2020年09月27日

みんなそろって道後温泉(11)

 朝7時に起床して朝食。皆で記念写真を撮った後、松山ユースホステルを出た。専門学校の先生と、一緒の列車で帰ることにした。
 松山発岡山行きの特急に乗った。所要時間は3時間弱。そこまでは隣の席に座れたのだが、先生は岡山発のひかり号の指定席を予約していた。入線してきた列車は満席のようだったが、先生が席を見つけたくれたので、新幹線内も座っていくことができた。
 新幹線を降りて別れる前に、旅の感想を聞いてみることにした。
「今回の旅行は、旅そのものや、見た所が良かったというより、出会った人たちが良かったっていうのかな。思い出がたくさん残った。やっぱり、旅はいいな」
 あの後、一度だけ彼と電話で話したが、それ以降会っていない。旅の思い出をそのまま大切にするためにも、一期一会だと考えて、心の中で思っているだけの方がいい。

1994年
7月22日 倉敷を見た後、瀬戸大橋線で児島駅下車。鷲羽山泊。

7月23日 瀬戸大橋線に乗る。崇徳上皇の御陵を参拝。屋島泊。

7月24日 屋島寺参拝。平賀源内遺品館、四国村見学。屋島泊。

7月25日 鳴門の渦潮を見るため、観潮船に乗る。小松島泊。

7月26日 甲浦までは阿佐海岸鉄道阿佐東線に乗る。バスで室戸岬に出て、弘法大師が修行した洞窟を参拝。室戸岬の最御崎寺泊。

7月27日 高知に出る。高知城、桂浜、闘犬など見て回る。高知泊。

7月28日 中村に出て、四万十川沿いをサイクリングする。バスで柏島に出る。柏島泊。

7月29日 バスで宇和島に移動し、予讃本線に乗り換え、松山に出る。松山城見学。道後温泉に入る。松山泊。

7月30日 今治城を見学した後、来島海峡で船に乗る。松山に戻った後、奥道後を見て回る。その夜も道後温泉に入る。松山泊。

7月31日 松山から特急で岡山に出る。新幹線東京行きに乗って帰郷。


  「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:58| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: