2017年06月13日

西表島は日本のアマゾン(12)

 潮がすっかり引いていた。沖のリーフまでたどり着き、外海の方でちょっと泳いでみた。ただ、いくら先に進んでも生きた珊瑚は見えない。波も打ち寄せてくるし、ちょっと怖くなった。
 振り返ると、岸は数百メートルも彼方にある。これ以上外海に浸かっていてもしかたないので、リーフと磯の間にある小島の周りを泳いでいた。そこはようやく背が届くくらいの浅瀬で、所々深みになっている。
 この頃にはシュノーケルの使い方にも慣れ、数分間は続けて泳ぎ続けた。水中の撮影ができる使い捨てカメラを使って、黄色や青のスズメダイなどの小魚が泳ぐさまを撮影した。海底の砂浜に穴を掘り、夫婦で暮らしている魚もいた。ピンクとグリーンのまだら模様の魚は人なつっこく、僕のフィンの周りで遊んでいる。
 魚たちは海底の微生物を食べているらしかった。白地に目玉模様のついたジャノメナマコ、タコやイカの子供も泳いでいた。ウミユリの仲間も見えた。細長い針を持つウニの一種であるガンガゼや、有毒のニセクロナマコの姿も見かけた。
 我を忘れて泳ぎ続けた。水族館で見る魚たちは、こちらに対して無関心である。ところが、水中では同じ空間を共有している。時として危険な、奇怪な魚ぐらいにしか思われていないのだろうが。こうして時の流れがない、生き物の感覚を取り戻した時が過ぎていった。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


 
posted by 高野敦志 at 02:54| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

西表島は日本のアマゾン(11)

 ただし、フィンをつけていると浮力がついてしまい、なかなか立ち上がれない。その際は立ち泳ぎをするか、剣道の蹲踞の姿勢になるように体を起こせばいい。なお、すぐに立てるとは限らないので、シュノーケルでの呼吸は、きちんと足がつくまで続けること。
 水中で気をつけることは、シュノーケルをくわえた口をゆるめてはいけないということ。とはいっても、強く噛むとかえって隙間が出来てしまい、水が口に入ってきてしまう。息はゆっくり口から吸う。間違っても、鼻から吸ってはいけない。レンズの中に水が浸入する羽目となる。呼吸が浅くなって苦しくなったときは、慎重に、かつ大きく息を吐いていく。水の上で漂っていれば、また泳ぎ続けられるので。
 フィンは泳ぐためには必需品で、これがあれば、魚と一緒に水中を泳ぎ回ることができる。ゆっくり大きく水を掻いていくのがこつである。緊張することなく、気をゆるめない。リラックスしながら、注意力を怠らないといった感じだ。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:27| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく・では 陸奥・出羽の旅 第2版(pdf)

 僕の青春時代から数年前に至るまでの全4回、東北を旅した紀行文です。東北は江戸時代までは、広大な地域が、陸奥・出羽の2国にしか分割されていませんでした。長らく日本人にとっては、最果ての地だったからです。
 ここには、旅の先々で感じた思いやイメージがつづってあります。エキゾチックな感覚にとらわれるのは、僕だけではないでしょう。そこには寡黙ながらも、懐の深い自然があります。気軽に読めるものと思いますので、目を通していただけたら幸甚です。
 ちなみに、表紙の写真は白神山地の十二湖で撮影したものです。
 第2版では「三内丸山遺跡を訪ねて」の一章を追加しました。以前、ダウンロードされた方は、ファイルを差し替えて下さい。
michinoku2.pdf

 パソコンですぐに開けるpdfファイルなので、保存してからご覧下さい。特にfirefoxの場合、ブラウザのまま開かずに、pdfを保存してからにしてください。iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!




「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする