2018年02月11日

ミニパソコンでのWindows Updateのトラブル回避

 ドンキホーテで買ったWindows10は、ハードディスクが32ギガしかない。それなのに、8ギガのハードスペースがないとWindows Updateができないという表示が出た。不要なソフトウェアをアンインストールなどしたが、スペースは4ギガしか空いていない。このままUpdateできなければどうしようと思っていたら、友人に的確なアドバイスを受けた。
 機能更新のファイルはセキュリティとは直接関係ないから、新機能のインストールは避けて、セキュリティ関連のUpdateだけしていけばいいと。ただ、Windows10のProならインストール阻止は可能だが、Homeの場合はWindows Updateは強制される設定になっている。
 とはいっても、回避方法がないわけではない。以前のバージョンのように、インストールしたくないUpdateを阻止するためのプログラムが、マイクロソフトから配布されているのである。まずは以下のページにアクセスする。
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2015/07/30/windows-10-windows-update-12/
 次に、そのページから"Show or hide updates"トラブルシューターのリンクをクリックし、wushowhide.diagcab を開くか保存するかを聞かれたら、[ファイルを開く] をクリックする。すると、問題の検出が始まる。Hide Updateをクリックしたら、1709の機能更新プログラムにチェックを入れて「次へ」をクリックする。これで大型の機能更新だけが阻止され、他のセキュリティー関連のUpdateはインストールされる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:34| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

ミニパソコンを購入する際の注意

 Windows10のアツプデートで、ハードディスクが8メガ必要で、インストールできないという表示が出た。ドンキホーテで購入したミニパソコンは、32ギガしかハードディスクがないから、大して使わないうちに対応できなくなった。
 システムファイルのクリーンアップをしたり、WordやExcel、Poewrpoint、OneDriveまでアンインストールしたが、空き容量は4ギガ程度しかない。たぶんハードディスクが32ギガしかないパソコンに、Windows10を搭載すること自体が無理だったのだ。
 安物買いの銭失いとはこういうことなのだな。何だが触るのもいやになって放置しそうだ。じゃあ、どうするか。二束三文で売り払うか、インターネットに接続するのはやめて、オフラインだけで使うか、Windowsを消してしまってubuntuでもインストールするか。
 参考までに、「32GBストレージのWindows 10マシンにCreators Updateを適用する」(http://ascii.jp/elem/000/001/477/1477660/)と、ubuntu(https://www.ubuntulinux.jp/)のページをリンクしておこう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 13:56| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

追伸 ドンキホーテのパソコン

 ドンキホーテで購入したミニパソコンは、Fall Creators UpdateをインストールしたWindows10では、Cドライブに自分のソフトウェアをインストールする余地がほとんどなくなった。僕の場合、いったんインストールした一太郎がアップデートした段階で、Cドライブが1ギガを切ってしまった。
「いくら安くてもこれじゃ使えない」と悩んでいるあなた、この状況を回避する方法はある。マイクロSDを購入して、スロットに挿入したら、まずSDの初期化を行う。NTFSの形式で初期化したら、VHDファイルを作成することで、マイクロSDを仮想のハードディスクとして使えるのだ。
 僕は32ギガのマイクロSDを使用している。これ以上の容量だと認識しない恐れがある。いったん仮想ハードディスク化してしまえば、Windowsのソフトウェアを問題なくインストールできる。一太郎も無事に移動が済んだ。詳しい方法は、以下のページを参照するといい。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/06/news154.html

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:06| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする