2020年02月04日

ウェブのページをpdfで保存する方法

 友人と会ったとき、ホームページを保存する方法について話した。ウェブのページとして保存すると、ファイルの読み込みがあったり、文字のページと画像のページが別々に保存されたりして不便である。一つのファイルとして、すぐ開ける形にできないかという話になった。
 IEには画像を含めて一つのファイルにする機能がある。mht形式による保存である。ただし、汎用性を考えると、pdfとして保存した方が便利である。
 方法は簡単である。EdgeなりFirefoxなりで開いたページを、印刷する要領でプリントへ出力するのである。その際、ドライバとしてMicrosoft Print to PDFを選択して、名前をつけて保存する。
 文字情報と画像を一つのファイルにまとめるのには便利だが、背景の壁紙などは白で表示される。当然のことながら、元のファイルで有効だったリンクも無効となる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:26| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

パソコンのキーボードに修正液が付いた場合

 パソコンで調べながら、書類に修正液を塗っていたら、キーボードに付いてしまった。ここであわてて溶剤など使ってはいけない。キーボードの隙間から液体が入り込むと、最悪の場合、キーボードのキーの一部が、永久に使えなくなってしまう。
 デスクトップなら、キーボードを買い換えるだけで済むが、ノートパソコンでは致命的である。数万円かけてキーボードを交換するか、USBの外付けキーボードをノートパソコンで使う羽目となる。コーヒーを垂らしただけでも同じことが起こるから、くれぐれもノートパソコンの蓋を閉めてから、飲食するようにすべきである。
 さて、キーボードに付いた修正液を取るには、カッターナイフの先端で、プラスチックに傷が付かないように、付着した部分を丁寧に削ぎ取っていく。削いで粉状になった修正液を、ガムテープに付けて取っていく。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:40| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

Operaで動画が再生されない場合

 無料のアンチウイルスソフトAvira(https://www.avira.com/ja/free-antivirus-windows)をインストールすると、ブラウザのOpera(https://www.opera.com/ja)もインストールされる。不要な広告をシャットアウトしてくれるので、サイトの読み込みがスムーズになる。また、個人情報の漏洩も防いでくれる。
 ただ、セキュリティの扱いが厳しいとしうことは、自動再生なども防止するということなので、動画がブラウザに表示されないという問題が起きてくる。その場合、動画の再生を拒否するサイト、許可するサイトを指定する必要がある。とりあえず、Twitterのページでは動画再生を許可しておいた。
 詳しくは、以下のページ(https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/enabling-flash-player-opera.html)を参照するといい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:25| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする