2018年02月28日

臨死体験の瞑想「イントゥ・ザ・ライト」(4)

「体外離脱」はまれにしか起こらないと書いた日の夜、《臨死体験の瞑想》を聞きながら横になった。意識が朦朧としながら、声が聞こえる状態が続いた。突然、「体外離脱」してしまった。移行の過程は感じることなく、部屋の中を飛び回っていたのだ。数ヶ月ぶりだったので、ちょっとびっくりしてしまった。
 一つ気づいたのは、その部屋が今寝ている部屋ではなく、かつて自分が生活していた部屋だということだ。「体外離脱」したら、すでに物質的な世界ではなく、非物質的な世界に移行しているということらしい。今回はそれ以上進むことなく、尿意を感じて目が覚めてしまった。
 第三部では「体外離脱」の後、暗い世界を訪れる。そこは創造の源であり、具現化されていない潜在的な世界である。神の子宮とも言われる。そこで形になる以前の自分を感じる。そこに現れた光は、愛と慈悲、知性そのものである。導かれるまま、光の街にやってきて、クリスタルの建物の一つに入る。そこで、精神的な体験や学びをする。
 目の前に小川が見える。いわゆる三途の川で、その向こうに行けば、永遠にそこにとどまることを知る。ただ、ヘミシンクの《ゴーイング・ホーム》では、死後世界を訪れ、死者の魂が休らうフォーカス27まで体験できる。この世でやることが残っていれば、戻ってくることができるというのが、モンロー研究所の立場なのだろう。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:52| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

臨死体験の瞑想「イントゥ・ザ・ライト」(3)

 第二部も冒頭は同じである。力を抜いてリラックスしたら、自分の内部に振動を感じる。非物質的なエネルギーの周波数を上げることで、「体外離脱」の状態に移行するのである。まあ、実際に離脱することはごくまれだから、自己暗示でその状況を想像すればいい。
 部屋に光の存在が現れたとイメージしよう。それは自分自身のガイドである。目の前に幻像の片鱗が見えたら、それを光のトンネルに変える。ガイドに導かれる形で、トンネルをくぐって非物質的世界に移動するのである。
 トンネルの向こうには、緑の庭園が広がっている。テーブルの上には、大きな本が置かれている。そこには自分自身の人生が記されている。ページを開くと、人生で重要な場面が現れる。ここでは、その体験から何を学んだか、自分に問うことが求められる。面白く感じたのは、当時の場面が再現されると、自分自身の視点、関わった相手の視点、その場面を俯瞰する視点という三つの立場から、追体験できるという点である。
 仏教によれば、悪業によって地獄に堕ちた人間は、閻魔大王の前で浄玻璃の鏡の前に立たされる。嘘をついても、生前の行いがすべて映し出されてしまうという。キリスト教でも地獄が説かれるが、実際の臨死体験では、意識の肉体からの離脱はあっても、お花畑など楽園のイメージが現れることが多い。罪を犯した人間の場合には、自らを罰する意識が、地獄のような幻影を見させるらしい。だから、殺人などを犯していない場合は、恐れる必要はないようである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:56| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

瞑想音声の作成

 バイノーラル・ビートとは、左右から異なる周波数の音を聞かせ、その差に当たる周波数の音を脳に生じさせる音声のことである。これによって、脳波をガンマ波(瞑想)、ベータ波(覚醒)、アルファ波(リラックス)、シータ波(夢見心地)、デルタ波(熟睡)に誘導することができる。
 ただし、人間の脳波は複雑で、集中しているときにアイデアが浮かぶとシータ波が出たり、意識がある覚醒夢の場合には、ベータ波が出ているらしい。要するに、複数の脳波が絡み合っているということだ。
 ロバート・モンローが開発したヘミシンクの特徴は、単純なバイノーラル・ビートとは異なり、複数のバイノーラル・ビートを重ね合わせて、微妙な脳波の状態を作り出した上で、言葉による誘導を行ったりするという点である。モンロー研究所の《ゲートウェイ・エクスペリエンス》は、潜在能力を開発したい人向けのプログラムで、その効果には定評がある。
 こうした脳波誘導の音声を生成するソフトウェアがある。Jim Petersが開発したSBaGen(https://uazu.net/sbagen/) である。Windows版のほか、Mac版、Linux版などもある。ただ、コマンドで操作するソフトウェアなので、普通のユーザーには取っつきにくい。SBaGenに関してはさまざまな(英語の)資料があり、SBaGenで作成された音声も公開されている。
 SBaGen Binaural Wave Generator(https://sourceforge.net/projects/sbagen/?source=typ_redirect)にアクセスすると、関連資料とともに、モンロー研究所のフォーカス3からフォーカス27までの音声を生成するファイルが公開されている。フォーカスというのは、ロバート・モンローが変性意識の深度を表すためにつけた名称で、どうやら匿名の資料から、各フォーカスに対応するヘミシンクが、どのような音を重ね合わせて作られたか導き出し、SBaGenで各ファイルを作成したものらしい。
 SBaGenがインストールされた環境では、各ファイルをクリックすると、Dosプロンプトが起動し音声を再生する。ファイルを右クリックすると、WAVファイルが書き出されるはずだが、64bit版のWindows10の環境では、書き出しに失敗するようだ。その場合、フリーソフトのAudacity(http://web.audacityteam.org)の登場である。Dosプロンプトが再生している音声を、Audacityで録音してしまえばいいのである。
 瞑想音声を作成する手順は以下の通りである。まず、瞑想を誘導する言葉をAudacityで録音する。スクリプトは自分の目的に合ったものを用いる。僕の場合は、ディーパック・チョプラの『ゆだねるということ』に収録された第一から第七のスートラ(経典)を用いた。録音時間は15分あまりかかった。録音が終わったら、何分かかったかメモしておく。
 次に、重ね合わせたい脳波誘導のファイルを再生し、Audacityで録音する。瞑想ならフォーカス15が最適と思われる。時間の感じられない空(くう)の意識に誘導する。スクリプトの音声より、多少長めに録音しておく。導入の部分で脳波が誘導されてから、言葉が再生されるように調整するわけである。
 脳波を誘導する音声は、かろうじて聞こえる程度に弱めておく。Audacityで再生し、よい具合にできたところでミックスし、MP3の320kpsで書き出す。圧縮しすぎると、脳波の誘導がうまくいかなくなる。出来上がったら、携帯端末に転送する。これでいつでも好みの瞑想ができる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 16:53| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする