2018年08月07日

アート・ブレーキーの《チュニジアの夜》

 正確にはアート・ブレーキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズによる演奏で、ドラムはアートブレーキー、テナー・サックスはウェィン・ショーター、トランペットはリー・モーガンが担当している。アート・ブレーキーの最高のドラム演奏が聴ける。
 個人的な印象としては、ドラム、ベース、ピアノ、サックスまたはトランペットというふうに、ジャズの演奏の多くでは、どの楽器が前面に出るかという意味で、ヒエラルキーが存在するように思える。その意味では、ドラムは裏方に徹することが多い。
 ところが、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの「チュニジアの夜」では、ヒエラルキーが引っ繰り返り、アート・ブレーキーのドラムが前面に出る。和太鼓のようにほとんどドラムのリズムだけで、呪術的な迫力のある演奏をベースとピアノが下支えしている。そこに、ウェィン・ショーターのテナー・サックスとリー・モーガンのトランペットが警笛のように響き渡る。
 1曲目の「チュニジアの夜」が圧巻なのだが、2曲目の「シンシアリー・ダイアナ」では、サックスとトランペットによるスリリングな世界が展開する。
 3曲目の「ソー・タイアード」はくたくたといった意味だが、斜に構えた感じで、夜の時間になると、たちまち元気になる若者の姿を表しているのだろうか。
 4曲目の「ヤマ」は憂愁が漂うメロディー。このアルバムの中ではもっとも静かな曲で、ピアノの演奏に続くリー・モーガンの高らかに吹くトランペットの響きが印象的である。
 5曲目は「小僧のワルツ」。アート・ブレーキーのドラム、次いで、ベース、トランペット、テナー・サックスと続く。親日家だったアート・ブレーキーは、題名に「小僧」という日本語の入った曲を選んだ。親分が子分である小僧に、見せ場を与えてやったという感じ。「チュニジアの夜」に次いで、意識の高揚を感じさせる演奏である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

MQA-CDのリッピング(5)

 MQA-CDをリッピングし、拡張子の部分を.mqa.flacに変更することで、パイオニアの携帯プレーヤーなどは、mqaの折りたたまれた音もデコードしてくれるようだが、ソニーの製品ではそれだけではだめらしい。リッピングしたファイルが、ウォークマンではMQAファイルに分類されないからである。それはコーデックやサンプリング周波数のタグが、リッピングしたままでは含まれていないためである。ハイレゾとして表示されないということは、mqaの部分がデコードされているか、定かではない。
 実は、当初は自分もそれに気づかずに、音質の良さに満足していたのだが、UltimateHQCDの音質に感動していただけのことだった。タグを打って再生させたMQA-CDの音は、卒倒するほど素晴らしく、演奏の現場に行かなければ聞けない音だった。サンプリング周波数352kHzとCDの44.1kHzでは、桁違いに音質が異なるのである。
 以下に述べる方法を取れば、MQA-CDからリッピングした曲は、ウォークマンでハイレゾとして分類され、最高級の音質で確実に鑑賞できる。タグを打ち込むのは少々面倒であるが、以下に手順を述べることにする。
 まず、タグを編集するソフトウェアが必要である。フリーのプレーヤーでタグの編集もできるのは、foobar2000(https://www.foobar2000.org/)である。ダウンロードしてインストールしておく。
 foobar2000を起動し file→Add folderで、リッピングしたMQA-CDのアルバムを選択する。アルバムのすべての曲を選択したら、Library→Configure→Preference Advanced→Display→Properties dialog→Standard fieldsをクリックし、<ORIGINALSAMPLERATE>=%ORIGINALSAMPLERATE%;<ENCODER>=%ENCODER%の記述があるかどうか確認し、ない場合には追加する。
 次に、ふたたびアルバムのすべての曲を選択し、右クリックでPropertiesを開く。Toolsをクリックした後、Add new fieldもクリックし、Field nameにORIGINALSAMPLERATEと打ち込む。このとき、不要なスペースが入らないように注意する。現れたORIGINALSAMPLERATEの項目に、MQA-CDのサンプル周波数を打ち込む。ユニバーサルのCDの場合、アルバムの大半は352800である。
 今と同じように、Toolsをクリックした後、Add new fieldもクリックし、Field nameにENCODERと打ち込み、 現れたENCODERの項目にはMQAEncoderと打ち込む。
 これで、タグを編集する作業は終わったので、ウォークマンを接続し、本体の中の古いファイル(タグが打ち込まれていないアルバム)を削除し、改めて、タグを打ち込んだアルバムをウォークマンに転送する。作業が成功していれば、MQA-CDからリッピングしたアルバムも、ハイレゾに分類されているはずである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 16:27| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

DSDとMQA-CD

 ハイレゾにはPCM音源とDSD音源がある。アナログのLPに近いと言われるのは、DSDの方であり、僕自身もかつてはDSDをもっぱらダウンロードしてきた。重厚な音を出すので、高級なオーディオに接続すると、本領を発揮するのではないか。WALKMANで再生し、ハイレゾ対応のイヤフォンでも楽しめる。ただ、僕の印象では、とにかく濃い音なのである。リアルではあるが、耳への負担が大きい気がする。
 それに対して、MQA-CDの音は、CDの音に周波数の高い音が付加されているが、CD内に収納されているため、情報量としてはCDとさほど変わらない。人間の耳が鈍感なノイズを削って、敏感な周波数の音をCDに挿入しているので、ハイレゾとして認識されるのである。また、音のにじみが少ないため、透明性の高い音として認識されるという。
 僕はMQA-CDを絶賛しているのである。情報量がCDと余り変わらないなら、ハイレゾではないのではないか、ハイレゾのように耳を錯覚させているのではないかという批判は、誤ってはいないと思うが、耳への負担がそれほど大きくないのに、鮮明な立体感を実現しているMQA-CDが、ワーナー以外のレーベルでも発売されることを、今から期待しているのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:17| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする