2021年04月09日

詠太の読み上げ機能について

 一太郎2021プラチナ版には、日本語読み上げ機能の「詠太11」が付属している。「詠太」については、数年前から使用してきたが、その進化には目を見張るものがある。
 若干の読み違いはあるものの、誤りは数%以下ではないか。固有名詞の多くも読み上げることができ、アクセントもかなり自然である。男性話者2名、女性話者2名、英語話者1名が登録されており、性別だけでなく、落ち着いた中年話者の声や明るい若者の声を、内容やその時の気分で選択することができる。
 日本語と英語、地の文と会話文を読み分けることも可能である。ただし、会話文を男と女で読み分けることはできない。男言葉か女言葉か、ソフトウェアに判断させるのは至難の業だからだろう。
 登録されていない言葉は、ユーザーが品詞別に登録していく。動詞の場合、五段動詞と一段動詞の違いも。その際、アクセントが下がる直前に、アクセント記号(^)を挿入すると、自然な発音をしてくれる。
「どこでも詠太」をタスクバーに登録すれば、読ませたい文章ならネットの文章でも、メールでも、テキストファイルでも、コピーするだけで、クリップボード経由で読み上げてくれる。
 ただし、同じ表記を文脈で読みわけることは苦手で、「報告に東京へ行って」と「報告を東京で行って」の区別がうまくいかない。数十年前は「行う」は「行なう」と表記していたが、「行う」に改めた結果、「行く」も「行う」もテ形が「行って」になってしまったからである。「荷物を鞄に入れる」と「今なら部屋に入れる」は、うまく読み分けられない。「子供を抱く」は読めても、「希望を抱く」は読み間違える。挿入された句を分析したり、コロケーションを判別する機能が不十分なためで、バージョンアップでの改善が望まれる。
 自分の書いた文章を、正確に読ませたい場合は、一太郎で文章を書き、単語登録しても読み間違える箇所は、ルビをつけることで読み違いを回避することができる。ただし、ルビをきちんと読んでくれるのは一太郎だけで、pdfの文章はルビを無視して読んでしまう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:28| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

アプリ「ねこより」

 Adobe Flash Playerの廃止で数多くのゲームが姿を消した。バーチャルで猫を飼うソフトウェアも消えたので、代わりのゲームはないかと探していたが、なかなかよくできたアプリを見つけた。
「ねこより」は猫からのお便りみたいな意匠のアプリで、猫が人間のように生活する世界を作り上げていく。やり方は簡単で、金貨を集めることで、小さな猫島に湖や池、滝、食堂などができていく。猫たちはお花畑で蝶を捕まえたり、ベンチに仲良く座っていたり、ぶつかって喧嘩したり、魚釣りしたり、昼寝したりしている。
 金貨の出る頻度は、猫の数が増え、猫たちの幸福度が上がるにつれて高まる。そのためには、金貨にすばやくタッチし、ハートに触れて、宝物の箱から餌の魚やおもちゃを見つけることで、猫を喜ばせてあげる必要がある。さらに、アプリの広告を見ることで、金貨の増加率は高まる。
 猫の世界は昼になったり、夜になったり、時間によって眺めが変わる。その間、懐かしい抒情的なメロディーが流れている。猫が好きならば、心が疲れたときなど、猫の気ままな世界に触れて、心を癒されることだろう。
 iOSとAndroid、いずれのバージョンもある。フリーのアプリではあるが、短期間で猫の世界を拡充するには、コンテンツの購入が必要となる。とはいえ、のんびりと時間をかけて。猫の世界を広げていくのも悪くない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:27| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5版『電子本(電子書籍)を作ろう!』(ePub)

『電子本を作ろう!』(ePub)の第5版を公開します。ジャストシステムの「一太郎2016」に関する新情報を含んだ増補版です。ePubやmobi、およびpdf形式で作るノウハウを解説します。電子書籍の形式について説明した後、文章を書いていく上での注意点、ファイルの作成方法、公開の仕方などを順に述べていきます。

 第五版においては、「一太郎2016」で追加された機能のほか、ePubの固定レイアウトとPDFの違い、ePubの脚注の問題、「詠太」のアクセント記号と、他の読み上げソフトの機能、さらに、書籍を再編集する場合の注意などについて加筆しました。古くなった情報は削除し、リンクが古くなったものは張り直しました。以下のリンクをクリックして保存してからご覧下さい。
denshibon5.epub

 また、『電子本(電子書籍)を作ろう!』で紹介したePubのテンプレートは、以下のページからダウンロードできます。
http://takanoatsushi.seesaa.net/article/434380018.html

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。
 パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksやbREADER(http://breader.infocity.co.jp/)でご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。Windows8用のアプリのEPUB Reader(http://www.skyfish.co.jp/epubreader.html)でも開けますが、一部のレイアウトが反映されません。

 ブラウザからePubを開く場合、Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにもようやく対応しました。
 EdgeではePubは開けなくなりました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:09| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする