2020年06月30日

ジェネリックの発毛剤

 発毛剤は化粧品と同じで、とにかく値段が高い。それでいて、効果があるのは一部の製品だけである。リアップに含まれるミノキシジルは、血管拡張剤として開発され、発毛することが発見された。一般には外用だが、内服薬も存在する。ただし、いずれも使用量を誤ると、心筋梗塞を引き起こす恐れがある。
 リアップを使用して、その後、リアップ×5を使用すると、動悸がするような気がした。ミノキシジルが血管拡張剤であるので、心臓がびっくりしてしまったようだ。しかも、値段が半端なく高い。そこで、ミノキシジルが1倍のリアップに戻した。動悸が起きることはないが、効果も微妙だった。
 新型コロナウイルスのせいで、三ヶ月床屋に行かなかったら、頭頂部がだいぶやばくなってきた。スポーツ刈りにして、しばらくリアップ×5を使おうかと思ったら、薬局でジェネリックの発毛剤を売っていた。名前はミノファイブ。値段がかなり割安。ただし、有効成分のミノキシジルが5倍入っているだけ。他の成分は入っていない。
 ミノキシジルに耐性ができたのか、5倍の濃度でも動悸は感じなかった。口コミを見ると、時間はかかるが効果はあるようだ。リアップ×5は効果あるが、お金が続かない方は、ミノキシジルが5倍入ったジェネリック医薬品を使ってみたらいいだろう。ミノファイブ以外にも、各社から販売されているので。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:29| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: