2017年03月22日

日本人よ、目を覚ませ!

 昨日の朝、出勤の駅で跨線橋を急いでいると、バタンと大きな音がした。振り返ると、サラリーマンが床に倒れていた。駅員がすぐに駆けつけたが、一向に反応がない。突然、意識を失って倒れる人が増えている。原因は分からない。噂によれば、ストロンチウムが脳内に蓄積すると、意識消失が起こるのだとか。
 外国人にとって、日本人はどこでも眠る民族だそうだ。帰宅時の電車の椅子でも、座っている人の多くは眠っている。以前は酒を飲んで、道ばたで引っ繰り返っている人がいたが、今では店の中でも歩道でも、車道の真ん中でも人が引っ繰り返る。幸い、自分が意識を消失するのは、自宅の椅子に座っている時である。足が痺れてたまらないので、横になるとうたた寝してしまった。すると、猫がそばに寄ってきた。

 床に臥し猫が添い寝の彼岸かな

 一句詠んだところで、いい気分になったのも束の間、「テロ等準備罪」の名目で、昭和の悪法「治安維持法」が、テロ対策の名でよみがえろうとしている。しかも、テロ対策とは口実に過ぎず、著作権法違反、スピード違反など、テロとは全く関係ない項目でも、複数の人間が語り合えば、取り締まり対象だそうだ。「羊頭狗肉」である。人気漫画の主人公を二次創作で使っても検挙されるなら、コミケの同人誌も廃刊だろう。著作権が切れていない歌詞の載ったブログを、Twitterでツイートしたら、著作権法違反を共謀したとして、取り締まりの対象となるのか。「治安維持法」では、社会変革を願う詩人も、暴力革命を計画したと濡れ衣を着せられ、監獄に閉じ込められた。
 いつだったか、友人とレンタカーを割り勘したグループが、白タクを共謀したとして逮捕された。それは社会運動をしている人たちだった。オウム真理教による地下鉄サリン事件が発生した当時、信者たちは散歩で駐車場に入っただけで不法侵入、カバンにカッターナイフが入っていただけで、銃刀法違反で逮捕された。「テロ等準備罪」の名目によって、300近い罪種で警察に不法逮捕の武器を与えてはいけない。これじゃ、おちおちうたた寝もしていられない。

 言論の自由蝕む共謀罪 心の中も土足で捜査か

 でも、よく考えてみれば、『日本国憲法』では「言論の自由」が保障されている。「秘密保護法」や「集団的自衛権」などの憲法違反の法律を強行採決した政権が、私たちの心の中まで取り締まりの対象にしようとしているのだ。これは昭和の悪法「治安維持法」のよみがえりにほかならない。
 黙っているのは、憲法違反を強行採決で立法化する与党に、無抵抗で服従することである。国有地がただ同然で、お友達に払い下げられても、検察は内閣に遠慮して動こうとしない。無言の圧力から「忖度」しているのだろう。政府批判をする個人も、警察がお上の意向を「忖度」して取り締まる危機が迫っている。「日本人よ、目を覚ませ!」

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:22| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

RiUP X5 PLUS

 男性の多くの悩みは脱毛である。早い人間は20代から抜け始める。原因は男性ホルモンの過剰とか言われる。人口爆発しないように、性欲が強い人間の魅力を落とすためだとか? 遺伝性だから父親の髪を見れば、将来の自分の姿が想像できる。とはいっても、男性ホルモンが強い人間が必ず薄毛になるかというと、一概には言えない。体毛が多くても、セックスが強くても、髪の毛がいつまでもふさふさの男性はいる。
 男性ホルモンが強いと、頭皮の皮脂の分泌も過剰になる。たとえ、毎日洗髪していても、皮脂はたまっている可能性がある。2回洗ってもなかなか取れない。サウナに入ると、皮脂がにじみ出てくるのが分かる。友人から聞いたのだが、スーパー銭湯に行ったら、上がる前にもう一度洗髪するそうだ。体が十分に温まっているから、しつこい皮脂も取ることができる。マッサージ用のブラシや、皮脂を取るためのクレイなんかも有効だろう。
 発毛促進剤もいろいろ使ってきて、少し高いのを使っても大して効き目がないから、気休めで安いのを使っていたら、とうとうやばい感じになってきた。今までは短髪にしたら目立たなかったが、これ以上進んだら坊主にするしかない。そこで、医薬品のRiUPに手を出すことにした。副作用があると言うから、とりあえず1倍の強さのものを、1年近く使ってみた。脱毛は止まったが、増毛の方はやや不満が残った。そこで意を決して、RiUP X5 PLUS、5倍の濃さのRiUPを使ってみた。
 購入する際に血圧について聞かれた。高血圧や低血圧の人は、使用を控えた方がいいとのこと。とりあえず、使ってみた感じは、1倍のRiUPを使ってきたからかもしれないが、発毛効果がすぐに認められた。これは効く! ただ、血圧は確かに上がった。長期間使うのは避けた方がいいようだ。増毛効果を実感したところで、元の1倍のRiUPに戻そうと思っている。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:02| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

くまモンに触った

 2017年1月8日、横浜市中区の赤レンガ倉庫の広場で、横浜市消防局の出初め式が行われた。そこに熊本のゆるキャラ、くまモンが登場した。ぬいぐるみに集まるのは、かつては幼児と相場が決まっていたが、現在ではいい大人がファンとなっている。くまモンは九州に出現することは多いが、東日本ではまれである。横浜に来るとあって、今にも雨が降りそうな空模様の中、友人に誘われて会いに行った。
 下の写真はイベントの出演後に撮影したものである。写真を撮ってから、年甲斐もなくくまモンの手に触って満足した。会場をぐるっと回って、くまモンは熊本物産展の前に現れた。人々に愛嬌を振りまくと、テント内の更衣室へと姿を消した。すでに雨が降り出していた。

くまモン(横浜).JPG


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:45| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする