2020年01月23日

昇仙峡の奇岩巡り(4)

 遊歩道を過ぎると、道は二手に分かれる。右は昇仙峡滝上へと通じる道。左はロープウェイに続くみやげ物店が並ぶ。
 遅い昼食をとることになった。もう二時半過ぎである。僕は鶏のモツ煮定食にした。山梨の郷土料理だという。友人は内蔵系が苦手なので、鶏の照り煮定食にした。モツ煮の方はレバーとこりこりしたハツ、腹卵であるキンカンを、甘いタレで煮込んである。

 昇仙峡巡りは終わったが、ロープウェイに乗ることにした。仙娥滝駅から山頂パノラマ台駅まで、所要時間は五分である。下りるとすぐに、富士山が遥拝できる展望台に出た。昨日と違って、晴れていても雲が多く、富士山はほとんど笠雲に隠れている。
「台風が行っても、一日ぐらいしか山は晴れてないんだね」と友人が言った。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 13:21| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: