2019年09月15日

MQAにまつわる謎(3)

 MQAはハイレゾの音がしながら、容量が少ない。MQA-CDは普通の機器だと、44.1KHz/16bitで再生されるが、MQAに対応した機器だと、折りたたまれた部分がデコードされ、176.4kHZ/24bitや352.8kHz/24bitで再生される。もともと192kHzのデジタルデータが、176.4KHZにダウンサンプリングされて、MQA-CDに収録されたりするのはなぜか。
 ようやく、MQAの仕組みが理解できた。MQA-CDには44.1KHz/16bitのデータとともに、ハイレゾデータの高音部のみが折りたたまれて収録されている。MQA対応機器では、44.1KHzのデータを整数倍にアップサンプリングし、折りたたまれた高音部と合体する。同時に16bitのデータを補完して24bitにする。
 ネットで配信されているMQAファイルは、44.1KHz/16bitで再生する必要がないので、本来の24bitのファイルであるが、内部でアップサンプリングを行っている点では、MQA-CDと同じである。
 きめの細かさでは、本来の24bitで配信しているファイルの方が音がきれいだろう。ただ、MQA-CDが352.8KHzの場合には、16bitから24bitに補完されていても、今まで聴いたことがない高音質に聞こえるだろう。MQA-CDがUHQCDの高品質の素材を使っていることも、高音質に聞こえる要因と考えられる。
 何だ、CDの音をアップサンプリングして、折りたたんだ高音部とくっつけ、16bitを24bitに補完していたのかと、音楽マニアから失望の声が上がりそうだが、MQAは高音質に聞こえるファイルを扱いやすい容量で配信できるわけだし、人間の耳に快く聞こえるなら問題はないのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:26| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

Windows10で手軽にCD音源をハイレゾ化する方法

 本格的にハイレゾを聴くには、外付けのDACとハイレゾのアルバムを買わなければならないので、かなりコストがかかるのだが、お金をかけずに、CD音源をハイレゾ化して聴く方法を紹介する。
 まず、手元のCDを可逆音質のflacで圧縮して保存しておく。次に、ソニーの無料プレーヤーMusic Center for PC(https://musiccenter.sony.net/ja/instruction/inst013.php)をインストールする。Music Center for PCでもCDのflacへの変換は可能である。
 Windows10で「WASAPI排他モード」の設定を行う。カーネルミキサーを通さないため、音楽本来の音が再生できるようになる。サウンド設定のタブで、「規定のデバイス」の「プロパティ」から「詳細」を選択し、24ビット 192000Hzに指定する。詳しくは以下のページ(https://aprico-media.com/posts/2557)を参照。
 WASAPI排他モードの設定が終わったら、Music Center for PCの「オーディオ出力」を「WASAPI排他モード」にし、「DSEE HX」を有効にして、実際に音楽を再生してみよう。
 ただし、この設定によって、一部のソフトウェアで音声が再生できなくなる可能性がある。その場合には、ハイレゾの鑑賞が終わったら、その都度、設定を元に戻す必要がある。自分の環境では、ブラウザを通したネットの音楽やビデオの鑑賞で、支障は生じていない。Windowを再起動して「WASAPI排他モード」が元に戻ってしまう場合には、再度設定するしかない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:03| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

『ビーバップとその周辺』(pdf)

 ビーバップBebopとは、1940年代に起こったジャズのスタイルで、神業とも思える速さで原曲をアレンジし、即興演奏するジャズの一派です。チャーリー・パーカーをはじめとするミュージシャンのアルバムについて、恣意的な好みで選んだエッセイ集です。これを読んで好きなアルバムを、ぜひ見つけて下さい。今回パソコンですぐに開けるpdf形式でアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードできます。
Bebop.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Media→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:25| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする