2018年08月27日

一太郎でmobiファイルを作る際の注意点

 一太郎で電子書籍を作る方法は、『電子本を作ろう!』(https://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en)で書いた。電子書籍のePubには汎用性があるが、AmazonのKindleではそのままでは読み込めない。Kindle Previewer(https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/A3IWA2TQYMZ5J6)でmobi形式に変換してもいいのだが、ePub用の目次とKindle用の目次が二重に出来てしまう。それを防ぐには、一太郎で直接mobi形式に保存した方がいい。
 その際に、「リフロー」のタブで「フォント名をCSS出力する」という項目を外してから、mobiファイルとして保存すること。外さずに作ったmobiファイルは、Kindle Previewerを使用しても、iOS版のKindleで読み込むためのazk形式に変換できないからである。
 そもそも、mobiファイルは簡易的な電子書籍の形式なので、iOS版のKindleでは縦書きやふりがなの表示ができない。縦書きやふりがな表示をするには、電子出版する際にAmazonでazwやazw3に変換してもらうか、Kindle Previewerでazkに変換する必要がある。そのためにも、一太郎から直接mobiファイルを作る際に、「フォント名をCSS出力する」という項目を外すことが重要となるのである。
 ちなみに、楽天のkoboでePubを読むためには、拡張子を〜.epubから、〜kepub.epubに変更する必要がある。一太郎でePubとして保存する際に、「koboに最適化する」にチェックを入れると、自動で拡張子にkepubが追加される。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:19| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

OCRを使う際の注意点

 亡父の詩集を電子書籍にしようと思った。出版元の同意を得たので作業を始めた。まず、各ページをスキャンする。普段はコンビニのコピー機でスキャンしているのだが、枚数が多いのでデジカメでページを撮影することにした。
 この場合、各ページが平らになるように、注意する必要がある。たとえ焦点が合っていても、少しでも斜めになると、OCRのソフトウェアが文字を読み取れないからである。
 OCRの精度を考えると、やはり有料の物の方がいい。パナソニックのエンジンを使った「本格読取5」を使用している。きちんとスキャンした場合は、かなり正確に読み取るが、画数の多い文字はどうしても間違えるから、細かい確認は必要である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 13:22| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

電子書籍を増補する際の注意点

 以前アップロードした『電子本を作ろう!』には、執筆したした時点で分からなかったことや、誤解していた部分があるので、いずれまた改訂版を出そうと思っているが、当面忙しくて手がつけられそうにない。そこで、電子本を増補する際の注意点のみを示すことにする。
「一太郎」で一度、目次を設定したファイルは、保存するたびに「目次と索引を更新しますか」という表示が出てくる。語句を改めたぐらいなら、「いいえ」を押せば「目次と索引」はそのままで、語句のみが保存される。
 問題は章を挿入するような増補を行う場合である。「目次と索引を更新しますか」と出て「はい」をクリックすると、かつて保存された設定が解除されてしまう。改めてすべての章において、タイトルを選択するたびに「目次設定/解除」をクリックしていく。新しく挿入した章のタイトルについては、「ブックマーク」から「カーソル位置をブックマークに追加する」ようにする。 
 それが終わった段階で、以前に作成された「目次」の位置にカーソルを置き、「目次更新」をクリックすると、かつての目次が削除され、新しい目次が出現する。次に、出現した目次のタイトルを選択し、「挿入」「ハイパーリンク」「作成/変更」で、「ブックマーク」の「一覧」から、各章のタイトルにリンクを張っていく。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:36| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする