2017年04月22日

桃太郎生まれず

 むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。その二人を密告した者がおりました。おじいさんは国司の林で薪を取った罪で、おばあさんは流れてきた桃を勝手に持ち帰った罪で検非違使に捕らえられ、ともに獄死してしまいました。押収された桃も、何者かが食べてしまいました。
 その頃、都では人に化けた鬼が重税を課して、民を苦しめておりました。本来なら桃太郎が生まれて、鬼どもを退治するはずだったのですが、国の乱れは治まることなく、いつになったら正義がもたらされるのかと、帝は御心を悩ませ給うのでした。めでたくなし、めでたくなし。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:22| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

自動消去装置

「では、財務省のコンピューターは、一定期間が過ぎると文書が消去されてしまうというのですね。あなた、国民をばかにしていませんか。パソコンのデータは、ゴミ箱に捨ててしまっても、単に上書きして見えないようにしているだけで、ハードディスクそのものを初期化しない限り、データは復元されるんですよ」
「本当です(^。^;) 一定期間経つと自動的に……」
「では、保存すべきデータが消えてしまったら、どうなさるんですか」
「本省のコンピューターは忖度する機能がついておりますので、政府にとって不利な情報のみが消去される仕様となっております」
「では、不利な状況かどうかは、誰が判断するんです!」
「すべては閣議決定です……」

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:26| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

あそこに猫が

 そいつはいきなり現れた。ぼくはたまげてのけぞってしまった。恐る恐る近づいたのだが、向こうはこちらを無視しやがった。そこで、後ろからのぞこうとしたが、忍法を使って消えてしまった。どうやらやつは、厚みというものがないらしい。
 ドアが開いて、お店の中からお姉さんがお皿を持って現れた。そいつがまたしゃしゃり出てきた。甘える声を出すと、肉の塊をまんまと物にした。ぼくももらおうと思ったが、つれなくドアを閉められてしまった。
 かわいいメス猫が現れ、テーブルの上に座っている。ぼくは食い意地張ってた自分が恥ずかしくなった。娘の鼻にキスしたけど、つんと澄ましたままだ。やっぱり女って難しいなと思ったら、真っ暗になった。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:06| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする