2021年01月13日

ろくろ首

 女優のA子は見世物小屋に引き出されていた。おどろおどろしい鳴り物とともに、自分の首が蛇のように伸び出して、観客席の上を漂っていった。スマホで撮られた画面を覗くと、細長い舌を口から出して、品定めをしていた。
「キャー」
 叫び声とともに、A子はベッドから飛び起きた。洗面所の鏡に駆け寄ると、首がまだ短いことにほっとした。ところが、目の下に細長いあざが出来ていた。初めはしみのようだったが、日増しに目の縁が赤紫に変わって、化粧ではごまかせなくなっていった。
 ある日、プロダクションの社長から、ゴムのマスクをかぶるように言われた。装着してみると、以前の美しさを取り戻したが、首が伸びていることに気がついた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 01:18| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: