2020年08月01日

室戸岬の霊場(4)

 最御崎寺(ほつみさきじ)は四国八十八箇所霊場の第二十四番札所で、室戸岬先端の高台にある。本尊は虚空蔵菩薩である。当時は宿坊だけではなくユースホステルもあった。泊まっているのは、自分を含めて男性三名だけだった。
 千葉から来た青年は、前年に高校を卒業したらしい。とても感じのいい子で、北海道の礼文島へ行ったことが、よい思い出になっているようだった。僕自身も二十代の頃、愛とロマンの八時間コースという、礼文島西海岸の悪路をハイキングしたことがある。実は汗と涙の八時間であり、遭難者も出たことで、今では海沿いのコースは一部閉鎖されている。
 なぜ室戸岬に来たのかというと、ホエール・ウォッチングができると聞いたからだった。しかし、台風が通過したばかりで、海が荒れていることから、明日も船を出すことができないということだった。イルカならその後、小笠原で一緒に泳いだりしたが、鯨を間近に船上から見る体験はいまだにしていない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:11| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
管理人様、お邪魔致します。
改憲の議論が進まぬ中、中国が連日 日本の領海侵犯を強化し、尖閣奪取を狙っている現状を、中国に侵略されたチベットや、今の香港等の姿と重ねて多くの皆様に今どうか知って頂きたく思い、恐れながら書き込ませて頂きました。

戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には連日中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

現在まで自衛隊と米軍の前に、中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、
時の政権により米軍が撤退してしまえば、攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、
日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の低かったチベットウイグルを武力で侵略虐殺し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や

核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が沖縄尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、
自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
中韓側に立ち国民を煽動する野党やメディアの姿と共に 一人でも多くの方に知って頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。
Posted by aki at 2020年08月01日 21:51
日本は1859年からイギリス領です。とっくの昔から侵略されています。英領日本にアメリカ軍が駐留しているのが今の日本です。政治はアメリカ軍と日本の官僚で取り決め、その席に首相も出席できません。アメリカ軍政下で、アメリカ軍からの通達を首相が読み上げているだけ。植民地状態なので、アメリカと戦争する気でなければ、イギリスとアメリカに二重支配された属国日本を攻撃する国はありません。
Posted by 高野敦志 at 2020年08月25日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: