2019年05月29日

ぼくがダライラマ?(73)

 また会いたいと言うと、女は素っ頓狂な笑い声を上げた。こちらが呆気にとられていると、ますます調子に乗った。
「女を買いにくる観音さまってわけね。でも、明日の晩には、他の仏さまと床を共にしてると思うわ。隔てがあってはならないのよ。すべての女に情けをかけよっていうのも、御仏の有難い教えなんじゃないの?」
 ぼくはますます気に入って、女の腰を抱き寄せると、脇腹を密着させた。この女はこちらの本性を見抜いている。ぼくは箍(たが)が外れてしまったのだ。魔物に取り憑かれたかのように、ラサの街を徘徊する自分が見える気がした。
「図星でしょ」
 女は慣れた手つきで、ぼくの肩に手を回した。夜が白みつつあるのを忘れて、欲望の任すまま、二匹の蛇のように求め合った。ふしだらを信条とするこの女に、ひたむきな美しさを感じた。その後、何回かこの女と情交を重ね、互いに関心が薄れると別れた。ぼくは記憶にとどめるために、一篇の詩を書いた。

 馴染みとなったこの女は
 狼の血を引く生まれだ
 肉と肌に満たされるや
 丘に向かって駆けていく

(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:51| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: