2021年01月02日

スティーブン・ハルパーンとチャクラ音楽

 チャクラというのは、インド身体論で想定される生体エネルギーの集積所である。チャクラの数は、ヒンズー教、仏教など流派によって数が異なる。ヨーガでは種子マントラを唱え、対応する梵字をイメージして、チャクラのエネルギーを増幅させる。
 欧米では普通7つのチャクラを想定し、それに対応する母音や鍵盤の音、さらに振動する周波数まで言及する。スティーブン・ハルパーンは、各チャクラを刺激する楽曲を、電子ピアノで演奏する《Spectrum Suite》というアルバムを1976年に発表した。
 少しずつ音の高さの異なる、ほぼ同じ曲調の楽曲が、根のチャクラから頭頂のチャクラまでを刺激していく。単調ながらも螺旋状に、駆け上っていく感じだ。それぞれの曲を聴きながら、チャクラの位置に精神を集中し、対応する色をイメージすると、生体エネルギーが集まってくる。
 リラックス効果が高いので、瞑想しなくても聴いているだけで心が安まる。《Spectrum Suite》の2020年度版には、チャクラに対応した曲以外に、Rainbow Raga、Sakura、Crystal Cathedralなど、電子ピアノによる演奏も11曲収録されている。テーマによって曲調が異なるので、自分としてはむしろ面白い。
 なお、スティーブン・ハルパーンは、1999年に、《Spectrum Suite》の1976年版に、電子ピアノの楽曲を増補して《Chakra Suite》という名で再リリースしている。各チャクラを刺激する曲が7曲×2と、それ以外にAscensionなど複数の曲が収録されている。ただ、バージョンの違いがあるようで、以前Emusicでダウンロードしたmp3には、Sonic Satori、Shambhalaという興味深い曲が収録されているのだが、現行のCD版にはEternally、Chakra Angelsのほかに、2020年度版の《Spectrum Suite》と重複する曲が収録されている。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:27| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

「GODの都市伝説RADIO」

 これはラジオ関西で毎週水曜午後8時半から9時に放送され、GODとSIZUKU(徳川静華)が関西弁に歌を交えて、都市伝説について語る番組である。関西以外の居住者は、radikoプレミアムに加入すれば、エリア外でも放送後1週間以内ならいつでも聞くことができる。
 この番組に関しては、トランプ大統領とアメリカ軍が、世界同時に流すと言われている緊急放送と、関係があるのではないかという噂が広まった。また徳川エンターテイメントの提供で製作されているため、その噂に尾ひれがついたようである。
 あくまでも都市伝説を語るのが番組の主旨であり、織田信長は生きていたとか、平将門の息子は安倍晴明であるといった、霊媒能力があるらしいGODの証言で番組は展開する。
 ただし、番組の冒頭には、リスナーからの質問コーナーがあり、アドレノクロムについては、黒魔術の若返り術であることを暗示したり、ディープステート(闇の政府)に関しては、爬虫類系の宇宙人が要人に憑依しているといった、オカルトで語られるかなりきわどい話にも言及していた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:42| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

ヘミシンクの《ミディアムシップ》(2)

 2枚目は意識を拡大した状態から、さらに深い瞑想へと移行させる。脳波はシータ波の状態になる。意識誘導の基本は、ブレスミー・メソッド The BLESS ME METHOD と呼ばれている。私に加護を与える方法と訳すことができる。第一に、ゆっくりと深く呼吸を深め、肯定的なイメージを抱く。祈りの言葉やアファメーション、肯定的な自己暗示の言葉を唱える。第二に自分の周囲にある球状のエネルギーの場、オーラを光の速さで地球大、さらにそれよりも大きく拡張する。真言密教の月輪観(がちりんかん)でも、同様の意識の拡大と意識を元に戻す広観・斂観を行う。ヘミシンクで言えば、フォーカス12の空間を越えた状態、さらにフォーカス15の、時間を越えた状態に進む感じである。
 第三に「手放す」という言葉とともに、日常の意識から離れて、純粋な魂の状態に戻る。第四に、「移行する」という言葉とともに、実際に、空間と時間を越えた状態に意識を移行させる。第五に、他の光の存在が現れたら、自己の魂とその存在を「融合」させる。第六に、意識が最も拡大した状態で、高次の存在から洞察が与えられる「経験」をする。
 2枚目のトラック1は、これだけの意識の誘導を行う。トラック2は言葉による誘導なしに、習得した方法に基づいて、音楽とヘミシンクの信号で、深い瞑想状態に移行する。もし、ヘミシンクを体験しているなら、フォーカス12、フォーカス15をこれほど気持ちよく体験させてくれるこのプログラムを、手放せなくなるのではないか。
 自分の感覚では、完全に習得すれば、この世とあの世の境界であるフォーカス21、さらにはその先までつれて行ってくれそうである。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:16| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする