2019年11月02日

アンチウイルスソフトのAvira(5)

 とりあえず、Aviraの問題は解決されたように見えた。ただ、Windows10の起動がやたらに遅い。しばらくフリーズしたようになって、ようやくログインの画面に切り替わる。
 これはWindows10のWindows Updateが原因らしい。セキュリティのパッチを外せば、Aviraはスムーズに起動するらしいが、パッチをアンインストールするのは本末転倒である。無料のAviraを使うなら、起動の遅さは我慢するしかない。すでに数年使っているパソコンでは、滑らかに作動しないのである。
 次に気づいたのは、タスクトレイのAviraが初期化するという表示が続き、やがて消えてしまう現象。Aviraのアイコンをクリックして、設定画面を出そうとしても反応がない。Windowsセキュリティを調べると、Avira自体は作動しているようなのだが。
 そこで、解決策を調べたところ、Avira.ServiceHost.exeが起動していないことが原因だと分かった。スタートアップで余りに多くのソフトウェアが起動しようとすると、「自動」で起動するという設定がしてあっても、Avira.ServiceHost.exeが起動に失敗してしまうのである。
 それを回避する方法は、「ファイル名を指定して実行」を起動し、services.mscと入力したら、ソフトウェアの中からAvira.ServiceHostを見つけて右クリックし、プロパティを選択したら、スタートアップの種類を「自動」から「自動(遅延開始)」に変更する。すると、Aviraの起動自体は遅くなるが、Aviraがタスクトレイから消えたり、設定画面が現れないという現象は回避される。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 14:07| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

Windows10でディスクへのアクセスが100%になったら

 Windows10は裏で何をやっているか分からないOSである。やたらに裏で通信している。初めて使うときは、プライバシーに関する項目を極力拒否しておこう。すべての項目で拒否すると、WEBカメラもマイクも使えなくなるから、最低限は許可しなければならないが。僕は一太郎が使いたいから、いやいやながらも使用している。
 一番困るのは、このOSが時折、急激に重くなって、ディスクへの書き込みが100%になり、フリーズ寸前になることである。こんな場合は、タスクマネージャーも役に立たなければ、強制終了でディスク破損の危機を冒すことになる。
 インターネットで調べたら、とりあえず、この危機を回避する方法が分かった。Windows UpdateはWindows10では自動で、しかも強制的で、ユーザーの都合なんか無視しているくせに、ダウンロード待機が続いている場合がある。そのせいで、ディスクへの書き込みが100%のままになり、ほとんど何の操作もできなくなるのである。
 その場合には、手動でWindows Updateをして、ダウンロード待機のままのファイルをインストールして再起動する。場合によっては、待機しているファイルがなくなるまで繰り返す。おかげさまで、Windows10の操作も通常に戻った。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:06| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

アンチウイルスソフトのAvira(4)

 コンピューターがフリーズすることが多くなり、タスクマネージャーで見ると、Aviraとfirefoxが関係していることが分かった。しかも、Aviraのウイルス定義がダウンロードできなくなった。
 紆余曲折の上、Aviraを完全にアンインストールして、再起動してから、改めて最新のAviraをクリーンインストールしたら、エラーは生じなくなった。Aviraがリソースを占領していたのも、欠損したファイルにアクセスしようとしていたことが原因であるようだ。完全にアンインストールする前に、Aviraの最新版のインストーラーをダウンロードしておけば、アンインストールした無防備な状態で、Aviraの最新版をネットで探すという危険を冒さずに済む。
 エラーが生じた場合、大概はクリーンインストールで解決する。上書きインストールは避けるべきだ。エラーはメモリに保存されているので、上書きしても残存してしまうからである。
 最新版のAviraでは、ブラウザのOperaもインストールされる。Aviraが不要な広告の表示をさせないため、非常に操作が軽い。それでいて、TwitterなどのSNSのボタンは表示されるので、利便性を損なうことがない。かつては軽かったfirefoxも、更新を重ねるうちに、激重のブラウザになってしまった。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 06:06| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする