2019年05月30日

五稜郭は和洋折衷(10)

 函館山を下りようとしていたら、続々と観光客が上ってきた。夜景を見るのはこれからだからだ。客の多くは中国人で、韓国人や東南アジア系も混じっている。今日は真冬の平日だから、普通の日本人はまだ働いている。下りのロープウェイは、僕と友人しか乗っていない。
 山麓駅の周りには、教会が幾つか並んでいる。その中でひときわ目を引くのが、函館ハリストス正教会である。緑の屋根に白亜の壁を持つ塔は、中東のモスクに似た美しさがある。尖塔がシルエットとなって、夕陽に染まる大空に映えるさまは、息を呑むほどである。通りは残雪が凍っていたが、人が通れるほどの幅で除雪されていた。
 ロシア正教の教会は、東京ではニコライ堂ぐらいしか知らない。ただビルの谷間に埋もれ、車の通りが激しいお茶の水の街では、緑色のドーム屋根もすすけて見える。やはり、ロシアのように冷たく澄んだ空気が、正教の教会を美しく見せるのだ。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: