2020年08月19日

A Night With Strings Vol.3: Sadao Plays Parker

 渡辺貞夫がチャーリー・パーカーの曲を吹いたアルバムを、今まで三つ聴いてきた。《Bird Of Paradise》バード・オブ・パラダイス(1979)、《PARKER’S MOOD SADAO WATANABE LIVE AT BRAVAS CLUB ’85》パーカーズ・ムード(1985)、《Dedicated To Charlie Parker》チャーリー・パーカーに捧ぐ(1989)だが、今回聴いたのは《A Night With Strings Vol.3: Sado Plays Parker》ナイト・ウィズ・ストリングス3の貞夫・ブレイズ・パーカー(1994)である。
 クリスマスの夜にチャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングスの曲を、渡辺貞夫が弾くという趣向である。バイオリンの悠々とした演奏、アレンジされた伴奏に、渡辺貞夫のサックスが上品に寄り添う。確かに美しいし、今まで聴いたことがない。
 Just FriendsやLaura、The Gypsyなど僕が好きな曲ばかりなのだが、おしゃれな感じにまとまっている。生まれ変わったメロディーに、速度を落としたサックスが、遠慮がちに鳴り響く。職人技なんだろうが、鬼気迫るようなインパクトがない。演奏が終わった後の拍手から、コンサート会場に臨む紳士淑女の姿が浮かぶ。
 ビーバップ感を抜いたチャーリー・パーカー、ノンアルコール・ビールみたいだな。クラシック音楽のファンなら気に入るかもしれないが、ビーバップで本領を発揮した渡辺貞夫はここにはいない。本人も当日の演奏には不満があったという。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:04| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: