2017年10月02日

筒井康隆の『創作の極意と掟』(3)

「人物」に関しては、登場人物の数が多いほど、作品に深みが出てくるというのは、大長編に限った場合である。ちょっとした描写で人物を書き分けられるのが、プロの技術なのだろう。それは「会話」で人物を描き分ける技術にも共通する。一般に、小説で登場人物の数をむやみに増やすことは、読者に負担をかけるので避けるべきだとされている。
 なぜ筒井氏がそうした主張をしたかと言えば、それが長編小説を書く場合の「極意」だからである。初心者で長編に挑戦するのは、天才でない限り無謀である。そうした点でも、この本の「極意」は、ある程度作品を書いてきた人間に対するアドバイスなのである。
「反復」は演劇や、映画でよく用いられる手法だが、小説ではまれである。詩ではよく用いられるが、これは詩の音楽性によるものだと思われる。小説でも回想などでは、かつての場面が「反復」されることはある。ただし、一字一句「コピー&ペースト」したらどうなるか。編集者に原稿料泥棒と思われるか、読者に手抜きと思われるか。
 たとえ、場面を「反復」するにせよ、小説では微妙に変化をつけて「反復」させることが多い。「反復」することへの拒絶感が強いのは、小説が典型的な言語芸術であり、「反復」するよりも、変奏曲のように、繰り返しながらも変化をつけていくことに美を見出すジャンルだからではないか。
 ここまで、筒井氏の文章を読みながら、僕が触発されて感じたことを書いてきた。僕自身が知っていたことは、重要な章でも触れなかったし、筆者の主張をそのまま紹介するのは避けた。筒井氏の説く「極意」を知りたければ、自分自身で一読された方がいい。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:19| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

筒井康隆の『創作の極意と掟』(2)

 その中で、面白かったテーマについて、僕自身が感じたことを述べてみよう。「凄味」のある文章は、どうしたら書けるのだろうか。文学作品を読んでいるだけでは、そうしたものは書けない。人生の修羅場でなくても、背筋がぞくっとする光景はあるもので、多くの人が見過ごしてしまうことをとらえて文章化するのも、その人の能力なのだと思う。
「異化」というものは、創作にとって重要な要素である。日常の我々の見方を突き崩し、新しい視点でとらえ直した世界を、読み手に提供するからである。見慣れたものを、外国人や宇宙人、動物の目からとらえ直すのも「異化」の一つだが、それがすでに知られていることだと、「異化」の効果は薄れてしまう。
「品格」といっても、現代では流行らないようだが、相撲の力士や政治家でなくても、文士と言われたかつての文学者には、自分の信念や流儀は決して曲げない「品格」があった。治安維持法で逮捕されて、政治的に転向しても、文士としての信念や流儀を守っていれば、「品格」は保たれる。檀一雄がパリで放浪している間、長女の檀ふみは極貧状態で鶏の餌を食べていたという。周囲から批判されて、不本意ながら帰国したら、それは「品格」を損ねたことになる。文士の家族にとっては、大いに迷惑なことであっても。
「蘊蓄」というのは、「知識」をため込んだものと同義ではない。もちろん、情報量がなければ「蘊蓄」を身に着けたことにならないが、それだけでは不十分である。人生の中で、自分自身で感じ、考えながら養ってきた知識であるから、それをどう扱ったらいいかもわきまえている。ただ本をたくさん読んだら得られるというものでもない。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:47| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

筒井康隆の『創作の極意と掟』(1)

 小説を書く技術を習得するためには、昔は小説家に弟子入りしたりしたものだ。実際に小説を書いている人に、自分の作品を見てもらうのも、つてがなければ難しい。それでも、書物の形で創作法が出版されている。古典的なものとしては、木村毅の『小説研究十六講』があり、これほど体系的に創作法が研究された本も少ない。松本清張はこの本を読んで勉強したらしい。
 早稲田大学の第一文学部で、三田誠広が小説の演習を担当していた時期があった。「ワセダ大学小説教室」は、大学生を対象としているから、若い人が読んでも分かりやすい。小説研究の本はまだまだあるが、多くはエッセイの類いであり、それだけ読んでも参考になる程度で、手の内の一部を見せてくれるに過ぎない。
 筒井康隆のこの本は、三十項目余りに分けて、一対一でなければ教えてもらえないような内容を、惜しむことなく披露してくれている。ただ、一から小説の書き方を教えるのではなく、「創作の極意」であるから、ある程度創作を知っている人には、啓発的な情報となっている。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:29| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする