2019年06月19日

ぼくがダライラマ?(74)

        十
   
 ある夜、ぼくは摂政から呼び出しを受けた。ランプを手にした侍従に先導され、夜の白宮の階段を下りていく。今自分は何階にいるのか。すでに地上に出られるはずだが、侍従はまだ段を下っていく。そもそも、この巨大な宮殿に部屋がいくつあるのか、それが地下まで続いているのかも分からない。この先にあると考えられるのは、死ぬまで幽閉しておく地下牢か。
 靴音は止まった。侍従が重い戸を開くと、バターの焦げる匂いとともに、かび臭さも漂ってくる。二脚向かい合った先に、摂政サンゲ・ギャツォが座っていた。無言のまま、摂政が目で合図を送ると、侍従は戸をきしらせて退出した。
 左右に掲げられたバターの灯が、摂政の眉間に刻まれた皺や、見開かれた眼、白髪交じりのひげまで、くっまり描き出している。耐えきれなくなって、口を切ろうとしたときだ。
「何か言いたいことがあるのだろう? ないのか。ならば言わせてもらおう」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:26| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: