2019年06月06日

岩合光昭の「ねこづくし」(1)

 猫を飼うまでは、猫がこんな面白い動物だとは思わなかった。世の中にはイヌ派とネコ派がいるというが、猫を飼ってからは宗旨替えしてしまった。犬は人間に忠実で、いつも飼い主の方ばかり気にしている。それがナルシシストの人間にはたまらないらしいが、犬の行動は結構シンプルである。
 それに対して、猫は人間と親密になったり、距離を取ったり、その時々での接し方に振れ幅がある。飼い犬の多くが、かつては鎖につながれて、外の犬小屋で過ごしていた。今では屋内で飼う場合が多くなったが。犬は飼い主以外には、滅多に心を許さない。
 それに対して、猫は江戸時代から自由に、人家を出入りしてきた。猫はネズミを駆除するために、放し飼いが奨励されていたのだ。猫にはまだ野生が残っているし、飼い主でない相手であっても、食べ物をもらうために、媚を売ったりする。猫同士で集まったり、てんでバラバラで過ごしたり。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:22| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

ぼくがイヌ派だった頃(2)

 やがて、ぼくにも妹ができたのだが、子供は男と女が一緒にいるだけで、自然に生まれてしまうぐらいにしか思っていなかった。うちの前の道も舗装されておらず、砂利が一面に広がっていた。しかも、坂道だったから、大雨が降ると、川の流れのようになってしまうのだった。
 雨が上がった日、砂利道を隔てた段々畑の間を、妹の手を引き登っていくと、両側に灌木が茂る一本道へと出た。モミの木の兄弟が偉そうな顔して立っていた。周りにはカシやクヌギも生えていたが、モミの木の三本ほど力強く根を食い込ませ、こずえから遠く先まで見下ろしている巨木はなかった。あれはこの丘を守る神さまなんだ、と子供ながらに思ったものだ。
 モミの木の脇を過ぎると、ふいに前方の視野が開け、草の生える平坦な台地が、はるか彼方の崖まで伸びていた。西側のゆるやかな斜面には畑が広がり、落ちたらやばい肥だめもあった。ススキがなびく原っぱも、歩き回ると所々、塹壕に似たくぼみがあって、風の強い日には隠れ家や、お握りを頬張るための縄張りとなっていた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:17| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バタイユ Bataille 試論』(ePub)

 20世紀フランス文学の重要な作家・思想家のジョルジュ・バタイユ Georges Batailleを、文学と哲学の両面から紹介した「バタイユ試論」を、電子本のePubで配信します。バタイユは「私は哲学者ではない聖者だ。でなければ狂人だろう」と書き、サルトルから「新しい神秘家」として批判されながらも、フランス思想文学の作家として多くの著作を残しました。
 本書はバタイユの短編『マダム・エドワルダ』の紹介に始まり、ニーチェやヘーゲルの哲学との関連を述べた後、長編『C神父』を『エロティシズム』で論じられた思想や、未知の対象に立ち向かう作家という立場から分析します。さらに、バタイユに特有な過激な形容詞の使用から、文学は宗教に代わるべき存在であるという、バタイユの文学観にまで触れます。
 
 以下のリンクからダウンロードして下さい。
Bataille.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:12| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする