2017年08月06日

御嶽は神々を祀る杜(4)

 これと異なるのがユタである。こちらは民間のシャーマンで、死者の霊を呼び出す口寄せを行う。恐山のイタコのような存在だが、男性がなる場合もあった。琉球王国が滅亡した後も、ユタの口寄せはよく行われている。島の女たちは働き者だが、夫が泡盛飲んで三線(さんしん)弾くばかりで、ろくに働かなければ、心の救いを求めてユタの口寄せに夢中になる。
 祝女による祭祀は、琉球王国の滅亡に伴い廃れていったのだが、第二次大戦後しばらく保たれていたのが、ここ久高島である。かつては琉球国王と聞得大君が、島に渡って礼拝していたが、後に斎場御嶽から久高島を遥拝する形に簡略化された。
 なぜそれほど久高島が重視されたか。それは琉球神話では、開闢神のあまみきょが久高島に降りてきて国作りを始めたとされるからである。本土の記紀で説かれる伊弉冉尊(いざなみのみこと)や淡路島のことを頭に入れておけば、イメージがつかみやすいのではないか。
 三十歳を越えた既婚女性は、祝女になるのがしきたりだった。十二年に一回午年の旧暦十一月に、イザイホーと呼ばれる大祭が行われていた。祭りは四日間にわたって催され、神の降臨と新しい祝女の承認、神をお見送りをしたところで、人々が一斉に踊り出すカチャシーで締めくくられた。ただし、過疎化と高齢化で、イザイホーは一九七八年を最後に行われておらず、記録の中でしか見ることができない。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 11:57| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

御嶽は神々を祀る杜(3)

 実際に、久高島に渡ってみることにした。馬天入口のバス停で降り、馬天港からフェリーで徳仁港に入った。港のそばにはイラブーガマ、イラブーと呼ばれるえエラブウミヘビが産卵する洞窟がある。イラブーは海に住む毒蛇だが、性格は至っておとなしい。琉球の宮廷料理には、この蛇の燻製を入れたイラブー汁が欠かせない。
 豚肉と昆布も合わせた汁は、滋養強壮にいいらしい。イラブー自体は臭みを十分に抜いてあるので、身欠きニシンのような食感で、カシオ節に似たいい出汁(だし)が出るという。蛇みたいな下手物を、と思ってしまうが、中国では高級料理の食材とされ、生き血も飲んだりする。那覇の市場に出れば、針金みたいに固い、ぐるぐるに巻かれたイラブーの燻製が売られている。
 このイラブーを捕らえることを許されていたのが、久高島の祝女(ノロ)である。祝女というのは、白い着物をまとった世襲の女性神官で、末端で地域の祭祀を司っていた。琉球王国の時代、その階層の頂点に位置していたのが、聞得大君である。祝女は国王から辞令を出され、土地を与えられていた。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:52| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

御嶽は神々を祀る杜(2)

 今、御嶽の中を巡っている。御嶽とは、本土における山の神々への信仰とつながりがあるのか。参道の両側には表面が穴だらけの奇岩が左右にそびえ、中ほどから生えた木々の根が、岩の隙間に伸びて、表面を覆い尽くそうとしている。
 一番奥は小さな洞穴の窪みで、天井からはは天(あま)の逆矛(さかほこ)に似た石柱が垂れ下がっている。石壇の奥には線香が焚かれた跡があり、右方の岩からは紙垂(しで)が下がっている。洞穴の縁より上はシダが生い茂り、昼でも薄暗くて涼しい。蝉と小鳥、それに虫の羽音しか聞こえない。
 本土の山岳信仰を思い起こさせるが、沖縄では民間に仏教は広まらなかった。岩盤が大岩に倒れかかったような形で、三角形の洞(ほら)に見える所は、修験道における胎内くぐりを連想させる。母なる祖霊に詣でて、失われたつながりを取り戻すのだろうか。その奥からはかつては久高島が拝めたはずだが、今は木々に視界を覆い隠されてしまっている。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:32| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする