2019年03月26日

ヘッドフォンのパッド交換

 nano iDSD BLACK LABELを買ってから、パソコンで音楽を聴くことが多くなった。外でならウォークマンにイヤフォンが手軽だが、じっくり音楽を味わうには、ヘッドフォンの方がいい。ソニーのMDR-1RMK2がこんないい音を出せたのかと、見直すようになった。
 とはいえ、数年前に買った物で、ヘッドフォンのイヤーパッドとヘッドバンドがぼろぼろになっている。自分のだけかと思っていたら、他の人も悩んでいた。でも、いい音を出しているのだから、買い換えるのももったいない。そこでネットで検索したら、交換用のイヤーパッドや、ヘッドバンドのカバーを売ってることが分かった。
 ただし、ソニーの正規品は高価である。他の業者が出しているもので、互換性のある物を見つけた。 Geekria Direct JPという業者が出しているReplacement Earpad for Sony MDR-1R, MDR-1RNC Headphone Ear Padと、同社が出しているヘッドバンドカバーである。
 注文して届いたので、早速交換してみることにした。イヤーパッドの中に黄色い棒が入っている。それを元のヘッドフォンとイヤーパッドの間に差し入れて、少しずつ外していくのである。外したら内側のプラスチックの枠を外し、新しいイヤーパッドに挟み込む。小さくて入らないようだが、伸縮性があるので、引っ張ればはめることができる。その際、上下や左右を間違えないように。詳しくは以下の動画(https://youtu.be/vkT63nQBHYM )を見るといい。
 一方、ヘッドバンドカバーの方は、元のヘッドバンドはそのままにして、上からジッパーを外側にしてかぶせていく。こちらもかなり小さいので、伸縮性のある布を引き延ばす必要がある。ジッパーをはめるのが一苦労だった。もう少し余裕のある作りでもよかったのではないか。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:22| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

nano iDSD BLACK LABELを買った(3)

 肝心の音質であるが、ネットでの評判に違わず申し分ない。高級オーディオの音を出している。パワーがあるので、ハイレゾ対応のヘッドフォンで聴くといい。イヤフォンだとこの深みとダイナミックな音質を生かし切れない。無理に音を大きくすると、耳を痛めてしまうだろう。ウォークマンもあの小さな端末で、かなり頑張っていると思うのだが、消費電力が限られているから、パソコンとDACの連携にはかなわない。
 フルデコードしたMQAの音質は、ウォークマンとほぼ同じだが、深みとダイナミズムではるかにまさっている。高価なオーディオ・システム以外で、MQAの特質を最大限に引き出すには、パソコンのソフトウェアとレンダラーを連携させる必要がある。
 CDの音も11.2Mhz(DSD256)にアップサンプリングすると、これまた今まで聴いたことがない素晴らしい音になった。特に録音状態がいいアルバムでは、その効果は絶大である。こんなにいい音に変化するなら、リマスターしたCDで十分である。DSD5.6MHz(DSD128)も素晴らしいと思ったが、こちらは数倍も上である。
 なお、11.2Mhz(DSD256)へのアップサンプリングはパソコンにとっては過酷であり、CPUもメモリも8割以上、Audirvana Plusが占領してしまっている。メモリを8ギガ積んでいてもである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

nano iDSD BLACK LABELを買った(2)

 nano iDSD BLACK LABELが届いたので、箱を開けてみた。小ささに驚いた。厚みはあるけれども、大きさはコルグのDS-DAC-100mの半分しかない。コンパクトな筐体の中に最新の技術が詰まっているらしい。
 さて、梱包されていたのは本体とコード類、本体を入れる袋と英語の説明書。日本語の説明書はない。iFi-audio.jp(http://ifi-audio.jp/)のページを見てくれということらしい。ただ、機能や注意事項は英語の説明書の方が詳しい。海外の製品を買う場合は、やはり英語が読めた方がいい。
 慣れれば直観的に扱える。Windowsで使う場合は、あらかじめドライバーを上記のページからダウンロードしておく。対応しているのはWindows8.1以上である。nano iDSD BLACK LABELを接続してスイッチをonにしてから、ドライバーをインストールすること。これに関しては、ダウンロードするページに注意書きが書いてある。
 インストールが終わったので、早速使ってみることにした。Audirvana Plus(https://audirvana.com/)を立ち上げ、ドライバーは
iFiを選択し、MQAを自動で探知に、DACはレンダラーに設定しておく。アップサンプリングはDSDの11.2MHz(DSD256)まで可能となった。設定の切り替えをするときは、いったんライブラリーに戻ってからにすること。戻らずに選択すると、フリーズするかもしれない。また、異なる種類のファイルを再生するときは、冒頭に雑音が発生することがある。その場合には、いったんAudirvana Plusを終了してから、設定を切り替えて再生すればいい。
 フィルターにはMeasureとListenがある。通常は音楽鑑賞に最適化されたListenを選択する。音質の測定を行ったりする場合には、Measureを選択する。ヘッドフォンの差し込み口も二種類ある。そのままの音を聴くならDirect、雑音が気になる場合には、iEMatchに差し込む。それ以外に、3.5mmのラインアウトがついている。ボリュームの調節もnano iDSD BLACK LABELで行う。ランプは再生されるファイルの種類によって異なる。例えば、MQAがデコードされているときは、紫色のランプがつく。これに関しては、英語の説明書に詳しく書いてある。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:37| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする