2018年04月22日

DSD配信のPrimeSeat

 Windows95が発売された当初、日本の一般家庭のインターネットは劣悪な状況だった。モデムを使った通信では、インターネットをしている間は、回線が占領されて自宅の電話が使えなくなった。jpegの画像1枚送るのにも数十秒かかり、mp3の音楽は1曲ダウンロードするのに20分もかかった。
 そのため、音楽をサイトで使いたければ、MIDIで楽譜の情報のみを送り、受信側の音源で演奏させるか、RealPlayer(http://jp.real.com/)によるストリーミング配信が一般的だった。これはラジオ程度の音質でファイルを送信しながら再生させる仕組みだった。それなりによく出来ていたが、回線が少しでも込めば、バッファーで音楽は中断された。
 ADSLが普及して状況は一転した。また、光による通信は、映画のストリーミング配信さえ可能にした。したがって、音楽配信の場合もmp3だけではなく、CDの音質をはるかに超えるハイレゾによるものも出てきた。代表的なサイトとしてはe-onkyo music(http://www.e-onkyo.com/music/)やmora(http://mora.jp/index_hires)などがある。ただ、そうは言っても、DSDなどのファイルは巨大で、アルバム1枚ダウンロードするのには時間がかかるし、パソコンのハードディスクを1ギガも占領してしまったりする。
 いくらハイレゾと言っても、大好きなアルバムでなければ、繰り返し再生することはないだろう。そこで、DSDによるストリーミング配信が始まった。日本における先駆け的なサービスがPrimeSeat(https://primeseat.net/ja/)である。クラシックを含むライブや、ドキュメンタリー、旅の番組などを、DSD 5.6MHzや2.8MHzでストリーミング配信している。有料だけではなく、無料の番組も多いので、試聴してみるといいだろう。
 なお、DSDを高音質で受信するには、パソコンに専用のソフトウェアをダウンロードする以外に、DSDをそのまま再生するためのDACが必要である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:03| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

Windows10とメモリ

 Windows10はWindows8と比べても、かなり重いOSである。自分は2016年にDellのノートパソコンを買ったが、OSの更新とともにさらに重くなった。firefoxの窓をたくさん開いていると、応答しなくなって強制終了するしかなくなる。iTunesは起動に時間がかかるばかりか、動作ももたもたしている。物理メモリが4ギガだと、Windows10では不十分なため、仮想メモリを使っているのだろう。
 そこで、メモリを増設することにした。「設定」から「バージョン情報」を見れば、デバイスの仕様が分かる。実装RAMとあるのが物理メモリである。パソコンの型番が分かったら、メーカーのページに行き、使用されているメモリの種類を調べる。ただ、メモリには相性がある。スロットがもう一つ空いているなら、同じ仕様のものを入れればいい。
 Dellのノートパソコンなのだが、ふたの開け方が分からず往生した。ネットを検索したが、型番によって開け方が違う。そこで、コンピューターに強い友人に電話で聞いてみた。底のふたの下半分だけ開ければいいとのこと。ねじを外して、隙間にマイナスのドライバーをそっと入れたら開いた。同じシリーズでも、ふたの開け方が異なっていたのである。
 メモリにさわる前に金属に触れて、手から静電気を逃がしておいた方がいい。ただ、あまり神経質になる必要はない。メモリには切れ目があるので、それが合う向きにはめ込み、左右の留め金にカチッとはまるまで押し込む。メモリ増設の際のトラブルの多くが、きちっと装着していないことが原因で起こる。
 ふたのねじを締めたら、Windowsを起動する。Alertが出たら、continueを押す。立ち上がってから、「設定」の「バージョン情報」を見ると、メモリは8ギガに増えている。CtrlとAltとDeleteを同時に押して、「タスクマネージャー」を起動し、プロセスでどんなソフトウェアがcpuやメモリを使っているか確認してみよう。8ギガのメモリを50%使っているということは、やはり4ギガではすぐにフリーズしてしまったのも無理はない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:22| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

Audacityによる音声編集

 僕はiTunes Storeのpodcastをやっている。podcastと言えば、フリーで聞ける音楽や教養番組という印象が強い。ラジオ番組のインターネット版ぐらいにとらえている方も多いだろう。実は、電子書籍にも対応しており、ePubやpdf形式のファイルも配信可能である。amazonで個人出版という方法もあるが、有料ではなかなか読者がつかない。また、膨大な電子書籍の中に埋もれて、一般の人の目に触れることは難しい。
 その点、podcastは世界中に配信されるシステムなので、スマホやパソコンで検索してもらえれば、瞬時にして地球の裏側の読者にも届く。個人出版で百万円出して上梓しても、書店に並ぶのはごく一部で、在庫の山を贈呈するしかないのと比べたら、初期投資はほとんどいらない。必要なのはパソコンとIT関連の知識、あとは才能と根気強さだろう。お金がなくても情報発信できるpodcastは、クリエイティブな活動をしたい方には最適なのである。
 もう、6年もpodcastをやってきたわけだが、podcast本来のコンテンツである音声の配信にも興味を持った。そのためには、音楽編集ソフトが必要なわけだが、フリーで高性能の編集ができるのがAudacity(http://web.audacityteam.org)である。音の切り貼りはもちろん、音の速度や高さの変更、ノイズを除去したり、エフェクトをかけたり、効果音を作成することもできるのである。
 海外で開発されたソフトウェアで、日本語化されてはいるのだが、日本語版の公式マニュアルがない。ネットには操作法に関する情報がアップロードされているが、やはり操作法の全体を知りたいという場合には、夢前黎の『Audacityではじめる音声編集』が参考になる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 14:28| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする