2020年05月24日

ズボンをはいた小便小僧

 世界的に蔓延した伝染病で、人々は自宅待機を余儀なくされた。海外のユーチューバーが、ズボンをはいたまま小便を漏らすさまを撮影して投稿したところ、閲覧の上位を占めるようになった。その人気を聞きつけて、若者たちはこぞって小便漏らしに挑戦を始めた。
 閉じ込められて鬱積した思いが、幼児の頃に退行したいという願望につながったのだろうか。投稿した若者がたまたまイケメンだったため、かっこいい男がおしっこを漏らすところが、世の女性の心をとらえたのだろうと、社会学者は分析している。
 息子の撮影現場に出くわした父親が、床にこぼれた白い液体を見てぼやいた。
「俺なんか年中、小便でズボン濡らしてるけど、それのどこがいいんだ」


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:55| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

独裁者と御用学者

 首相としての地位に満足せず、国王として即位することを考える独裁者がいた。「国家、それは私だ」と公言し、「森羅万象」を担当すると称して、一切の法律を無視する閣議決定で、専横な政策を押し進めていた。
 ところが、一部の文化人が新聞で批判を展開したために、世論にも変化が生じ、国家を私物化しているという声が上がった。そこで、首相はお友達の御用学者を呼び出して、対策を練ることにした。
「閣下、国民なんか、自分で考える能力がない者ばかりで、新聞に書いてあることを鵜呑みにしています。新聞を検閲した上で、閣下の望むままの法律を施行すればいいのです。いったん法律になれば、やつらが逆らうことはなくなりますから」


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:37| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

マスク二枚

 世界中で悪疫が猖獗を極めていた。各国は国民の外出を禁止する代わりに、各自に経済支援をすることを約束した。アジアの外れにある島国でも、疫病のために物が売れず、仕事に出かけられない国民が多かった。そこで、森羅万象を担当している首相が、どんな救援策を出すか、皆固唾を呑んで待っていた。
 ところが、救援策は各家庭にマスク二枚というお粗末さであった。「二人で一枚じゃ病気が移ってしまう」という声も出たが、首相は自らマスクの付け方をテレビで披露した。「病気は目、鼻、口からも移りますから、すべてふさぐようにマスクをかけましょう」
 これで国民は現実を見ずに、文句も言わなくなると、首相は胸をなで下ろしたとか。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:33| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする