2019年03月05日

元祖鶏ガラチキンラーメン

 朝ドラの『まんぷく』は、日清食品の創業者、安藤百福氏をモデルにしたドラマである。主人公の立花萬平は、幼い頃両親を亡くした日本人という設定のようである。当時の台湾は日本領だったから、確かに国籍上は日本人だったわけだが、台湾出身だったということは伏せられている。
 ただし、安藤百福氏自身、台湾出身であることを語りたがらなかったというから、ドラマの設定としては問題がない。揚げ麺にお湯をかけるというアイデアは、すでに台湾にあったという説もあるが、スープや麺の製造法などを考案した点で、新たに発明したと言っていいだろう。
 ドラマの影響で、チキンラーメンが大いに売れているという。僕も子供の頃によく食べたものだ。お湯をかける前の麺のかけらが、まるでスナック菓子のように味がついていたので、ボリボリ食べたのを覚えている。そこで、数十年ぶりにチキンラーメンを食べてみることにした。
 かけらを食べると、子供の頃のことを思い出した。お湯をかけて3分。麺は細くてするすると口に入る。カップ麺と同じように、お湯で戻しやすくするため、細麺が選ばれたということだろう。スープは上品だがシンプルな味である。
 現在、即席ラーメンは多岐にわたっている。僕は太麺の味噌味が好きなので、ちょっと物足りなさを感じた。冷凍食品の麺なら、こしはそのままに、電子レンジですぐに具入りのラーメンが食べられる。随分進化したものだが、即席ラーメンの原点を思い出させてくれた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:26| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成世相歌留多(ePub)

 カルタとはポルトガル語のcartaに由来し、本来はトランプを含めた広義のカードを言います。キリスト教が伝来した頃、西欧人が遊ぶゲームを見て、国産のトランプ「天正かるた」が作られました。その後、百人一首や花札など、日本独自の物が考案されました。
 子供の頃に遊ぶ「いろはかるた」は、「犬棒かるた」の名で親しまれていますが、遊びとともにことわざを覚えさせる意図があります。平成の世もいよいよ終わりが近づいてきたことから、今の世相を風刺したカルタを作ってみました。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
carta.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:27| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

不適切動画の投稿(2)

 では、不適切動画の投稿はどうして起こったのか。YouTubeなどの動画投稿では、再生数を競い合い、より多くの視聴者を獲得した投稿者は、再生数に応じた広告費が得られたり、有名人になったような満足感が得られる。本来なら、人を感動させる動画を投稿すればいいわけだが、不適切動画を投稿することで、騒ぎを起こす愉快犯のような、倒錯した自己満足を得ているのだろう。
 ただ、アルバイトで問題を起こす若者が働く環境というものも考える必要がある。低賃金で長時間労働を強いられ、休みも自由に取らしてもらえない、いわゆるブラックバイトが問題になっている。経営者に対する鬱積した不満が、不適切動画の投稿を引き起こす背景にあるのではないか。
 飲食店で調理を行うのは、本来なら調理師免許を持ったプロのはずである。アルバイトの若者が厨房に入っても、野菜の皮を剥いたり、皿に盛るなどの単純作業のみに限るべきで、魚をおろしたり、肉を調理したりは調理師が行う仕事である。免許のない若者に、客に出す料理を調理させるのは、グレーな行為なのではないか。
 不適切動画の問題を解決する方法の一つとして、厨房をガラス張りにして、客の目にさらすという方法がある。どのように調理されているか見ることは、料理を食べる客にとっても関心あることである。ただ、安価で料理を提供しているチェーン店では、アルバイトの若者に調理させている実態を、客に見せることには抵抗があるだろう。プロの料理を期待して訪れた客に対し、アルバイトの若者が作った物を出すという点で、経営側の倫理観も問われるだろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 16:46| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする