2020年02月06日

増補版「男はつらいよ」おぼえがき(pdf)

 『男はつらいよ』の最新作「お帰り 寅さん」をはじめ、「少年寅次郎」「贋作 男はつらいよ」など、最近の情報を増補しました。
 山田洋次の『男はつらいよ』は、葛飾柴又を舞台にテキ屋稼業で全国を旅した車寅次郎を描き、国民的な人気を博したシリーズです。寅次郎が訪れた土地や、ヒロインについて感じたこと、思い浮かんだことをまとめてみました。制作された全作品を年代順に並べ、目次から見たいページに移動できます。

 今回はパソコンですぐに見られるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
oboegaki2.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:49| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

魂のこもった文章

 人を感動させるのは、魂がこもった文章である。エッセイや小説を書く人なら、どうしたら魂が込められるか、試行錯誤した体験はあるだろう。学生が書いた文章を評価する過程で、その問題について痛感させられた。
 論理的な文章は、訓練さえ積めば、ある程度の水準に達することができる。文学的な文章も、表面的に上手に書くことはできるが、魂がこもった文章にはなかなかできない。
 若い人は経験が少ないが、知識欲は旺盛だから、自分が知った面白い話を脚色しようとする。しかし、大抵は頭で書いている。知識をありきたりな描写で脚色しているだけである。なぜありきたりになるかと言えば、経験が圧倒的に欠けているからである。
 自分が深く知らないことは、掘り下げて考えることができない。魂で実感したことを、探りながら書かなければ、人の心を動かすことはできない。現実の世界は両義的な意味を持っている。恋人の唇を吸って、甘いと書いただけでは伝わらない。ボーイフレンドの腋臭が臭かったり、ガールフレンドの口が納豆臭い方が、よっぽどリアリティがある。
 頭で書いている限り、人を感心させることはできても、感動させられない。魂で書くためには、よく知っていること、経験したことを書いていくしかない。タブーを侵すことを恐れず、人の心をありのままに描くには、日記を書き続けていくことが最適である。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:38| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

『高野邦夫句集』(pdf)

 日本詩人クラブ、俳人協会会員だった高野邦夫が、一九八七年(昭和六二)に、芸風書院から刊行した『高野邦夫句集』を原本にし、俳句に詳しくない読者向けに、ふりがなと多数の注を加えました。多摩丘陵の自然、日常生活の幸せ、工場地帯の風景、闘病生活、文学への思いを綴った句集です。
 今回はパソコンですぐに見られるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
kushuu.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:35| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする