2021年02月27日

あなたは著作物

 ある日、次のような通達が来て、一家は騒然となった。夫妻は○○○○接種後の副作用について、SNSに情報を拡散していたことにより、営業妨害を行ったとして訴えられた。これは遺伝子組み換えにより、会社の著作物となった身でありながら、肉体の利用に関して、許諾された範囲を逸脱したからである。そのため、強制収容所で再教育を受けさせられることになった。子供たちは開発中の薬品の治験を受けることで、著作物としての肉体を、今後も使用する許可が出された。ただし、会社に所有権がある肉体が死亡しても、補償金が払われることはない。老父母に関しては、耐用年数がすでに過ぎているとして、すみやかに安楽死することが命じられた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:10| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: