2019年11月12日

スペース・ミュージックの世界(ePub)

 スペース・ミュージックの世界を紹介します。ここでは、ニューエイジ・ミュージックや、催眠性のある音楽だけではなく、広く宇宙のイメージを喚起する音楽についてですが。
 冨田勲のシンセサイザーによる《宇宙幻想》、NHK特集『銀河宇宙オデッセイ』のサウンドトラック、意識変容の信号ヘミシンクを組み込んだアルバム、スペインの若手音楽家マックス・コルバッチョのアルバム、ホルストの《惑星》とNASAの宇宙探査機がもらした惑星の音など、思いつくままにまとめました。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
spacemusic.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:04| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

カルロス・カスタネダの『分離したリアリティ』

 ドンファン・シリーズの二作目。音楽家の細野晴臣氏は「ぼくの人生を変えた本。ドン・ファンが説くことは、具体的で明快だ」と述べている。この本のタイトル『分離したリアリティ』とは、一体何を指すのだろうか。
 我々が見ていると思い込んでいるものは、単に眺めているに過ぎないと、ドンファンは主張する。そうした考え方の背景にあるのは、人間の体はオーラという光に包まれているとする神秘主義の思想である。また、量子力学では、すべては波動であり、物質と思われているものも、幻に過ぎないとされる。音の波動芸術ともいうべき音楽は、宇宙に変動をもたらす技術なのだろう。
 すべてが波動ならば、「音を見る」といった共感覚も、波動を視覚でとらえたに過ぎないことになる。「色を聞く」の場合は、普通なら視覚でとらえる波動を、聴覚でとらえたことになるだろう。それを可能にするのは、ネイティブ・アメリカンが使用するペヨーテやチョウセンアサガオなのだろう。
 ただ、ドンファンが説くことに対する疑問としては、小鳥や虫、水を精霊や呪術師だと、本気で信じているらしいという点である。形あると見えるものも、本来は波動が仮に形を取ったに過ぎないのではないか。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:46| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

増補版『「カシーナ」と脳内芸術』(pdf)

 ブレインマシーンの開発は、作家のウィリアム・バロウズが「ドリームマシン」を考案したことに始まりました。日本では1990年頃に発売された「メガブレイン」が一世を風靡しました。ここではMindPlace社の「カシーナ」を使用する際のヒントと、その文化的背景についてまとめました。
 改版では《Journey to the Sun》《528ヘルツCD》《レムリアの記憶》の3つのプログラムについての解説を加えました。

 今回はパソコンですぐに開けるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
Kasina2.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 以下のリンクからダウンロードしてください。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:26| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする