2018年08月18日

島でなくても桜島(3)

 桜島に向かう船に乗った。船長室の傍らのベンチに腰掛けた。潮風を満面に受ける。対岸の姿が見る見る拡大されていく。その夜は桜島のユースホステルに泊まった。
 ここにはさまざまな若者が泊まりに来ていた。青春18切符で日本全国を旅している大学生とか。僕はスイス人の青年ともっぱら話していた。スイスはドイツ語、フランス語、イタリア語の地区からなっている。彼の母語はドイツ語だが、フランス語も英語も流暢である。僕は英語とフランス語を使ったが、やはり英語の方が話しやすい。
 夕食の後、彼と非常階段の上に出て、桜島の夜景を眺めながら話した。彼は桜島の山頂が立ち入り禁止になっているのを残念がっていた。最後に噴火したのはいつかと言うので、城山で買った桜島の写真を見せた。真っ赤になった山頂と、立ち上る噴煙、そこに走る稲妻。信じられない! 写真にフィルターでもかけたのか、本当に超現実的だと英語で話していた。
 ちょうど、百武彗星というのが地球に接近していた。肉眼でも確かめることができた。北斗七星のすぐ下にあり、ぼんやりと大きく明るくなったり、暗くなったり、またたいているように見えた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

島でなくても桜島(2)

 城山に登ることにした。ここは西南戦争の舞台となった所である。小高い丘を小鳥の声を聞きながら林の道を進んでいった。展望台からは桜島と、隔てる海峡、そして鹿児島市内が一望に見渡せる。
 西郷隆盛も最期に、この風景を眺めたのだろうか。ちなみに、西郷が自刃したとされる洞窟は、ここからはかなり離れている。北東方向で日豊本線の線路脇に近い位置にある。西郷は果たして城山で死んだのだろうか。
 明治の元勲だった西郷が、不本意な死を遂げるはずがないと、多くの人々が当時から思った。ロシアに亡命したという噂が流れたが、これは源義経が平泉では死なずに、モンゴルに渡ってチンギス・ハンになったという伝説と同じである。「もうここらでよか」という言葉を残して自刃したというのが、やはり真実なのだろう。
 ただ、西郷のよく知られた顔は絵画ばかりで、弟の西郷従道と従弟の大山巌の顔を参考に、画家のキヨッソーネが描いた物が有名である。本当の顔が分からないことが、西郷亡命説の流布に拍車をかけたのでないか。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

島でなくても桜島(1)

 日豊本線に乗っていた。鹿児島県内に入ると、左方に桜島が見えてきた。竜ヶ水の辺りは、数年前に大水害があった所だが、対岸に桜島が望まれ。手前が入江になっており、日射しが青い海を照らしている。南国らしい風光だと思った。
 桜島は錦江湾にそびえる火山島だったが、1914年(大正3)の大噴火で、大隅半島と地続きになってしまった。桜島も危険な火山ではあるが、本体は錦江湾の底に眠っている。巨大カルデラ噴火で、吹き飛んだ大地に海水が入り込んで、広い湾となっているのである。
 当時はまだ九州新幹線は開通していなかった。鹿児島駅は意外に小さかった。市電に乗り換えて市役所前で下り、鶴丸城跡へ向かった。そこには石垣と堀のみが残り、跡地には資料館が建っている。
 この城はもともと天守閣がなく、屋形づくりとなっていた。それは「城をもって守りと成さず、人をもって城と成す」という薩摩藩の理念によるもので、兵農一致の郷士団が多数組織され、武士の数が非常に多かった。一般には五公五民であった年貢も、薩摩藩では八公二民の高税率となり、農民の不満を団結へと導きやすい浄土真宗は、切支丹とともに禁教とされたのである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする