2020年06月22日

第5版『電子本(電子書籍)を作ろう!』(ePub)

『電子本を作ろう!』(ePub)の第5版を公開します。ジャストシステムの「一太郎2016」に関する新情報を含んだ増補版です。ePubやmobi、およびpdf形式で作るノウハウを解説します。電子書籍の形式について説明した後、文章を書いていく上での注意点、ファイルの作成方法、公開の仕方などを順に述べていきます。

 第五版においては、「一太郎2016」で追加された機能のほか、ePubの固定レイアウトとPDFの違い、ePubの脚注の問題、「詠太」のアクセント記号と、他の読み上げソフトの機能、さらに、書籍を再編集する場合の注意などについて加筆しました。古くなった情報は削除し、リンクが古くなったものは張り直しました。以下のリンクをクリックして保存してからご覧下さい。
denshibon5.epub

 また、『電子本(電子書籍)を作ろう!』で紹介したePubのテンプレートは、以下のページからダウンロードできます。
http://takanoatsushi.seesaa.net/article/434380018.html

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。
 パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksやbREADER(http://breader.infocity.co.jp/)でご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。Windows8用のアプリのEPUB Reader(http://www.skyfish.co.jp/epubreader.html)でも開けますが、一部のレイアウトが反映されません。

 ブラウザからePubを開く場合、Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにもようやく対応しました。
 EdgeではePubは開けなくなりました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:34| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

オンライン授業でMoodleを使うときの注意点

 新型コロナウイルスの流行で、全国の大学の多くが、前期の授業をオンラインで行うことになった。僕の場合はオンデマンドで行う講義をmp3ファイルで、資料をpdfで配布することにした。
 某大学では学生とのやりとりを、Moodleというシステムを採用している。Moodleで学生にファイルを配布する場合、一つのファイルの大きさを50メガ以下にしなければならない。講義の音声ファイルは複数に分割し、mp3などに圧縮しておく必要がある。音声ファイル作成には、フリーのソフトAudacity(https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/audacity/)を使用し、作成したファイルにタグを付けておくと、ダウンロードしたファイルを再生するときに便利である。
 実際にアップロードしたあとで、学生がダウンロードできるか試してみた。その際、ダウンロードで「フォルダをダウンロードする」を選ぶと、勝手にZipに圧縮され、ファイルが欠損して文字化けが生じてしまう。各ファイルを右クリックして、「名前を付けてリンク先を保存」する必要がある。ファイルを一つずつダウンロードすることで、エラーは回避されるのである。その点を学生に周知させておかなければいけない。
 同じ問題はマイクロソフトのTeamsでも発生している。この場合も、ファイルを一つずつダウンロードするように、事前に学生に通知しておく必要がある。
 

 「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:38| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

オンライン授業はオンデマンド配信で

 Zoomによるリアルタイム配信は、語学の場合には対面授業に近い形を実現する一方、通信の具合が良くないと、回線が途中で切れてしまう。その際に、学生の一部が追い出されて待機中になってしまう。学生に発言させようとしてミュートを解除するように促しても、学生の側がミュートを解除しないと、発言が参加者には伝わらない。本人はしゃべっているのに、誰にも聞こえないという事態が発生する。
 大学の授業は二時間目から四時間目が多い。この時間帯にアクセスが集中したために、某大学ではサーバーが落ちて、大学のコンピューターに誰もアクセスできないという事態が発生した。また、学生側がスマホしか持っていなかったり、Wi-Fiの状態が良くないと、Zoomの授業に参加できなかったりする。
 その場合、授業料を払っているにもかかわらず、オンライン授業に参加できないという事態が発生する。教師の側はオンライン授業の内容をすべて録画し、アクセスできなかった学生にデータを渡す必要がある。毎回の授業で膨大な情報を、ハードディスクに録画していかなければならなくなる。
 そこで、オンデマンドでダウンロードする方法が推奨されるというわけである。学生はアクセスが集中しない時間帯を選択でき、よく分からなかった場合は、聴き直すことも出来る。ただ、この場合も、動画による配信は膨大な情報量となる。一回の講義をダウンロードするだけでも大変で、こま落ちしたりする恐れもある。したがって、音声のみのオンデマンド配信が、教師の側も学生の側もストレスが少ない。
 実際に講義を録画する際に使うソフトウェアーは、大学側が一括して購入して、教師が使えるようになっている場合が多い。EverLec(http://www.xinics.com/CCPMaterial/EverLec_User%20Manual_For_Package_JPN.pdf)というソフトウェアが、初心者にも扱いがやさしい。教師の顔とともに、パソコンの画面共有や、PowerPointの表示を行うことができる。画面共有で配布するpdfファイルを表示し、強調したい内容は、PowerPointを使用することになる。
 ただ、先に述べたように、動画の情報量は膨大なので、オーディオのみの講義が推奨される。その場合には、フリーのAudacity(https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/audacity/)が使いやすい。かつてはMP3ファイルで出力するには、別途MP3用のドライバーをダウンロードして組み込む必要があったが、最新バージョンでは、あらかじめMP3の出力が可能になっている。タグの編集も可能であり、スマホなどで再生する場合を考えて、授業名を入力しておくと学生に歓迎されるだろう。
 音声で表示できない内容は、配布するpdfに画像として収録すればいい。また、音声だけでは分からない学生のために、資料の最後に、解答を記しておく配慮なども必要となる。
 なお、著作権法の関係で、書籍の一部をpdfなどで配布する場合は、著作権のある出版社に問い合わせ、配布するページと配布する学生の人数分の使用料を、出版社側に支払う必要が生じる。これは教室では特例として認められる書籍の一部コピーが、オンライン授業では適用されないためである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:33| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする