2018年05月06日

ジャズを手軽にいい音で聴こう!

 ジャズが好きだが、高価なオーディオを買う余裕がないなら、ソニーのAシリーズ16ギガを買って、SanDisk microSDXC ULTRA 64GBのマイクロSDを挿入し、全容量を80ギガにする。もし高価なイヤフォンやヘッドフォンを持っているなら、ノイズキャンセルのイヤフォンなしの型だと5000円安く買える。CDをflac形式で入れハイレゾ対応のイヤフォンで聴く。CDがハイレゾ並みに。しびれるほどいい音に。息づかいやアーティストの魂も伝わってくる。今まではメロディーしか聴いていなかった。mp3は金メッキだったな。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:06| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

SONYのWALKMANを買った(4)

 その他、iPhoneやiPod touchと違って、音楽を楽しむことに特化されているので、さまざまなアプリを使うことはできないが、FMラジオの機能がついている。緊急のニュースなどを、いつでも聞けるということだ。ただ、イヤフォンをアンテナ代わりにするので、受信が不安定だし、音楽を聴く場合などは、音質はあくまでラジオなので、MP3よりも劣っている。これはおまけの機能だと割切った方がいい。
 Bluetooth機器との接続できるので、ワイヤレスのヘッドフォンとの連携もできる。これについては、音質を重視するなら有線で接続すべきだろう。付属のノイズキャンセリングも、飛行機の中で音楽を聴くには必須だが、周囲の音が聞こえないと、かえって困ることも多い。ノイズキャンセリング自体、周囲の音を打ち消す雑音を発する技術だから、静かなところなら不要だし、かえって音質劣化を招きかねない。
 もし1万円以上のイヤフォンやヘッドフォンを愛用しているなら、ノイズキャンセリングのイヤフォンのついていない型番を選び、ノイズキャンセリング機能をオフにして使うというのも選択の一つである。オーディオ機器からの録音機能もついているが、これはラジオ番組などを、ウォークマンに保存するのに役立つ。
 本体は非常に傷つきやすいので、購入後ただちに表面に保護シールを貼り、ケースに入れるようにした方がいい。爪が当たっただけでも、画面に細かな傷がついてしまうので。落とすのが心配なら、ストラップで首から提げるようにすればいい。
 保護するケースに関してだが、本体に密着する軽い物を選んだ。手帳型のケースにはマグネット(磁石)がついている。マグネットは音質に影響する。これがプラスに働くか、マイナスに働くかは不明である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:45| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

SONYのWALKMANを買った(3)

 ソニーのウォークマンが優れているのは、音質だけではない。パソコンの音楽ファイルをデジタル出力し、ウォークマンの音質にアツプサンプリングするDACの役割も果たすのである。パソコンのファィルを再生する際は、Sony USB Device Driver(https://www.sony.jp/support/walkman/download/driver_usbdac/)というドライバーをインストールしておく必要がある。パソコン側のプレーヤーは、asioに対応しているものなら動くが、ソニーのMusic Center for PC(https://musiccenter.sony.net/ja/)に最適化されている。余りに多数のファイルを自動で登録することは、ファイルを管理する上ではお勧めできない。パソコンのメモリが不足して、雑音が混じる原因ともなるので。ハイレゾか、CD音質以上のものだけを、手動で登録して管理した方がいい。
 その他、ハイレゾでストリーミング配信しているPRIMESEAT(https://primeseat.net/ja/)の場合も、ドライバーを指定すれば聴くことができる。また、CD並みの容量でハイレゾを再生するというmqaファイルにも対応している。mqaについては、拡張子がflacやaifとなっているので注意「.mqa.flac」や「.mqa.aif」というふうに、拡張子の前に「.mqa」をつけることで、動作のもたつきを防ぐことができる。MQA-CDについては、以下のページ(https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1050261.html)に詳しい。
 パソコンにいちいち取り込まずに、CDをハイレゾ化しながら聴くには、Music Center for PCの「設定」で「CD取り込み・再生」の項目において、「自動的にCDを再生する」にチェックを入れるだけ。ウォークマンをパソコン本体に接続したらDAC機能に切り替え、パソコンにCDを挿入すればいい。これでウォークマンで設定した通りにCDがアップサンプリングされて再生される。コンサート会場やクラブ風にしたり、仮想のアンプを加えたりで、ものすごい迫真性になる。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:01| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする