2018年06月05日

西郷の覚悟

「どげんしても鹿児島に帰られるとですか」
「もう新政府にはうんざいしたんだど。幕府を倒したんは、家柄だ、何だとつまらんもん有い難がらずに、ほんに力あるもんが政する国にすっためじゃったんだ。そん志を忘れて、何が元勲だ、華族さまだ。おいは鹿児島で子弟の教育に携わるつもいだ。若い者はよかなあ。志を遂げられるかいけんか分からずとも、熱い思いば持っとう」
「おいが心配しとっとは、西郷どんが不平ば持つ輩に祭り上げられるんじゃなかかちゅうこっだ」
「人となりちゅうもんは、一生の間に作いあげたら、もうおい一人のもんじゃなか。考えとうことは違うても、世の中を変えたいちゅう思いがあれば、そいつらを見捨てうこたあでけん」


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:02| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

猫は鎹(かすがい)

 無造作に雨戸を開けたせいで、可愛がっていた猫が逃げてしまった。
「どうして猫がいるのに気をつけなかったんだ!」
「私だってお母さんの世話が忙しいのよ!」
 妹は車椅子に母を乗せて、居間の方に連れてきた。妹がいらいらしていると、母は妹の肩の辺りを思いっきりつねった。
「何すんの、お母さん、そこ、私がけがしてるところなのよ……」
 顔を押さえると、泣きそうな声で流しの方に駆けていった。当の母の方は、自分が何をしたかも忘れてしまったらしい。
「わたし、なにかしたのかしら」と澄まし顔。
「それはね、いじわるばあさんって言うんだよ」
 けさ起きた一部始終を話すと、友人はぽつりと言った。
「猫がいなくなった途端に家庭崩壊だね」


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:42| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

クールジャパン

 本日は「クールジャパン」についてお話ししたいと思います。「クールジャパン」と申しますと、映画やアニメなどの大衆文化、自動車や家電製品を生産する現代日本の総称と考えられてきました。しかし、東日本大震災後の日本では、かつての自由な空気が失われ、偏狭なカルト政権による独裁政治、外国人差別をあおるヘイトスピーチの放置など、とても先進国とは思えない状況になっております。にもかかわらず、テレビは「日本すごい」しか流さず、国民の劣化に拍車をかける始末です。欧米ではこれをJapan is terrible.と評しており、識者の中には「クールジャパン」は「お寒い日本」になり果てたと嘆く声が聞こえる今日この頃です。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:24| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする