2019年09月14日

平清盛公出生秘話

 今は昔、京の都に平朝臣清盛公と申しし人ありけり。父忠盛は眇と揶揄されし地下人なりしが、白河院の寵愛受けたる祇園女御を下されしより、昇殿許されけり。この女御、容姿端麗なりしが素性詳らかならず。西域より渡りし白拍子にて、酒席もてなす生業をせしが、日の本を調略せんとする異国の密命を帯びたるとなむ伝へける。清盛が太政大臣に出世せしは、白河院のご落胤にあるのみならず、女御の援護ありしためなり。覇道によりて天下を掌握し、六波羅に金殿玉楼を構へ、平家にあらずんば人にあらずと増長せしが、ほどなく熱病にて失せ給ひぬ。つひに一族西海の藻屑と消へたるは、畢竟、帝位簒奪の企みをなしたる天罰となむ語り伝へたるとや。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:02| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

クローン人間について

 クローンといいますと、クローン羊ドリーのことを思い浮かべる方が多いと思います。哺乳類で成功したということは、技術的には人間でも応用可能だということです。倫理的に問題があるので、各国で禁止されていますが、秘密裡に行われていると思われます。
 勘違いしてはならないのは、クローンは分身ではないということです。いくらクローンを作っても双子のようなもので、人格は別です。では、なぜ政治家はクローンを作りたがるのでしょうか。たとえ自分が死んでしまっても、クローンがいれば国の政治は乱れません。ただ、気の毒なのはクローンの方で、悪政を行った政治家が死亡していても、罪を問われて処刑されるのはクローンの方だからです。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:49| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

今は亡き宇宙物理学者(二)

 ブラックホールを探索していたときです。事象の地平線に近づくと、周囲の恒星からガスが引き寄せられていくのが見えました。ブラックホールとはよく言ったものです。その先は、文字通り黒い穴なんですから。私の体も強い力で引き延ばされていくのを感じました。
 でも、私は死ななかった、というより、もう死んでいるんです。一瞬でブラックホールの中心にたどり着きました。精神は肉体ではないから、破壊されなかったのか。しかし、ブラックホールの内部では、すべての情報が破壊されるはずだ。私の魂も木っ端微塵となっているはずなのに。だとすると、私はブラックホールに吸い込まれた夢を見ているのか。でも、辺りは漆黒の闇しかない……


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする