2019年03月19日

nano iDSD BLACK LABELを買った(1)

 オーディオにはまると、きりがなくなる。舌が肥えるのと同じで、いい音を聴いてしまうと、それまで聴いていた音質では満足できなくなる。ウォークマンを買ってからは、mp3などの不可逆圧縮のファイルは聴く気がしなくなった。
 MQA-CDをウォークマンで聴いてからは、ジャズ関連のMQA-CDを買いあさった。MQAといっても、音楽配信サイトのファイルは96kHzだから、MQA-CDの352.8KHzの音と比べると、同じMQAでも物足りなさを感じた。音は鮮明だけれども、ダイナミックな力と鮮烈な印象は弱い。
 さて、ウォークマンでもMQAをフルデコードできるので、一応満足していたのだが、パソコンからMQAを出力してみたくなった。また、ウォークマンはCD音質を176.4kHzにアップサンプリングしてくれるのだが、もっといい音で聴きたいと思った。そこで、とりあえず、Audirvana Plus(https://audirvana.com/)をダウンロードして、コルグのDS-DAC-100mで聴いてみた。これはCD音質をDSD5.6MHz(DSD128)にまでアップサンプリングしてくれる。PCMは音が尖っているのだが、DSDは真空管で出した音のようにまろやかで、魂にぐっとくるような音が出る。痺れるような音になるのだ。DSDにはさらに11.2MHz(DSD256)もあり、僕にとっては未体験領域だった。
 ただ、コルグのDS-DAC-100mはMQAに対応していない。Audirvana Plusではコアの88.2kHzまでしかデコードできない。いい音ではあるが、フルデコードの音と比較すると、奥行きも深みも足りない。そこで、MQAに対応したレンダラーを探していたら、iFiのnano iDSD BLACK LABELの評価が高いことが分かった。値段と評判を考えると、これがベストだろうと考えて、購入することにした。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:43| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

『ビーバップ Bebopとその周辺』(ePub)

 ビーバップBebopとは、1940年代に起こったジャズのスタイルで、神業とも思える速さで原曲をアレンジし、即興演奏するジャズの一派です。チャーリー・パーカーをはじめとするミュージシャンのアルバムについて、恣意的な好みで選んだエッセイ集です。これを読んで好きなアルバムを、ぜひ見つけて下さい。
 以下のリンクからダウンロードできます。
Bebop.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。
 

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:45| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

Audirvana Plusを購入した

 Audirvana Plus(https://audirvana.com/)の試用期限が近づいたので、結局、購入することにした。74ドルで日本円だと8,634円もした。ちょっと高すぎるが、音質がプロ仕様なんだからしょうがないか。カードで支払いを済ますと、キーが送られてくるので、それを入力すると正規版になる。
 試用中に一度アップデートしたら、CDの音をDSDに変換できるようになった。バグが修正されたのだろうか。DSD 2.8MHz(DSD64)はSACDの音質で、PCMの176.4kHzに相当する。DSD 5.6MHz(DSD128)はPCMの352.8kHzに相当し、僕が今はまっているMQA-CDの音質とほぼ同じである。DSDにはさらに、DSD 11.2Mhz(DSD256)があり、PCMだと705.6kHzに相当するが、僕が持っているコルグのDS-DAC-100mでは再生できない。
 以前、PCM176.4kHzにアップサンプリングする方法を紹介した。CDがこれほど鮮明な音になるかと驚いたものだ。でも、DSD 5.6MHzに変換した方が断然いい。単純に考えれば、アップサンプリングの周波数が上なのだから、当たり前なのだが、PCMとDSDという音の性質の違いもあるようだ。
 鮮明さではPCMの方がまさっている。ただ、尖ったような音をしている。DSDだとまろやかで、魂にぐっとくる音になる。デジタルというより、アナログや真空管を通したような音になる。どちらがいいかは、聴く音楽のジャンルや好みに左右されるだろうが。
 なお、Audirvana Plusを安定して動かすには、曲は再生の始めにメモリに読み込ませるようにした方がいい。そのためには大量のメモリが必要となる。メモリは8ギガぐらいあった方がいい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:13| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする