2019年05月18日

創業者の霊

 わしはな、一代でこの会社を築いたんや。わしにとって会社はな、家族みたいなもんや。物作りは物を作るだけやない。まず、人を作るんや。人を育てて物を作る。給料出すの惜しんだら、社員は働かんで。能力ある奴も他の会社に取られてまう。会社はな、人のため、社会のため、ひいては国家のためにあるんや。いくら金儲けになるからと言うても、戦争だけはあかん。他国が戦争すれば、軍需景気になるんやから、それでええやないか言いよる奴おるけど、今はな、国際化が進んどるんやろ。株主かて外国人が多いと聞いとる。外国人にとっちゃ、日本が他国やから、金儲けするために日本を戦場にせい、ことになりかねん。因果応報っていうこっちゃ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 10:11| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

道徳教育

 おい、おまえの国には便利な道徳があるそうじゃないか? ブシドウとか言うんだろ。国民をサムライだとかおだてて、滅私奉公の精神を学校でも教えてるそうじゃないか。テレビでフェイクニュース流しても鵜呑みするし、増税してもお国のためだと我慢する。いくら給料減らしてもストライキしないし、暴動も起こらない。政治の話するのはかっこわるいとか芸能人にしゃべらせて、選挙に行かないようにさせる。ボランティアだって強制できるんだから、国民を喜んで出征させられるよな。おまえみたいな従順な奴をトップにすえておけば、おまえの国は永久に植民地だ。骨の髄まで絞り上げてやるからな。おまえだって首相でいられなくなると困るんだろ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:35| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

エープリルフール

「新しい元号は、日本の古典『万葉集』に基づいた令和と決まりました」
「しかし、ソーリ、令和は中国の『文選』張衡の詩、仲春の令月、時は和し気は清むが原典なのではないでしょうか」
「私が嘘をつきますか。私はソーリ大臣なんですから」
「まあ、いいです。令という漢字の字源は、ひざまずくですね。和が日本人なら、日本人をひざまずかせるという意味にもとれます。また、某国が日本を屈服させるという意味だとも噂されています。元号の意味を調べたい外国人が、Google翻訳でleiwaと入力して、中国語で『うんざり』と出てきたと大騒ぎになっていますが」
「いい加減にしろ! こちらこそうんざりだ」
「I'm sorry daijin」


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 18:48| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする