2018年10月13日

海底調査

「この調査の目的は何でしょうか」
「海底に眠る天然資源の掘削を実用化することだ」
 海底に伸びるパイプの中でドリルが回転を始めると、甲板からは歓声が上がった。
「でも、プレートの境界を掘削するのは、大地震を引き起こすためだという情報が流れていますが」
「バカを言え。この調査によって、我が国の年間使用量数十年分の天然ガスや、半導体に必要なレアメタルが掘り出されるんだ。くだらん陰謀論などにかかずらってはいかん」
「ですが、プレートの境界を掘削することで、圧力に不均衡が起こって大地震の引き金になる恐れが」
「これは国家的大事業なんだ。天然資源の採掘が第一であって、大地震が起ころうがそんなこと知ったことか」



「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:37| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

野球チームの結成

 政治家が野球チームを結成した。監督はおじいちゃん子の老人で、意味不明なことを口走るので、チームの先行きは危ぶまれた。案の定、チームが反則して審判から指摘されても、スポンサーの力で握りつぶそうとした。それを記事にした新聞社は、潰してやるという脅迫を受けた。
 ある試合では、9回裏になっても点数が入らず、無得点のまま「道なかば」と言い続けて、観客がいなくても試合は続けられた。そこで、試合中にごり押しでゲームのルールが変更された。
 ところが、アメリカチームとの対戦になると、わざと負けて大敗してしまった。何か裏があるんだろうと、新聞記者が球場の裏に回ると、老人の監督はアメリカの監督の前で震えていた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:21| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

虎と犬

 虎の王が吠えると、犬の王はひれ伏してお手をした。
「今日は何を持ってきたんだ」
 犬の王は民衆から巻き上げた肉や魚を献上したが、虎の王を満足させることはできなかった。そこで、生け贄に若いつがいの犬を奉った。
 虎の王は哀れむ目で縛られたつがいを見た。お前たちが悲惨な目に遭うのは、詰まらぬ犬を王として崇めているからだ。あいつは保身のためなら、すべての犬を犠牲に差し出すだろう。お前たちにまだ狼の誇りが残っているなら、あんな王は引きずり下ろすがいい。
 犬の王が帰国すると、民衆は王を倒すどころか、生け贄になるまいと互いに足を引っ張り合った。虎の王は「見下げ果てた犬どもめ!」と叫ぶと、生け贄の犬に食らいついた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:52| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする