2020年02月19日

青梅のかんぽの宿(2)

 翌朝、カーテンを開くと、窓の下は多摩川の渓流になっていた。夕べは暗くてよく見えなかったのだ。しかも、川は「つ」の字のように大きく蛇行している。下流で目にする飼い慣らされた姿ではない。
 温泉に入り、朝食を取った。部屋に戻ると、どんよりしていた雲から白い物が降ってきた。どうしよう。これでは御岳山に行くの無理だろう。チェックアウトした後、とりあえず、郷土博物館でも見ようということになった。
 谷底におりていくと、萱葺の古民家が見えてきた。宮崎家住宅という江戸後期の農家だった。おじいさんが説明をしてくれた。囲炉裏の煙でいぶされた柱は、現代の物の二倍の太さがある。萱葺をふきかえるだけでも、一千万円かかったそうだ。
「随分、立派な造りですね」
「石灰石の取引で羽振りが良かったらしいですよ」
 おじいさんは、庭の先にある多摩川を指さした。昨年(2019年)の台風十九号では増水したが、このあたりでは氾濫はしなかったそうだ。ただ、中州の木などが倒されたようだった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:46| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みちのく・では 陸奥・出羽の旅 第2版(ePub)

 僕の青春時代から数年前に至るまでの全4回、東北を旅した紀行文です。東北は江戸時代までは、広大な地域が、陸奥・出羽の2国にしか分割されていませんでした。長らく日本人にとっては、最果ての地だったからです。
 ここには、旅の先々で感じた思いやイメージがつづってあります。エキゾチックな感覚にとらわれるのは、僕だけではないでしょう。そこには寡黙ながらも、懐の深い自然があります。気軽に読めるものと思いますので、目を通していただけたら幸甚です。
 ちなみに、表紙の写真は白神山地の十二湖で撮影したものです。以下のリンクから、ダウンロードして下さい。
michinoku2.epub

 第2版では「三内丸山遺跡を訪ねて」の一章を追加しました。以前、ダウンロードされた方は、ファイルを差し替えて下さい。

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。
 EdgeではePubは開けなくなりました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:21| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

青梅のかんぽの宿(1)

 かんぽの宿というのは、日本郵政が管理するホテルで、経営状態は必ずしも良くないらしい。大崎広小路駅下車すぐの「ゆうぽうと」は、ホテル以外に結婚式場、多目的ホール、ジムなどを併設する総合施設だったが、築三十年ほどで取り壊してしまい、更地は駐車場となっている。
 いわくつきのかんぽの宿であるが、友人に誘われて、青梅にある施設に一泊したことがある。青梅駅からバスに乗り、郷土博物館入口で下車。夕食は外で済ましてきたので、一休みしたところで、温泉に入ることにした。
 大浴場は7階にあった。大きな浴槽が二つあり、一方はpH10の強アルカリ温泉。もう一方は普通の沸かし湯。強アルカリ温泉は二分おきぐらいに、給湯口から湧き出してくる。
 ただ、冷たかったり、熱かったりする。冷たくても肌はすべすべする。どうやら冷泉を沸かしているようなのだ。センサーによって、熱すぎるときは水のまま、ぬるすぎるときは加熱して出てくるようである。美肌の湯なので、女性客には人気がありそうだった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 10:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする