2020年09月16日

みんなそろって道後温泉(5)

 ユースホステルへの帰り道、日本酒とビール、おつまみなどを買った。部屋に戻るとベッド上の屋根裏部屋で、専門学校の先生と宴会を始めた。
 すると、同室らしい青年が「仲間に入れてください」と入ってきた。それは高知駅前のユースホステルで会った大阪の大学生だった。ところが、先生の方もその青年と顔見知りみたいだった。実は、僕が高知駅前に泊まる前日に、同室だったというではないか。
 大学生が恋人を連れてきた。彼女を含めて四人で宴会をした。お酒が足りなくなり、ユースホステルの食堂で買ってきた。ここで自己紹介が始まり、専門学校の先生が僕のうちのそばに住んでることが分かったり、大学生のカップルが剣道をやってることなども。彼女の方は専門が日本語学科で、僕がやってる日本語教師の仕事について聞きたがった。
 話が盛り上がってきて、十二時過ぎまで騒いでしまった。今のユースホステルの多くは、お酒も飲めるようになっているが、部屋に異性を連れ込んだり、日付が変わるまで酒盛りするのはタブーである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

みんなそろって道後温泉(4)

 松山ユースホステルに着いたのは、午後六時半だった。夕食を頼んでおいたのだが、とても豪華で驚いた。トンカツに、イカと野菜の酒蒸し、グラタンに和え物、サラダ、スープに西瓜までついていた。赤ワインも一杯百円で飲めた。
 部屋の方も素晴らしかった。マンション風の入口で、エアコンはもちろん、天井にはシャンデリアと扇風機、洗面所にはテーブルと椅子、電話機。二段ベッドの梯子を上がると、屋根裏部屋のようになっており、広いスペースにはテレビも置いてあった。
 専門学校の先生と、道後温泉に行くことにした。夏目漱石の『坊ちゃん』にも出てくる本館は、1894年(明治27)に建てられた物。小説を思い出して、思わず泳ぎたくなった。大きな浴槽の中央には、金属で出来た円筒状の注ぎ口がある。そこからやや熱めの湯が出てくる。神経痛やリューマチに効くらしい。盥(たらい)も椅子も、昔ながらの木製である。お湯から上がると、お茶と冷水を振る舞われた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

みんなそろって道後温泉(3)

 松山市駅まで来た。子規堂にも行ってみた。正宗寺という臨済宗の寺の境内にある。蔦のからまる藁葺き屋根の平屋で、正岡子規が少年時代に過ごした家を、復元したものだという。子規が使った机や遺品などが展示されている。
 正岡子規というと、写生文を勧めたり、月並み俳句を批判したり、『万葉集』の飾らない精神に引かれたということぐらいしか、すぐには頭に浮かんでこない。

 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

 この句は有名だから、大抵の人は知ってるだろう。松山中学を中退して上京、夏目漱石と知り合う。日清戦争に従軍し、帰国の船上で喀血した。子規という号はホトトギスを意味する。ホトトギスの口の中が真っ赤で、まるで血を吐いているように見えるところから、肺病に苦しむ自身の号にしたという。
 高浜虚子や伊藤左千夫、長塚節などの門人を育てたから、中年ぐらいまで生きたと思われがちだが、享年は三十四歳である。亡くなったのは東京の根岸である。鶯谷駅に近い子規庵という建物は、関東大震災で焼失した子規の旧宅を再建したものだという。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする