2017年03月25日

地球最後の日を生きる

 地球最後の日と言うと、太陽が水素を使い果たして、ヘリウムを燃焼させる段階で、巨大化した太陽に呑み込まれる話かと思ったら、そういうことではなかった。「人類最後の日」というタイトルの方が正確なのではないか。
 これは、Amazonプライムで見られるドキュメンタリー番組の総称である。第1話「ゾンビと化した人類」は、狂犬病が感染力を増して、人類を含むあらゆる哺乳類に感染するようになった場合の話。狂犬病に感染した人間は、幻覚を見るようになり、野獣のごとく暴れ回って息絶える。これ以外にも、エボラ出血熱やサーズのような病気が、人類を危機にさらすかもしれない。
 第2話「ナノ・テクノロジーの反乱」は、目に見えない大きさのロボットが開発され、それが悪意ある技術者によって改造される恐怖について描いている。生物のように自己増殖する機能が与えられていた場合、それを根絶することは、いかに困難であるかが述べられている。
 第3話「水が敵となる」では、小惑星が月に衝突し、大量の水が地球の周りに円盤を形成し、大量の雨を降らせ続ける話。最終的には、地球の陸地すべてが水没してしまう。「ノアの箱舟」の話のように、水が引いて陸地がふたたび姿を現すことない。生き残る道としては、津波の衝撃にも耐えられる水上都市の建設が挙げられている。
 第4話「モンスター・ストーム」では、日本の沖合で採掘されていたメタンハイドレートの採掘場で、大量のメタンガスが一度に噴出して、一気に温暖化が加速した場合を想定している。猛烈な嵐が世界各地を襲うようになり、上昇する海面で多くの都市が水没する。
 第5話「火山一斉噴火」では、ビックバンの時にできた、ごく小さい原始ブラックホールが、地球を貫通した場合に、衝撃波が世界中の火山のマグマだまりを震わせ、火山の一斉噴火をもたらすという話である。イエローストーンをはじめとする超巨大火山が、二つ以上破局噴火した場合、火山の冬が訪れて、地上の植物は枯れ果て、数十年間もシェルターで生活しなければならなくなる。当然のことながら、生き残れるのは全人口の1%以下だろう。
 第6話「氷の惑星」では、暗黒物質の影響で地球が現在の軌道を離れていった場合、気温が急速に低下していき、動植物の多くが死に絶える。一部の人間は地下のシェルターで生き残る。地球の内部に潜む地熱を利用するのだという。ただ、酸素や窒素も液体化するほど気温が下がると、さすがに生き残るのは難しいのではないか。
 ここでは挙げられていないが、破局噴火が原子力発電所の多くを破壊し、核爆発を起こした場合に、大量の放射能が全地球に拡散されることも考慮に入れるべきではないか。戦争で原子力発電所が破壊される場合なども、人類は想定しなければならない。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:25| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

日本人よ、目を覚ませ!

 昨日の朝、出勤の駅で跨線橋を急いでいると、バタンと大きな音がした。振り返ると、サラリーマンが床に倒れていた。駅員がすぐに駆けつけたが、一向に反応がない。突然、意識を失って倒れる人が増えている。原因は分からない。噂によれば、ストロンチウムが脳内に蓄積すると、意識消失が起こるのだとか。
 外国人にとって、日本人はどこでも眠る民族だそうだ。帰宅時の電車の椅子でも、座っている人の多くは眠っている。以前は酒を飲んで、道ばたで引っ繰り返っている人がいたが、今では店の中でも歩道でも、車道の真ん中でも人が引っ繰り返る。幸い、自分が意識を消失するのは、自宅の椅子に座っている時である。足が痺れてたまらないので、横になるとうたた寝してしまった。すると、猫がそばに寄ってきた。

 床に臥し猫が添い寝の彼岸かな

 一句詠んだところで、いい気分になったのも束の間、「テロ等準備罪」の名目で、昭和の悪法「治安維持法」が、テロ対策の名でよみがえろうとしている。しかも、テロ対策とは口実に過ぎず、著作権法違反、スピード違反など、テロとは全く関係ない項目でも、複数の人間が語り合えば、取り締まり対象だそうだ。「羊頭狗肉」である。人気漫画の主人公を二次創作で使っても検挙されるなら、コミケの同人誌も廃刊だろう。著作権が切れていない歌詞の載ったブログを、Twitterでツイートしたら、著作権法違反を共謀したとして、取り締まりの対象となるのか。「治安維持法」では、社会変革を願う詩人も、暴力革命を計画したと濡れ衣を着せられ、監獄に閉じ込められた。
 いつだったか、友人とレンタカーを割り勘したグループが、白タクを共謀したとして逮捕された。それは社会運動をしている人たちだった。オウム真理教による地下鉄サリン事件が発生した当時、信者たちは散歩で駐車場に入っただけで不法侵入、カバンにカッターナイフが入っていただけで、銃刀法違反で逮捕された。「テロ等準備罪」の名目によって、300近い罪種で警察に不法逮捕の武器を与えてはいけない。これじゃ、おちおちうたた寝もしていられない。

 言論の自由蝕む共謀罪 心の中も土足で捜査か

 でも、よく考えてみれば、『日本国憲法』では「言論の自由」が保障されている。「秘密保護法」や「集団的自衛権」などの憲法違反の法律を強行採決した政権が、私たちの心の中まで取り締まりの対象にしようとしているのだ。これは昭和の悪法「治安維持法」のよみがえりにほかならない。
 黙っているのは、憲法違反を強行採決で立法化する与党に、無抵抗で服従することである。国有地がただ同然で、お友達に払い下げられても、検察は内閣に遠慮して動こうとしない。無言の圧力から「忖度」しているのだろう。政府批判をする個人も、警察がお上の意向を「忖度」して取り締まる危機が迫っている。「日本人よ、目を覚ませ!」

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:22| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

RiUP X5 PLUS

 男性の多くの悩みは脱毛である。早い人間は20代から抜け始める。原因は男性ホルモンの過剰とか言われる。人口爆発しないように、性欲が強い人間の魅力を落とすためだとか? 遺伝性だから父親の髪を見れば、将来の自分の姿が想像できる。とはいっても、男性ホルモンが強い人間が必ず薄毛になるかというと、一概には言えない。体毛が多くても、セックスが強くても、髪の毛がいつまでもふさふさの男性はいる。
 男性ホルモンが強いと、頭皮の皮脂の分泌も過剰になる。たとえ、毎日洗髪していても、皮脂はたまっている可能性がある。2回洗ってもなかなか取れない。サウナに入ると、皮脂がにじみ出てくるのが分かる。友人から聞いたのだが、スーパー銭湯に行ったら、上がる前にもう一度洗髪するそうだ。体が十分に温まっているから、しつこい皮脂も取ることができる。マッサージ用のブラシや、皮脂を取るためのクレイなんかも有効だろう。
 発毛促進剤もいろいろ使ってきて、少し高いのを使っても大して効き目がないから、気休めで安いのを使っていたら、とうとうやばい感じになってきた。今までは短髪にしたら目立たなかったが、これ以上進んだら坊主にするしかない。そこで、医薬品のRiUPに手を出すことにした。副作用があると言うから、とりあえず1倍の強さのものを、1年近く使ってみた。脱毛は止まったが、増毛の方はやや不満が残った。そこで意を決して、RiUP X5 PLUS、5倍の濃さのRiUPを使ってみた。
 購入する際に血圧について聞かれた。高血圧や低血圧の人は、使用を控えた方がいいとのこと。とりあえず、使ってみた感じは、1倍のRiUPを使ってきたからかもしれないが、発毛効果がすぐに認められた。これは効く! ただ、血圧は確かに上がった。長期間使うのは避けた方がいいようだ。増毛効果を実感したところで、元の1倍のRiUPに戻そうと思っている。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:02| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする