2021年11月30日

ワクチンパスポートに反対しよう!

 ワクチンパスポートに関して、厚生労働省が国民の意見を求めています。ワクチンパスポートが法制化されると、アレルギーなどでワクチンを接種できない人は、公共交通機関を使うことも、博物館や美術館に入ることも、デパートで買い物することもできなくなってしまいます。
 これは憲法で保障されている人権を、新型コロナウイルスの流行を口実として、国民から剥奪することです。ワクチンをすでに2回接種している人も、今後半年ごとにワクチン接種が義務づけられます。ワクチンを打つたびに、39度以上の高熱にうなされ、手足の痙攣や免疫の低下に襲われます。遺伝子を改変する新型コロナウイルスのワクチンは、妊婦に接種すると奇形児を産む恐れがあります。血栓が全身にできて、心筋炎や脳出血で死亡する人が、今後増えていくと思われます。
 こんな危険を強制されたくない方は、本日の午後11時59分までに、ワクチンパスポートへの反対の意見を、以下のページ(https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495210285&Mode=0)から投稿してください。冒頭に「予防接種法施行規則の一部改正案に反対」するという文句を必ず入れてください。氏名や連絡先は任意ですので、無記名で書き込むこともできます。ワクチンパスポートに反対することが、日本人の人権と日本での安全な暮らしを守ります。世界の支配層による人口削減の陰謀を打ち砕くためにも、ぜひ誘い合って御意見をお書き込みください。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 16:24| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥島近海でマグニチュード6.6が発生

 11月29日21時41分頃、伊豆諸島の鳥島周辺でマグニチュード6.6の地震が発生した。深さ10キロと浅いため、海面の変化が予想される。福島県から静岡県にかけて震度2の揺れを記録した。
 フィリピン海プレートからの圧力が高まっているからで、10月7日に千葉県北西部でマグニチュード6.1の地震が発生し、最大震度5強を記録、都内の各所で水道管が破裂したことが記憶に新しい。
 現在、首都圏周辺で発生が懸念される大地震は四つある。まずは、10月7日の地震のように、東京湾内で発生する直下型地震。1855年の安政江戸地震は、江戸川河口辺りで発生したとされ、死者1万人が出たという。
 次に、伊豆小笠原海溝で発生するマグニチュード8以上の巨大地震。小笠原諸島周辺なら、地震の直接的な被害は少ないが、発生する深さが浅ければ、30メートルの巨大津波の発生が懸念される。
 さらに、房総半島のすぐ南。野島崎沖で発生するマグニチュード8以上の巨大地震。1703年の元禄江戸地震の震源地とされ。死者は7千人弱。房総や相模湾周辺で震度7の揺れに襲われた。相模トラフの地震と連動すれば、揺れと津波の被害は甚大となると予想される。
 それから、北米プレートとユーラシアプレート、フィリピン海プレートが重なる三合点の北側の地震の空白域(https://twitter.com/nekofighter21go/status/1458355881767100418?s=20)で、延宝千葉東方沖地震(1677年M8)と同等の巨大地震が発生した場合、都内では揺れそのものは大きくないが、やはり大津波の襲来は避けられない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:04| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

ワードで画像を好きな位置に貼り付ける

 普段は一太郎を使っている。使い慣れていることもあるが、直観的に使えるので、ルビをつけるのも、罫線を引くのも簡単だし、どこに文字を書いたり、画像を置いたりも自由である。類語辞典と連携させれば、類義語が次々と現れる連想変換という機能もある。また、電子書籍を作成できたり、プラチナ版には高機能の読み上げ機能がついていたりと、文書を作成するのにこんなに便利なソフトウェアはない。
 ただ、マイクロソフトの抱き合わせ販売に負けたせいで、一太郎を使っているのは年配の作家か教師、一部の役所ぐらいではないか。今では出版社のファイルもワードで送られてくる。
 仕事でどうしてもワードでファイルを作成しなければならないことがある。一から自分で作るのであれば、一太郎で作ってワード形式に変換し、ワードで開き直して、レイアウトのずれを直したりする。人が作った書類に書き込む場合は、ワードのまま書類を作成するしかない。
 能率は悪いが、ワードで書類が作れないわけではない。基本的なことは理解しているつもりだったが、最も困ったのは画像の配置である。一太郎ならマウスで移動すれば、どこにでも画像を配置できる。これが当たり前だと思っていたから、ワードに画像を貼り付けるのに一苦労した。
 履歴書の位置に、写真を貼ることがなかなかできなかったのだ。枠の上にかぶさるように写真を配置したかったのだが、画像が見えなくなったりでうまくいかない。ワードで画像を自由な位置に貼り付けるには、まず「挿入」「画像」とたどり、パソコン内のファイルを選択して挿入する。画像を貼り付けたら、「レイアウト」から「文字列の折り返し」をクリックする。「前面」をクリックすると、画像は常に前面に来るので、枠の上にちょうど重なるように配置することができる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 05:38| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする