2019年02月14日

感応

 僕は図書館で、シャーマンと催眠術に関する本を読んでいた。十八世紀に医師メスメルが行った動物磁気の施術は、催眠術の一種であって、シャーマニズムと同じようにいかがわしく危険であると書かれていた。そこで実際の映像が見たくなり、スマホを取り出してYouTubeで検索してみた。
 画面にはなぜか、ここそっくりの室内が映し出されていた。突然、本棚が揺れ出したかと思うと、左右に身を揺らしてダンスを始めた。これがポルターガイスト現象かと悟った途端、僕はトランス状態に陥ってしまった。全身がガクガク震えだして止まらない。恐怖の余り叫ぶと、周囲の学生たちが一斉にこちらを見た。僕は閲覧室で居眠りをしていたのだ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


posted by 高野敦志 at 01:49| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: