緊急放送が流れ、不要不急の外出を制限する呼びかけがされるだろう。スーパーやデパートの食料品売り場に、人々が殺到する可能性がある。そうなる前に、当座の食料品と水を確保しておく必要がある。その間に、アメリカ大統領選挙の不正や人身売買に関与した人間の、大量逮捕が行われるらしい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 03:55| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月25日

コンピューターでブルーレイを見る

 テレビで録画したブルーレイを、コンピューターでも見たいと思った。もちろん、テレビで見た方が手軽なのだが、家族が寝静まった夜中にしか、撮りためたブルーレイ・ディスクを見ることができない。
 そこで、外付けのブルーレイ・プレーヤーを買うことにした。国産の物がいいと思って、評判がいいI-O DATAの製品を買ったのだが、ブルーレイを再生するソフトウェアがついていなかった。無料のものをいろいろ探して、Leawo Blu-lay Playerをインストールしてみたが、僕のコンピューターとは相性が良くないらしく、データを処理しきれずに、画面が頻繁に乱れた。
 やはり、有料の物を探すしかないのか。少し安い機種を買っても、再生ソフトがついていなければ、結局高くついてしまいそうだ。Power DVDは評価が高いが、かなり値が張る。そこで、取りあえず試用できて、比較的安い有料ソフトを探すことにした。
 僕が選んだのは4Videosoftブルーレイプレーヤー(https://www.4videosoft.jp/blu-ray-player/)である。動作は安定しており、画面の乱れもない。ただし、未登録であるという文字が常に表示されている。邪魔なので、すぐに購入して登録すると、画面上の文字は現れなくなった。ずっと使うなら、1ヶ月使用ではなく、永久使用3,664円(税込)にした方がいい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:50| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする