2019年03月28日

札幌人は夜遊びがお好き?(1)

 僕は寒いのが苦手だから、自分だけなら、絶対に二月の北海道なんかに行かない。ところが、前の年に起きた胆振東部地震で、減少した観光客を北海道に呼び戻そうと、格安航空券が売り出された。通常の半額でホテル付きのパック旅行に行かれるからと、友人に説得されて、極寒の北海道を目指すことになったというわけだ。
 ところが、出発の前日、同じ胆振東部で震度6弱の揺れを観測し、一日目に宿泊する札幌でも震度5弱を観測した。JRや地下鉄は運転打ち切りとなり、真冬の駅で毛布をかぶって寝泊まりする人も出た。同程度の余震の恐れもあり、旅行を中止するかどうか迷った。ただ、飛行機は正常に動いており、キャンセル料を払う気もしなかったので、予定通り出発することにしたのである。
 仕事を終えてから待ち合わせ、午後8時過ぎの飛行機で、羽田空港を離陸した。十和田湖上空を通過し、苫小牧付近から北海道に入り、午後9時過ぎに新千歳空港に着陸。ただちに手稲行きに乗車した。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:24| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: