2015年03月18日

初級日本語を教える上で(2)

 具体的な会話例を示す

A「行く」「来る」という表現は簡単なようですが、教える際には注意が必要です。例えば、相手のうちに出かける場合、日本語では「行く」を用いますが、英語では come で表現します。日本語学習者は単語の意味だけを暗記しがちで、日本語の「行く」と英語の go とでは、使用できる範囲が異なることがなかなか理解できません。
 ここで重要なのは、それに気づかせるような会話例を提示することです。AとBの家を黒板に図示して、電話をかけている様子を教師が演じて見せた後、会話を少しずつ替える練習を学生にさせましょう。A「あしたうちに来ますか。」 B「はい、行きます。」 A「何時に来ますか。」 B「二時に行きます」 A「バスで来ますか、電車で来ますか」 B「バスで行きます」

 語感に頼りすぎるのは危険

B「重い」と「重たい」の違いですが、前者は普通の表現で、後者は口語的な表現です。「あたたかい」と「あったかい」などの例も挙げるといいでしょう。書き言葉としては、「重たい」「あったかい」は避けた方がよいと教えます。語感としては「重たい」の方が実感を伴うという意見も分かりますが、一部の学生しか理解できないような説明は避けるべきです。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:35| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

初級日本語を教える上で(1)

 学習目的に合わせた指導を

@一部の日本人が「助数詞」の一部を、「(一)個」や「(一)つ」で、代用する現象は確かに見られます。しかし、日本人が「助数詞」を誤用するのはまれですから、規範とされている用法は、きちんと学生に教えていくべきです。日本人なら「四日」と「八日」を間違えたり、「犬がいちぴきいました」などと言ったりすることはありません。「本を二本買いました」と外国人が言ったら、稚拙な日本語力を象徴するものとして、日本人から軽く見られてしまうでしょう。それをどの範囲まで教えていくかは、学習目的に合わせた指導が必要となります。
 本人が進学を目指していたり、日本に居住している場合には、初級の教科書に出てくるものくらいは、きちんと身につけさせましょう。そこで問題となるのは、「いっぷん」「にふん」「さんぷん」といった発音上の不規則さですが、これらは口頭練習をしっかりして、口と耳で覚えさせてしまいましょう。
 また、ビジネスマンなどの場合には、「人」「日」「分」「階」など必須のものをまず教え、発音上不規則さのない「台」「枚」なども、学習者の負担を考えながら加えてみるといいでしょう。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:39| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

コギト・エルゴ・スム(2)

 したがって、デカルトがcogitoと書いたとき、「我思う」という意味になってしまうのは、動詞を用いる際に否応なく人称を表さねばならぬラテン語の限界のせいなのである。デカルトの本意は、思った結果として「我あり」と言えることにあるのだから。「思う。ゆえに我あり」でなければ、寸言の真意は表せないわけである。
 とはいっても、翻訳というものの使命は、元の意味を可能な限り忠実に示すところにある。原語のcogitoから勝手に、「我」の意味を除き去ってしまうわけにはいかない。
 原文の意味に沿った形で、寸言を現代の日本語にどう移すかという話に移ろう。そこで問題となるのは、現代語の書き言葉では、助詞は省略しないという点である。「私は」となるか「私が」となるかである。
 日本語では「は」と「が」の違いは重要で、大抵の日本人は区別できるのに説明ができない。その違いの一つに、「は」は「旧情報」を、「が」は「新情報」を表すというのがある。「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯へ行きました」というふうに、初出の人物には「が」を、二回目以降には「は」を用いるのである。
 仮にデカルトの寸言を「私は思う」と訳そうとすると、思考を開始する以前に、私という存在は既知の情報になってしまう。思考によって自我という存在を知った驚きを表現するには、せめて「私が思う。だから私はいる」としなければならない。けれども、この訳はどうも据わりが良くない。「私」という存在の発見に胸を躍らせる感覚が、直訳的な日本語からは伝わってこないからである。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:14| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする