2019年03月21日

平成世相歌留多(pdf)

 カルタとはポルトガル語のcartaに由来し、本来はトランプを含めた広義のカードを言います。キリスト教が伝来した頃、西欧人が遊ぶゲームを見て、国産のトランプ「天正かるた」が作られました。その後、百人一首や花札など、日本独自の物が考案されました。
 子供の頃に遊ぶ「いろはかるた」は、「犬棒かるた」の名で親しまれていますが、遊びとともにことわざを覚えさせる意図があります。平成の世もいよいよ終わりが近づいてきたことから、今の世相を風刺したカルタを作ってみました。
 今回はパソコンですぐに開けるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
carta.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 以下のリンクからダウンロードしてください。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

能古島ってどこの島?(2)

 姪浜駅に着いた。能古島への渡船場行きのバスに乗る。乗車時間は10分のはずだが、かなりかかったように思う。そこからカーフェリーに乗ったのだが、博多湾の海水は茶色く濁り、磯の香りに下水の臭いが混じっていた。
 フェリーの甲板からは、志賀島と海の中道が見える。能古島は山が海から顔を出しているだけの、何の変哲もない島だった。港には観光案内と磯料理の食堂があるくらい。この島の見どころは、アイランドパークである。コスモスの花が咲き乱れ、子供用の遊具やアスレチック、運動場、ミニ動物園などがある。陶芸や絵付けの体験もできるらしい。
 とりあえず、展望台の入口までバスに乗った。山道をたどって丘の頂に着いた。そこからは福岡市街、海の中道、志賀島などが望める。僕はその年の春に来たとき、海の中道でサイクリングしたり、動物園でカピバラと遊んだことを思い出した。本心を言えば、今回もあの道を走りたかった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

ブログを書き続けて

 毎日プログを書き続けて、ほぼ二ヶ月ほどになります。何人ぐらいの方がアクセスして下さっているか、確認してきましたが、当面の目標としてきた一日百名を、ようやく達成しました。まだまだ始まったばかりですので、可能な限り毎日、文学や旅行、社会問題、コンピュータ、ジャズ関連のエッセイを配信していく予定です。今後ともよろしくお願いいたします。
 なお、ブログの右に検索の窓がありますが、そこに興味のある言葉を入力し、「記事」の方のボタンを選択した後、検索をクリックとしてみて下さい。ある程度コンテンツが充実してくれば、過去の記事でも興味を持たれる内容を、ご覧になれるようになると思います。

 このブログと同時に、iTunes Storeではpodcastをやっております。近日中に新しい電子本を配信しますが、若い頃に書いた「漁火」という小説と、日本詩人クラブの会員だった亡父の詩集を、現在、pdfで配信しております。ePubの方は、iBooksではまだ縦書きやルビに対応していないため、うまく開くことができません。今のところ、パソコンやタブレットPCでご覧になる場合は、pdfが最も見やすい形式だと思われます。ePubで読むのに適当なのは、iPhoneやiPod touchなどの携帯端末に、bREADER(http://itunes.apple.com/jp/app/breader-qing-kong-wen-ku/id411884081?mt=8)をインストールしている場合などに限られるようです。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

 ここからは現在、pdf版のみがダウンロードできます。ePub版はどうしてもダウンロードされる方が限られているので、podcastから外されてしまいやすいのです。折を見てまた、改めてiTunesの方からもダウンロードできるようにしたいと思いますが、もし今、ePub版をご覧になりたい方は、このSeesaaのブログからダウンロードなさって下さい。
posted by 高野敦志 at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする