2021年01月15日

火星探査

 火星は太陽系で最も早く生命が誕生したとされる星である。そこで、火星探査のロケットが打ち上げられたが、うまく着陸させることができなかった。やむなく、機材を砂漠に持ち込んで、火星探査のビデオを作成することになった。青空を赤く染めると、いかにも火星らしい映像ができたので、火星探査大成功のニュースが世界中を駆け巡った。
 ところが、空を赤く染めていない画像が、インターネットに流出してしまった。火星の空は、実は青いという情報が飛び交った。そればかりではない。周辺には林が写っていたので、植物も生えている、人が腰かけていたので、火星人もいる、車が止まっていたので、高度な文明も栄えていると大騒ぎになった。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:45| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: