2018年04月25日

ぼくがダライラマ?(44)

 ぼくは怒りを覚えていた。何のためにぼくを屋敷に呼び出し、顔色の変化から心の内側まで探ろうとしていたのか。娘の方はというと、無表情を装っているが、こちらと引き合わされたことに動揺しているに違いない。
 娘は食べることに集中している。ヤクの骨付きの肉を手づかみし、かぶりついているではないか。感情を押し殺しているのかもしれないが、興醒めする仕草だと思った。見かねてて奥方が声をかけた。
「あなた、いくら後ろめたいことがないからといって、猊下を前にして失礼でしょう? あなたのことを紹介したいと思っただけなのですよ」
「いや、この子は隠したいことがあると、はしたない真似を癖があるんだよ。猊下も大目に見てやってください」
 摂政サンゲ・ギャツォは含むところを口許にただよわせつつ、召使いにダムニェンを持ってこさせた。
 仏教学者であり、老獪な政治家でもある摂政は、禿げ上がった額に汗をにじませながら、メンパ族に伝わる恋の歌を弾き語りした。チベットでは「卑しき担ぎ屋」と軽蔑されているのに、どうしてと思った。奥方や娘はメンパ族の言葉が分からないらしかった。
 ようやく食事が終わった。奥方は片付けをさせるために、奥に引き下がった。摂政は書斎に手紙を取りに行った。シガツェにおられる師、パンチェン・ラマから書簡が届いているというのだ。
 そのすきに娘は立ち上がり、テーブルの下の手に、何やら覚え書きらしき紙を渡した。ぼくが開いて読もうとすると、娘は首を振った。ドアが開く音がしたので、ぼくはあわてて懐に隠した。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:02| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

ぼくがダライラマ?(43)

 その日の夕方、ぼくは摂政の私邸に招かれた。鬱屈した生活を送っているのを心配し、心からの歓待をしようとしているのか。これについて、ぼくはあれこれと憶測した。家族から引き離されたぼくを哀れんでいるんじゃない。いまだに埋まらぬ溝を埋めるために、警戒心を解こうとしているのだ。神殿の壁画を見せたというのも、ぼくに心を開かせることで、父親のように振る舞おうとしているのではないか。
 摂政の屋敷はラサの中心街にあった。寺院建築を模したもので、金色に輝く屋根ばかりか、柱に取りつけられた装飾の金具、バターのランプなども黄金が用いられ、世俗的にこの国を動かすためには、富の集中が必要なことを示していた。中でも目を引いたのは、豪奢な家具に刻まれた、花や蝶の細密な木彫りの技で、金粉を塗りたくった上に、極彩色の顔料をほどこし、光沢を出すために透明な塗料もかけられていた。
 すでに日は落ちて、並べられた銀製の茶碗に熱いバター茶が注がれていた。向かい側には摂政と、摂政の奥方が腰をかけていた。くぼんだ目をした奥方は、召使いの女にあれこれ指示を出しながらも、ぼくの方を興味ありげなまなざしで見ていた。
 摂政には子供がいるはずだ……。神殿の池の前に現れた謎の女が、果たして摂政の娘であるか、確かめてやるいい機会だと思った。とはいえ、ここにはその姿はない。ぼくに会わせたくないのか。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:21| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ぼくがダライラマ?(42)

「これを描かせたのはどなただと思います」
「前のダライラマ五世とでも……」
「猊下は何でもご存じだ。前世になされた他の行いも、日を置かずして思い出されることでしょう」
 摂政はダライラマの秘密を明かすことで、ぼくを操ろうとしているのではないかと思った。ダライラマを頂点とする新派の密教では、現世で悟りを得ることができないことを、五世自身は知っていて、密かに古派の密教を修行していたに違いない。その秘密を民衆に知られぬように、ポタラ宮裏の池に囲まれた神殿に封印していたのではないか。
 摂政は謎めいた笑みを浮かべると、こちらの動揺を顔色から読み取ろうとしていた。ぼくの先祖が伝えてきた秘法を、自分は知ることができない矛盾を思った。古派の密教と言えば、お父さんは牧人として働きながらも、行者として村の祈祷に携わってきたのだった。ここに連れてこられなければ、ヤクや羊の世話をしながら、あの壁画に描かれた体位で、どんなヨーガを行えばいいか教えてもらえたはずなのに。
「猊下、ここで見たことは決して口外されてはなりません。猊下の師であらせられるパンチェンラマにも、お尋ねになってはなりません。猊下がそれにふさわしい境地に達された暁に、真理は自ずと明かされることでしょう」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:18| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする