2018年02月17日

Audacityによる音声編集

 僕はiTunes Storeのpodcastをやっている。podcastと言えば、フリーで聞ける音楽や教養番組という印象が強い。ラジオ番組のインターネット版ぐらいにとらえている方も多いだろう。実は、電子書籍にも対応しており、ePubやpdf形式のファイルも配信可能である。amazonで個人出版という方法もあるが、有料ではなかなか読者がつかない。また、膨大な電子書籍の中に埋もれて、一般の人の目に触れることは難しい。
 その点、podcastは世界中に配信されるシステムなので、スマホやパソコンで検索してもらえれば、瞬時にして地球の裏側の読者にも届く。個人出版で百万円出して上梓しても、書店に並ぶのはごく一部で、在庫の山を贈呈するしかないのと比べたら、初期投資はほとんどいらない。必要なのはパソコンとIT関連の知識、あとは才能と根気強さだろう。お金がなくても情報発信できるpodcastは、クリエイティブな活動をしたい方には最適なのである。
 もう、6年もpodcastをやってきたわけだが、podcast本来のコンテンツである音声の配信にも興味を持った。そのためには、音楽編集ソフトが必要なわけだが、フリーで高性能の編集ができるのがAudacity(http://web.audacityteam.org)である。音の切り貼りはもちろん、音の速度や高さの変更、ノイズを除去したり、エフェクトをかけたり、効果音を作成することもできるのである。
 海外で開発されたソフトウェアで、日本語化されてはいるのだが、日本語版の公式マニュアルがない。ネットには操作法に関する情報がアップロードされているが、やはり操作法の全体を知りたいという場合には、夢前黎の『Audacityではじめる音声編集』が参考になる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 14:28| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

時を止める湖面(4)

 それにしても、この湖の印象はほとんど変わらない。ただ、ああと声を洩らしたきり、言葉を失ってしまうのだ。言葉を吸い込んでしまうのだろうか。言葉だけじゃない。時すら止めてしまう力がある。二十一歳の時に覚えた感動を、初老の年になっても抱いているのだから。時間なんてものは、古代インド人が考えたように、自我が抱く幻なのかもしれない。あの時の僕と今の僕は、内面ではほとんど変わっていない……。
 人が周りにいなければ、鳥の声、虫の声さえ聞こえる沈黙が支配する。白樺に留まったカラスさえ、辺りの静寂に耳を傾けている。眺めていても飽きることがない。ハイビジョンの4K画面を見ているように、色そのものが快楽なのだから。
 唯一の悩みは、飛んでくる虫だ。季節にもよるのだろうが、羽蟻の数が半端じゃない。払っても払っても飛んでくる。そして、動画を映している腕や顔に留まる。カメラが手ぶれを動かすから、じっと耐えているしかない。 しばらくすると、薄雲が上空に現れた。湖面は幾分白んできて、感動させる青さは薄れる。摩周湖は霧や雲に閉ざされることが多く、くっきり湖面を仰ぐことができるのは運がいい。ただ、摩周ブルーを目にした人は婚期が遅れるというジンクスがある。三度訪れて三度ともくっきり湖面を拝めた自分は、やはり結婚とは縁がない人間だった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:26| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梶井基次郎の青春(ePub)

 伊豆で過ごした梶井基次郎の生と死への思い、宇野千代や三好達治との交友関係を、美しい伊豆の自然を背景に描いた小説「厚い掌」を、電子本ePub3形式(縦書き)で配信します。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
atsuitenohira.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。Windows8用のアプリのEPUB Reader(http://www.skyfish.co.jp/epubreader.html)でも開けますが、一部のレイアウトが反映されません。

 ブラウザからePubを開く場合、Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにもようやく対応しました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:09| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする