2018年08月30日

ヨーグルトメーカーで実際に作ってみた

 ヨーグルトメーカーを買って、実際にヨーグルトを作ることにした。そこで考えたのは、どんなヨーグルトを作るかということである。
 最初に気をつけなければならないのは、ヨーグルトの中には、熱処理をして殺菌してしまっているものもあるということ。L-92乳酸菌は菌が死んだ状態の方が、花粉症などに効果があるという。だから、ヨーグルトメーカーで発酵するはずがないのである。
 具体的にヨーグルトを作る方法は、ネットで検索すれば見つかる。ただし、人によって酸味が弱い方がいいか、よく固まっていた方がいいかなど好みが異なるから、微調整は必要である。ヨーグルトメーカーは、初期設定では40度、8時間となっているが、多くの場合、43度8時間が最適のようである。ただし、カスピ海ヨーグルトの場合、27度が最適温度だから、夏場だとエアコンの部屋で、ヨーグルトメーカーなしで作れる。
 実際に作ってみた感想だが、免疫力を高めると言われるR-1が、クリーミーでとてもおいしかった。ピロリ菌退治に効果があると言われるLG21は、酸味が強めだった。ガゼリ菌SP株は、肥満対策にいいらしいが、酸味はあまりなく甘みを感じた。個人的には、R-1が一番好みに合っていた。
 作る際には液体でも固体でもいいが、液体の方が注いでふたをして、揺するだけでいいから簡単だし、雑菌が入る恐れが少ない。固形の物だとスプーンを熱湯消毒しなければならないし、かき混ぜ方が不十分だと、だまができて舌触りが良くない。分身で作り続けると、菌の力が弱まり、よく固まらないし味も落ちる。液体のヨーグルトで毎回作るのがおいしい。もし、費用を節約したければ、小瓶の半分でも1リットル作れる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:27| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

太陽嵐の襲来

 関東地方は一昨日に続いて昨日も、猛烈な雷雨の襲来を受けた。ほとんど絶え間なく夜空が光り続け、凄まじい雷鳴が響き渡り、中小河川の氾濫を招いた。これは猛暑による積乱雲の発達以外に、太陽の活動も影響している。
 太陽から強烈な電磁波を持つ太陽嵐が、地球に襲来していたのである。電気エネルギーである電磁波は、通常では極地方でしか見られないオーロラを、北海道などの低緯度で見せたりする。人工衛星や航空機の飛行に影響し、大規模な停電を起こしたりする。
 電気エネルギーであるから、雷の発生を促し、地磁気にも異常をもたらす。プレートのひずみが限界に達している場合、地底の天然ガスの爆発によって、中規模以上の地震の発生につながる。
 地震発生のメカニズムは複雑で、発生を事前に予知することは難しい。どの地域にひずみがたまって、近い将来大地震の発生が危惧されるかということしか言えない。引き金を引くのが、台風や月の引力、太陽嵐などであり、予知は難しくても、発生に備えることはできる。特に、猛烈な太陽嵐の襲来は、大規模な停電も引き起こすから、電源が止まるだけで爆発してしまう原発は、非常電源の確保を常に怠ってはならない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:13| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

サマータイムには絶対反対!

 サマータイムについて、早朝の時間が有効に使えるからいいなんて理由を挙げる人がいる。東京オリンピックのマラソン競技を、午前5時に行えばいいだけの話なのに。ただ、午前5時だと、交通機関が余り動いていないから、ボランティアを集めるのも困難である。ならば、午前5時を午前7時にしてしまえばいいというのが、サマータイムを推進する側の言い分だろう。
 でも、それって、国民全体が今より2時間早起きさせられるということだ。午前7時でも東京は明るくなったばかりだし、沖縄などはまだ薄暗いだろう。日没は午後9時頃、沖縄は午後10時頃になる。まだ明るいのに退社するのは気が引けるのが日本人だから、結果的に2時間早く起こされて、2時間余計に働かされることになりかねない。さらに、日が暮れて間もない暑い時間に、床につかなければならない。体内時計が狂って、不眠症と過労で倒れる人が続出するだろう。
 2時間も時間を早めるというのも、狂気の沙汰である。サマータイムを実施しているEUでも、1時間早めているだけである。それでも睡眠などの障害が起こり、脳卒中や心筋梗塞など健康リスクが高まるので、サマータイムを廃止する方向で議論が進んでいる。それに逆行するような形でのサマータイムの導入には、絶対に反対である。
 トラブルは人間の健康だけではない。現代社会はコンピューターで制御されている。それを2時間も早めた場合、どんな事態が想定されるだろうか。一部のコンピューターのプログラムが未修正だと、予想外のトラブルが起こりかねない。また、2時間のサマータイムを日本が実施していることを、海外にも周知させなければならない。準備期間が短すぎるのである。
 それだけではない。改元に関する修正も必要な時期であり、直前にならなければ次の元号が発表されないことに、関連する企業はしびれを切らしている。それに追い打ちをかけるように、すべてのプログラムを、サマータイムに合わせることなど不可能だろう。
 たかが運動会のために、日本人の健康が損なわれ、コンピューターのエラーが続出すれば、日本社会が大混乱に陥る危険さえはらんでいる。東京オリンピックで、選手が熱中症で倒れたらどうするというのなら、1964年のように、秋開催に変更すればいいだけの話である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:17| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする