2019年10月13日

暴風雨はすでにやんだが

 台風19号は関東地方から過ぎ去った。暴風で住宅の壁がきしみ、床が微動するほどの暴風が吹き荒れた。首都圏の中小河川が氾濫したが、一級河川の堤防決壊という、最悪の事態は避けられたとみられる。
 すでに暴風は吹きやみ、満月に近い月齢14.4の月が西の空を照らしている。空気が澄み切って虫の音が聞こえる。平和な日常が戻ってきたように見える。ただし、油断は禁物である。利根川や荒川などの流域は、まだ警戒を怠らない方がいい。川の流れが長いため、豪雨の影響が長時間続くこと、上流でダムが放水していることが理由である。
 また、昨日10月22日18時22分、台風の暴風雨が吹き荒れるさなかに、千葉県南東沖でマグニチュード5.7の中規模地震が発生して、南関東全域を揺らせた。台風通過後に大地震が発生する例としては、新潟中越沖地震と胆振東部地震などが挙げられる。急激な気圧の変化が関連していると思われる。また、満月から上弦の月にかけては、強い地震が発生する確率が高い。防災意識を常に持ち続けることが、身の安全を保つためには必要である。

追伸
 長野県の千曲川の堤防が決壊し、住宅地に濁流が流れ込み、停車中の北陸新幹線の車両が水没している。茨城県の那珂川や福島県の阿武隈川も氾濫している。晴天になっても、氾濫の危険は続いている。政府は激甚災害の対策本部を開設するとともに、混乱を招いている消費税を8%に戻すなどの対策を取るべきである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:03| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

台風19号の危険性

 台風19号は、かつて地球上で発生した台風の中で最大級と言われる。猛烈な強さとともに、巨大なために長時間暴風雨にさらされる恐れがある。
 最大の脅威は暴風である。台風の進路の東側は、台風の風速に移動する速度が加わり、破壊的な力にさらされる。一方、台風の進路の西側は、台風の暴風と進行することで吹く風が打ち消し合う。自分の住む地区がどちら側に入るか、事前に見極めておく必要がある。
 台風が東海や関東に襲来する場合、ちょうど大潮の時期と重なっているため、高潮に厳重な注意が必要である。東京湾が台風の東側に入った場合、その危険は計り知れない。大潮でただでさえ海面の水位が高い時期に、台風の暴風が高波を東京湾に流入させるからである。
 満潮の時刻と重なった場合は、江戸川区や江東区、葛飾区、荒川区などのゼロメートル地帯は水没する。沿岸のゼロメートル地帯で、しかも木造家屋や集合住宅の一階、二階で生活する住民は、鉄筋の三階以上に避難しておく必要がある。
 台風の進路には、浜岡・東海第二・福島第一・福島第二・女川の各原子力発電所がある。それらに異常がないかということについても、情報収集に努めるべきである。マスコミは情報を封印する恐れがある一方、インターネットに流れる情報には不正確なものが含まれる。情報源を確認して、冷静な対応をとる必要がある。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:01| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

電動自転車について

 電動自転車は、正式には電動アシスト自転車という。電動といっても、平地では人力で走行し、坂道などを上るときに電動の動力で助けてもらうのである。したがって、扱いはあくまでも自転車であり、運転免許は必要ない。
 価格はバッテリーの容量による。7万程度から15万程度まで。長距離に使用するには、大容量のバッテリーが必要だが、通勤に使う程度だったら、中規模のバッテリーでも週1回の充電で十分だろう。バッテリーは充電するたびに劣化していくから、バッテリーが30%を切った程度で充電すると、長持ちさせることができる。
 国内メーカーとしては、ヤマハとパナソニックが主流である。ヤマハは坂道を上るのに適している。パナソニックは加速性能で優れている。あとは変速機が何段階か、走行モードのうち、エコモードでは、単に節電するだけか、発電して走行距離を伸ばすかなど、選択肢はいくつもある。
 僕が選択したのはヤマハの10万弱の機種である。坂道を上るときは、変速機を3の高速にしたまま、エコモードで上っていく。ペダルが重くなった途端、電動アシストが機能して、ぐいぐい押してくれる。スピードを落とさずに坂道を上っていくのは快適だし、通勤時間も半分になった。
 ヤマハのエコモードは節電するだけで、発電はしない。発電してくれたら、さらに節電できるのにと思ったが、下り坂で発電すると、ブレーキがかかったように遅くなる。また、発電してちょくちょく充電することは、バッテリーを長持ちさせる点では、マイナスに働くだろうから、発電機能を除いたエコモードは、理にかなっているのではないか。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:29| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする