2020年06月17日

Echo Studioが来た(2)

 設定はスマホやiPod-touchから、Alexaのアプリで行う。数分程度であっけなく終わってしまった。電源スイッチがないから、電源を落としたいときはコンセントを抜く。ニュースや天気予報を聞いたり、Alexaとおしゃべりしたり、家電の操作などもできるのだが、僕自身の用途はやはり音楽を聴くことである。
 Alexaに話しかけ、聴きたい音楽のアーティストとアルバムを言えば、再生してくれるはずだが、初めのうちは日本語で楽曲を言っても、反応がいま一つだった。歯切れが悪いと聞きとれないらしい。英語の楽曲ではなおさら、英語らしく発音しないと、楽曲を探し出すことができない。以前検索できた曲でも見つからないときがある。異なる曲が再生されてしまったら、「Alexa、音楽を止めて」と言えばいい。曲を細かく指定されるより、アーティストの曲をランダムで再生する方が得意のようだ。曲名が知りたいときは、Alexaに尋ねれば教えてくれる。
 アーティストのアルバムを検索して、楽器の音色まで聞き取りたければ、パソコンにDACをつなげて排他モードで聴く方がいい。何かの作業をしながら聴いたり、家族と一緒に楽しむには、Echo Studioは最適である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:01| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

Echo Studioが来た(1)

 Amazon Music HDに登録して、パソコンに外付けDACで聴いていたら、Echo Studioという3D対応のスピーカーが推奨されていた。最高音質と書かれているので、とりあえずほしいものに登録しておいた。Amazonにアクセスしたら、タイムサービスで2割引になっていたので、買ってみることにした。
 一つのボディーの中に、5つのスピーカーが入っている。この機能を活かすには、AMAZON MUSIC HDでハイレゾや3Dの音楽を聴くしかない。料金体系を見ると、Echo単体なら380円で格安だが、これはAmazon Music Unlimitedの料金なので、再生されるのは非可逆圧縮の音質である。CD音質やハイレゾで聴きたいなら、毎月1,980円(プライム会員なら1,780円)を払っていくことになる。プライム会員であるなら、1年分まとめて払えば2ヶ月分安くなるが。
 スピーカーの場合、ある程度以上大きな音を出さないと、本来の性能が発揮できない。家族がいて音量をしぼらなくてはならないときは、ヘッドフォンで聴いた方が音楽の世界に没入できる。5つのスピーカーが付属しているとはいえ、一つのボディーに内蔵されているため、音が小さいと一方向から聞こえてくるという印象が強い。音楽への没入感を味わいたいなら、「Alexa、3Dの音楽が聴きたい」と呼びかければいい。音楽のジャンルも指定できる。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:45| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

Amazon Music HDを使用してみた

 Amazon Music HDはハイレゾのストリーミングサービスで、携帯端末にダウンロードもできる。ただし、暗号化されているから、一定期間ネットに接続しないと、オフラインでは再生されない。料金は月額1980円で、僕のようなプライム会員なら、1780円となり、1年分前払いすれば、17800円で2ヶ月分無料となる。30日間無料で体験できるので、試しにやってみることにした。
 利用するにはAmazon Musicのソフトウェアをインストールする必要がある。ハイレゾで聴くためには、パソコンのサウンドカードがハイレゾに対応しているか、USB接続するDACを用意することになる。
 自分のパソコンは、48kHz/24bitまでしか対応していないから、DACを接続してAmazon Musicを起動してみた。ソフトウェアの側では、楽曲のダウンロード先を設定しておく方がいい。デフォルトではCドライブにダウンロードされるので、ハードディスクが圧迫されてしまう恐れがある。
 DACにヘッドフォンをつないだら、難なく音が出た。CD音質やハイレゾの音質なので、それなりにいい音がすると思ったが、ハイレゾのファイルでも48kHz/24bitでしか再生されていない。DACの設定があるらしいのに、Amazon Musicをいじっても出てこない。
 実はWindowsの側で、サウンドをDACからの出力に変更しなければならないのである。DACのサウンドを192Khz/24bitに設定をした後、Amazon Musicを立ち上げると、右下に「対応可能な端末」という設定が現れる。そこをクリックすると、外付けのDACが選択されている。排他モードを選択すると、音色に透明さが増した。
 本来のハイレゾはULTRA HDと表示されるが、全体のごく一部でしかない。HDと表示されているのはCD音質である。とはいえ、これだけの楽曲を好きなだけ聴けるのは魅力である。廃盤になったCDも、mp3ではなくCD音質で聴ける点もうれしい。音質にこだわるユーザーにも魅力的なサービスである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:51| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする