2017年10月21日

早春の野辺山駅周辺(5)

 野辺山天文台のある施設は、標高1300メートルの高原にあるので、日射しは暖かくても空気が冷たい。下水の水も半ば凍ったままで、北海道のように冬のただ中なのである。飯盛山にいく時間はないし、雪もまだ残っているので、獅子岩まで行ってみることにした。
 坂道を上っていくと、道の路肩には雪が残っており、風も出てきたので、コートの襟足がひんやりした。風邪を引きそうなので、手でこすって暖めた。急坂が延々と続いている。獅子岩に到着したようだ。道路側から見上げると、確かにライオンの横顔に見える。
 上は駐車場になっていた。右には雪をいただいた八ヶ岳、左側はなだらかな高原となっている。平沢峠に立ったナウマン博士は、異質な地形が組み合わされた光景から、日本列島誕生の謎を解くヒントを得た。ここはフォッサ=マグナと呼ばれ、西日本と東日本の断層がぶつかり合う境界であることを発見したのである。
 平沢峠の駐車場には、八ヶ岳連峰のそれぞれの山名を記した看板が立っていた。登山家らしい男性が、女性にそれぞれの山について説明している。小海線の列車の時間があるので、ゆっくりはしていられなかった。右側の崖上を進んでいくと、足元はごつごつした岩とぬかるみで、足をすくわれてしまいそうになる。だが、ここからではどれが獅子岩なのかはっきりしない。やはり、道路から見上げなければ、ライオンの横顔は確かめられなかった。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

みちのく・では 陸奥・出羽の旅 第2版(ePub)

 僕の青春時代から数年前に至るまでの全4回、東北を旅した紀行文です。東北は江戸時代までは、広大な地域が、陸奥・出羽の2国にしか分割されていませんでした。長らく日本人にとっては、最果ての地だったからです。
 ここには、旅の先々で感じた思いやイメージがつづってあります。エキゾチックな感覚にとらわれるのは、僕だけではないでしょう。そこには寡黙ながらも、懐の深い自然があります。気軽に読めるものと思いますので、目を通していただけたら幸甚です。
 ちなみに、表紙の写真は白神山地の十二湖で撮影したものです。以下のリンクから、ダウンロードして下さい。
michinoku2.epub

 第2版では「三内丸山遺跡を訪ねて」の一章を追加しました。以前、ダウンロードされた方は、ファイルを差し替えて下さい。

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

早春の野辺山駅周辺(4)

 今でも稼働しているのは、直径が45メートルもある巨大なパラボラアンテナである。主に惑星の観測が行われているという。アンテナの脇にある研究施設の一部が開放され、どのような観測が行われるか、写真などが展示されている。
 外に出て元来た道を戻っていくと、友人が「あのパラボラアンテナ、動いているよ」と教えてくれた。確かにモーターが稼働する音がして、ゆっくりとアンテナの方向が変わっていくのが分かる。青空の下で白亜のアンテナが宇宙線を探って巨体を動かすさまは、壮麗としか言いようがない。それと対照的なのが、稼働を終了しオブジェと化した干渉計なのである。
 施設の中には、パラボラアンテナの原理を体験させる模型もあった。電気も通っていないのに、アンテナの形で音が集められるしくみを、見学者に体験させるものだった。五十メートルほど離れていても、双方のアンテナの向きが合っていれば、小声であっても聞き取れるのである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:56| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする