2019年12月16日

電子書籍を増補する場合

 一太郎で作った電子書籍を増補する際に、まず問題になるのは、目次の扱いである。 目次がついたファイルを上書きしようとすると、「目次と索引を更新しますか」という表示が出る。単なる字句を修正するなら「いいえ」を押してから、ePubで出力すればいいのだが、増補する場合には「はい」を押す。そして、増補した部分のタイトルを含めた「目次更新」を行えばいいわけだが、章を入れ替えたりすると、余計な改ページが入ってしまうことがある。ePubファイルを解凍して、htmlの編集などをやってみたが、ややこしくなるとお手上げである。
 そんな場合、本文のみをコピーして、エディターなどに貼り付け、テキストファイルから電子書籍を作り直すことをしていた。しかし、ルビなどは()に変換されてしまうし、レイアウトも消えてしまう。イライラさせられることはない代わりに、結構面倒な作業となる。
 何とか目次だけを削除できないか。ようやくその方法が分かった。イメージ編集では、冒頭の目次だけはDeleteで削除できるが、赤い点線の区切りだけは消えない。表示をドラフト表示に切り替えると、「目次開始」と「目次終了」の二重線が見えるので、その線をまたぐ形で選択し、Deleteすればいいのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:36| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

第5版『電子本(電子書籍)を作ろう!』(pdf)

『電子本を作ろう!』(pdf)の第5版を公開します。ジャストシステムの「一太郎2016」に関する新情報を含んだ増補版です。ePubやmobi、およびpdf形式で作るノウハウを解説します。電子書籍の形式について説明した後、文章を書いていく上での注意点、ファイルの作成方法、公開の仕方などを順に述べていきます。

 第五版においては、「一太郎2016」で追加された機能のほか、ePubの固定レイアウトとPDFの違い、ePubの脚注の問題、「詠太」のアクセント記号と、他の読み上げソフトの機能、さらに、書籍を再編集する場合の注意などについて加筆しました。古くなった情報は削除し、リンクが古くなったものは張り直しました。以下のリンクをクリックして保存してからご覧下さい。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。
denshibon5.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:45| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

Dellのコンピューターで回復ドライブ作成に失敗する場合

 Windowsが立ち上がらない場合、かつては起動ディスクを使用していたが、現在ではディスクに収まりきらないため、USBメモリが使用されるようになった。そこで、名称も回復ドライブと呼ばれるようになった。
 ところが、DEllのコンピューターでWindows10の回復ドライブを作ろうとしたが、どうしても失敗してしまう。自動で電源がオフにならないようにしても、競合するらしいDell Power Managerをアンインストールしても、復元用のファイルが壊れていないか調べても、どうしてもエラーが出る。もう疲れ果ててしまった。
 その場合は、自分のパソコンで回復ドライブを作るのは中止し、Dellのページ(https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/drivers/osiso/recoverytool/linux)からDell Windowsリカバリイメージをダウンロードすればいい。その際にPCのサービスタグが必要となる。ノートパソコンの裏面に記述があるので、作業の前にメモを取っておくといい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 06:12| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする