2017年02月07日

RiUP X5 PLUS

 男性の多くの悩みは脱毛である。早い人間は20代から抜け始める。原因は男性ホルモンの過剰とか言われる。人口爆発しないように、性欲が強い人間の魅力を落とすためだとか? 遺伝性だから父親の髪を見れば、将来の自分の姿が想像できる。とはいっても、男性ホルモンが強い人間が必ず薄毛になるかというと、一概には言えない。体毛が多くても、セックスが強くても、髪の毛がいつまでもふさふさの男性はいる。
 男性ホルモンが強いと、頭皮の皮脂の分泌も過剰になる。たとえ、毎日洗髪していても、皮脂はたまっている可能性がある。2回洗ってもなかなか取れない。サウナに入ると、皮脂がにじみ出てくるのが分かる。友人から聞いたのだが、スーパー銭湯に行ったら、上がる前にもう一度洗髪するそうだ。体が十分に温まっているから、しつこい皮脂も取ることができる。マッサージ用のブラシや、皮脂を取るためのクレイなんかも有効だろう。
 発毛促進剤もいろいろ使ってきて、少し高いのを使っても大して効き目がないから、気休めで安いのを使っていたら、とうとうやばい感じになってきた。今までは短髪にしたら目立たなかったが、これ以上進んだら坊主にするしかない。そこで、医薬品のRiUPに手を出すことにした。副作用があると言うから、とりあえず1倍の強さのものを、1年近く使ってみた。脱毛は止まったが、増毛の方はやや不満が残った。そこで意を決して、RiUP X5 PLUS、5倍の濃さのRiUPを使ってみた。
 購入する際に血圧について聞かれた。高血圧や低血圧の人は、使用を控えた方がいいとのこと。とりあえず、使ってみた感じは、1倍のRiUPを使ってきたからかもしれないが、発毛効果がすぐに認められた。これは効く! ただ、血圧は確かに上がった。長期間使うのは避けた方がいいようだ。増毛効果を実感したところで、元の1倍のRiUPに戻そうと思っている。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:02| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

くまモンに触った

 2017年1月8日、横浜市中区の赤レンガ倉庫の広場で、横浜市消防局の出初め式が行われた。そこに熊本のゆるキャラ、くまモンが登場した。ぬいぐるみに集まるのは、かつては幼児と相場が決まっていたが、現在ではいい大人がファンとなっている。くまモンは九州に出現することは多いが、東日本ではまれである。横浜に来るとあって、今にも雨が降りそうな空模様の中、友人に誘われて会いに行った。
 下の写真はイベントの出演後に撮影したものである。写真を撮ってから、年甲斐もなくくまモンの手に触って満足した。会場をぐるっと回って、くまモンは熊本物産展の前に現れた。人々に愛嬌を振りまくと、テント内の更衣室へと姿を消した。すでに雨が降り出していた。

くまモン(横浜).JPG


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:45| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

原鉄道模型博物館を訪れる(2)

 本物の列車はモーターが一定速度に達すると、電源を切って等速で走らせる惰力走行を行うが、原氏の模型でもそれを再現した。台車の揺れ枕や軸箱、動力の伝達機構も本物にならった。車内のデザインなども、忠実に描いている。会場が暗くなると、電灯や列車に明かりがともるのは言うまでもない。
 さらに、列車が近づくと踏切が点滅し、通過後は信号機も赤に変わる。ロープウェーや自動車も走っており、周囲の野山で人々はハイキングを、海岸では海水浴を楽しんでいる。高山の上にはニホンカモシカの姿もあった。あまりのリアルさに、ジオラマを眺めているだけで、どこかの町を高台から眺めているような錯覚が生じ、旅愁まで感じられてしまうのだった。
 驚きはそれに留まらない。模型の先頭にカメラを設置し、その運転席から見える光景まで再現してしまっているのだ。それがどんなものかは、iOSの無料アプリがあるので、最後にリンクを張っておこう。iPhoneやiPod touchに最適化されている。iPadの場合、画面は大きくなるが、解像度が落ちてしまう難点がある。

シャングリラ鉄道の旅
https://itunes.apple.com/jp/app/yuan-zhi-dao-mo-xing-bo-wu/id779363131?mt=8


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:53| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする