2018年12月21日

It is extremely dangerous to make Japan a nuclear waste repository.

 It is extremely dangerous to make Japan a nuclear waste repository. Nuclear debris takes 100,000 years before it stops emitting radioactivity. The Japanese archipelago is attacked by a huge caldera eruption once every several thousand years. The probability that a caldera eruption attacks nuclear waste disposal sites emitting radioactivity within 100,000 years is close to 100%. Biological extinction by carrying overseas radioactive waste to such Japan.

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:49| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

うさぎのクシャミ

 うさぎのクシャミというと、うさぎの毛によるアレルギーを連想しがちだが、今回はうさぎ自身がするくしゃみの話である。何だ、うさぎもクシャミをするのか。ちょっと寒ければ、クシャミぐらいするだろと、軽く見ていると危ない。クシャミを繰り返しているなら、至急、うさぎも扱ってる獣医に診せた方がいい。普通の獣医は、犬や猫のことしか分からないから、事前によく調べておくこと。
 ウサギがするクシャミは、スナッフルという病気である。ウサギは鼻で呼吸しているが、ウイルス感染によって鼻が炎症を起こし、鼻づまりとともに、鼻水が気管支に流れ込む。ウサギは鼻呼吸で、しかも鼻の穴がとても小さい。人間みたいに痰も吐けない。
 先日、うちのうさぎがスナッフルをこじらせてしまった。ヒューヒュー笛のような音がして、苦しそうに肩を揺らしている。ほとんど喘息のようである。症状からすれば、ウイルス感染による喘息の発作と同じである。治療法としては、抗生物質と消炎剤を呑ませる。ステロイド入り点鼻薬は劇的に効くが、副作用が強いので長くは使えない。
 余りに苦しそうにしていると、そばで見ていられない。はね回ることもなく、餌も食べず、水も飲まなくなる。これは呼吸が苦しいためで、なかなか薬が効かないと、もうダメかと思ってしまいだろう。
 ただ、その場合でも、何も食べずに体力が落ちているせいで、薬が効いてこないのかもしれない。針のついていない注射器で、野菜ジュースを飲ませてみると、ウサギのお腹がグウと鳴った。すり下ろしたリンゴなども食べる。それを繰り返すうちに、ようやく薬も効き始め、まだ鼻は時々鳴らすが、呼吸の苦しさは和らいできたようである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 11:38| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

次の元号は何か?

 国民の間で関心が持たれていることの一つが、次の元号は何かということである。役所の書類では西暦ではなく、元号を用いなければならないから、これは当然であろう。カレンダーやメモ帳を作成する会社にとっては、改元の直前まで次の元号が分からないというのは、何とも都合が悪いわけだが、元号を決める学者には秘密厳守が求められており、万一漏れた場合には、別の元号が代案として出されることになっている。
 ちまたで噂になっているのは、次の元号にはどんな漢字が用いられるかということである。明治生まれはもうほとんどいないが、大正のT(タ行)、昭和のS(サ行)、平成のH(ハ行)から始まる音は避けられるのは確実だという。
 そうした中で、「安」という漢字が注目されている。戦後初めて首相への個人崇拝という現象が起こり、駅前で日の丸が振られて、頑張れという励ましの言葉が、首相に向かって叫ばれるご時勢である。緊急事態条項を含む憲法改正で、首相命令への絶対服従が義務化されるのであれば、元号に首相の姓の一字が含まれることも、大いにありうるのではないか。
 そこで、過去に「安」が用いられた元号にはどんなものがあるか、また、その時代にどんな出来事があったか調べてみた。弘安四年(1281年)には弘安の役があった。元の皇帝フビライの命令で、元軍14万が九州を襲撃した。康安元年(1361)には康安地震があり、摂津や阿波に津波被害が出ている。これは発生が危惧される南海トラフ巨大地震である。安永八年(1779)には桜島が安永大噴火を起こし、海底噴火による津波や火砕流によって、150名以上の犠牲者が出たという。安政二年(1855)には安政江戸地震が発生した。震源地は東京湾北部と見られ、死者は1万人と推定される。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:33| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする